おいもさん

朝。私は母のお世話&リハビリ、姉は父の内視鏡検査に付き添う。
小規模多機能施設の施設長さんも、父の方に来て下さって、何とか検査を終える。
検査拒否を心配していたが、一昨日より発熱し、その元気もない様子だった。
結果、大きな腫瘍らしきものはなく、ほっとした。
でも、小さなものはあり、それは組織検査に。
発熱の原因は、せっかく治りかけていた肺炎のぶり返し、それは誤嚥性肺炎の疑いが強いらしい。
とにかく食べていないのと、発熱のせいで、体力が落ちている。
リスクもあるが、栄養を血管から入れることになった。
元気がないせいか、心を入れ替えたのか、怒鳴る事はなく、小さな声で話していた。

母の方は痙攣の相談を、明日する事に。

午後から、頂いたおいもさんを煮た。
切ってみると、あら、まあ、オレンジ色!
めずらしいおいもさんといつものおいもさんを、一緒にことこと。
オレンジ色のおいもさんはやわらかく、煮るとクチナシを入れなくてもきれいな黄金色に。いつものおいもさんは、安定の甘さ。混ぜるといい感じのきんとんになった。

a0134889_19344575.jpeg
a0134889_19345811.jpeg


[PR]
# by honnara-do | 2017-11-20 19:35 | 家族 | Trackback

ファイナルステージ

火曜日は、母の診察日だった。診察は父が入院している病院……診察後、いい機会なので、母を父の病室に連れていった。父はとても喜んで、母のためにまだ生きる、前向きに頑張ると言った。
ああ、良かったと思ったのだった。
が、昨日、大学帰りに病室に行くと、父はやはり食べず、リハビリもせず、わがまま放題の様子。食べたいというので買っていった箱寿司と串揚げは、だいぶ粘って少し食べてくれたが、あと一口だけ食べてと口に運ぶと、ぺっ!と、ベッドに吐かれた。めげずに何度か口に運ぶが、何度もぺっ! されて、さすがに疲れた。

父が食べない要因は、現段階ではわからない。
肺炎が治り、熱もなく、もうしんどそうな顔はしていない。床擦れも少し良くなってきている。食道や胃に、腫瘍や潰瘍があるのかもしれないが、便の検査では問題ない。
もし、いつもの「気分がのらないだけ、めんどくさい」という理由で食べない、動かないのだとしたら、先生がおっしゃった通り……もったいない事である。
命をつなぐかどうかの瀬戸際なのに。父という人は、これまで何でも何とかなるで過ごしてきたのだ。実際、何度も何とかならない状況になっているが、毎度誰かが助けてくれてきた。私だって、出来る限りの事をしてきた。しかし、今回ばかりは……。

月曜日に、本人は嫌がるだろうが、内視鏡で腸と胃を検査してもらう事にしている。
食べない理由は、わがままだけではないかもしれない。
でも、もし腸や胃にトラブルがあったとしても、もう少し前向きに謙虚に、人に感謝しながら、努力する事は出来ると思う。
人生のファイナルステージ、それでいいのかと、父に話した。
始めは馬鹿にするようにしか聞いていなかったが、私があまりに真剣なので、そのうちきちんと聞いてくれた(と信じたい)。
あと何年父が生きるかはわからないが、あと数日であれ、10年であれ、もうファイナルステージであると思う。
あと20年以上はさすがにないだろうし。

嫌われ、人を傷つけたまま、人生を終えるのでいいん?
私やお姉ちゃんやお兄ちゃんは、今回かなり向き合おうとしたけど、お父さんははそっぽを向いたまま。いいん?
これまでそれなりの愛情を持って育ててくれたはずやん、だから感謝してるし、いいお父さんでいて欲しいと思ってる。でも、これじゃ好きなままでいる自信ないわ。
どう人生を終えるかは、お父さんが選ぶことやけど。
食べる食べない、リハビリするしない、わがまま言う言わない、全部軽く考えてるんやったら、もう挽回出来ない段階やで。
しっかり考えてみた方がいいよ。

と、そんな事を話して、帰ってきた。

さて、今日はどうなっているのやら。

今朝は母の痙攣がひどく、心配。
このままおさまらないようなら、すぐに救急車を呼んで下さいとヘルパーさんに頼んできた。今から私は大学、姉はお店。
何があっても、お仕事はきちんと。これは介護をする選択をした時からの決め事なので。



[PR]
# by honnara-do | 2017-11-16 13:32 | 家族 | Trackback

童話塾

土曜日は、京都で「童話塾 in 関西」だった。
この日のために一年間、何度も話し合ってきた。お祭りのような一日が、また今年も無事に終了。
参加して下さったみなさま、ありがとうございました〜

日曜日は、アミーニの「みてみてクラス」……こちらは、一年間の始まりの日だった。
生徒さんたちは、また一年かけて、一冊の絵本を創っていく。私は「あれこれ言う」立場なので、またいっぱいああだこうだ言うけど、タフなハートで頑張ってほしい!

今日、月曜日は、姉と一緒に、父の入院する病院に行ってきた。
リハビリに付き添い、先生と面談した後、食事に付き添った。
リハビリの時、父の態度の悪さ、口の悪さったらなかった(涙)
私と姉がそばにいて、まだましだったらしい。いつもはあれ以上なのか……はあ。
先生にも「難しい患者さんはいらっしゃいますから、ああ、でもかなり難しい方かな」と言われた。笑って流して下さる先生が、頼もしい。でも、看護師さんの中には、本気で「嫌や」と思っている人がいるかも(涙)
食事は、小さな野菜焼き一枚を食べてもらうのに、三時間もかかった。
「気分がのらない、今は食べたくない」という父と「じゃあ、食べるまで帰らないから」と粘る私と姉。疲れたけど、少しでも食べてくれただけ成功かな。もう根気比べだ……ふう。
肺炎はよくなってきていて、酸素吸入しなくて良くなった。あとは「立てない、食べない」が改善されれば良いのだが。先生からは、入院前の状態に戻すのは大変かもと。
ああ、先のことは先で考えよう。今日は今日のこと、明日は明日のことを精一杯やるのだ。

帰って、たまった仕事を片付けた。
大学のシラバス提出、新刊のための校正など。
というわけで、今日の精一杯は、これから母と一緒に眠ることで終了。
[PR]
# by honnara-do | 2017-11-14 02:04 | 家族 | Trackback

手負いの獣

入院中の父は、手負いの獣みたいになっていて、医師や看護師さんや療法士さんが声をかけると「うるさい!」、さわろうとすると「ほっとけ!」、食事は「いらん!」と怒鳴ってばかりで、治療もリハビリも食事介助も出来ない状態。病院の皆さんが困っている。
現状として、父は10月あたまからほぼ食べていない状態で、生きるか死ぬかなのだ。もう栄養をどう確保するかの段階で、本当に食べられない(喉につっかえる、または気持ちが悪いなど)なら仕方がないが、もしわがままでこの状態なら、「もったいないと思います」と先生(医師)がおっしゃった。
その通りである。
かなり弱っていて、もう老衰なのかとも思ったが、兄と姉の「まだ生きれるはず」という言葉が響く。今、あきらめたらこのまま、でもあきらめなければ起死回生出来るかもしれない。
そして、今日。
朝のリハビリ、食事指導に付き添った。
説きながら励ましながら、怒鳴らないように動くように食べるように促した。
すると、少しおとなしく、前向きに動き、食べてくれた。
咳、痰はおさまってきているので、本人の気分も良くなってきているのかもしれない。

[PR]
# by honnara-do | 2017-11-10 13:56 | 家族 | Trackback

九州、講演旅行!

金曜日から九州へ。講演旅行である。
まず鹿児島の新八代まで新幹線で入り、今回サポートをお願いした田中風馬さんに車で迎えに来て頂き、宮崎県小林市へ。
田中風馬さんとは、古い知り合いになるが、会ったのは数回。でも繋がっているのは、ネットの力だと思う。風馬さんは、いい児童文学も書くし、いい写真も撮る。「児童文芸」誌の表紙、ここ最近風馬さんのお写真でしたよー。
さて小林は、風馬さんの地元で、宿をそこにとってもらった……温泉付き旅館。大きなお風呂大好きの私としては、ありがたい!
で、昨日は鹿児島で講演会。
今日は、宮崎で講演会。
合間に、風馬さんにお願いして、豊かな自然を味わってきた。

父は、けっきょく入院して、治療中。
連休中(私の出張中)は、姉と兄が様子見に行ってくれていた。
今回、父の様子があまり良くなかったので、兄にも連絡したのだ。
これからは、兄にもまめに連絡を入れていこうと考えている。

鹿児島宮崎の講演、涙を流しながら聞いて下さった方がいた。
私も、介護はいまだ試行錯誤。
共に頑張っていきましょうと、思う。未来はきっと明るいはず。
a0134889_19492777.jpeg
a0134889_19494213.jpeg
a0134889_19485013.jpeg
a0134889_19501119.jpeg
a0134889_19511884.jpeg

[PR]
# by honnara-do | 2017-11-05 19:52 | | Trackback

在宅介護への挑戦

昨日の日記のタイトルは「在宅治療への挑戦」としたが、やはり突き詰めると「在宅介護への挑戦」だと思った。

けっきょく父は昨日、入院した。
「入院」というのが家族会議での結論だった。兄の「まだ生きて欲しい、可能性にかけてみたい」という言葉が響いた。兄がいう可能性とは、大きな病院でのその道のプロたちの目が24時間ある状態での治療だった。徹底的に検査し、それに対して積極的に治療してもらう……今、在宅治療で良い方向に向かっていないのなら、違う方法を試してみるべきという考えを聞いて、そうだなと思った。

私は在宅治療派だったが、その言葉に納得したし、自宅で世話をしている利点もたくさんあると思うが、私も姉も医療のプロではないので、ふとした事を見逃したり、あるいは重要な事に気づいていないのかもしれない、そこを指摘されると、うん確かにそうだ。
訪問看護師さんが来て下さるとはいえ、1日1回の事。兄が言う24時間プロの目には、とても及ばない。
しかも私も姉も仕事をしているので、べったり父のそばにいられる訳ではない。

それで昨日は、朝から入院の段取りを整えていた。
父が納得するかどうか心配だったが、話をすると、案外すんなり受け入れてくれた。よほどしんどかったのか、昼過ぎには「早く入院したい」と言いだし、もたもたしていられない感じになってきたので、救急車を呼んだ。
朝に「入院」という言葉をきいて、父のはっていた糸がゆるんだのかなと思った。
家にいたい、家にいる限りは頑張らないとと、父は糸をはりつめていたのか。
だとしたら、それは良い事であり、また良くない事でもあるな。

デイサービスに出かける母に、父は「お母さんは、長生きしいや」なんて声をかけていたが、まだ父にも生きてもらうための入院なのだ。
入院手続き後、在宅治療を看て下さる先生の所にお話に行った。
情報提供書の提出が目的だったが、今回の入院という決断についてや、今後の事についても相談させて頂きたかった。
兄も姉も、もう父に治療の余地がないとなれば、家に帰ってきてもらい、自宅介護をと思っている。

今回、自宅介護への課題が新たに浮かび上がった気がする。
家族の考えの擦り合わせもそうだが、それだけでなく、弱った父にとって自宅があまり心地の良い場所でなかったかもしれないのが、今後の大きな課題かもしれない。
父が最終的に、早く入院したいと言い出した時、はっとした。

自分が好きに動ける状態でなく、だんだん弱ってベットから起き上がれなくなり、オムツをする事になり……そして、父は少なからず私たちに遠慮しだした。
また、自宅治療を看て下さる先生いわく、自宅で出来る治療も入院してする治療も、現段階では変わりはないといわれたが、兄と姉が不安を感じたように、父も心配になったのではないか。
要は、自宅治療・自宅介護を望んでいながら、まだその信頼関係を、あちこちしっかり築けていなかったのだと思う。

介護って、方法だけでなく、心も重要になってくるんだなあと、あらためてしみじみ。

[PR]
# by honnara-do | 2017-11-01 15:05 | 家族 | Trackback

在宅治療への挑戦

入院を嫌い、在宅治療を望む父のために、奔走した1ヶ月だった。
酸素吸入の機械をレンタルする事に始まり、訪問診療もしてもらえるように、かかりつけ医に情報提供書を書いてもらうようにお願いし、手すりポールもつけた。
とここまで来て、やはり入院か……という雲行き。
尿路感染の方は良くなってきているが、咳、痰がおさまらず、ついに起き上がれなくなってしまった。
これは在宅治療に切り替えたせいではなく、入院を続行していても同じだったかもしれない。でも、もう一度入院して治療派の姉と、このまま在宅治療派の私との話し合いは平行線。さすがに兄を呼んで、家族会議をした。
介護の方法はさまざまある。看取りの方法だって。。。
そのさまざまがわかってきたら、今度は何を選ぶかという問題が生まれてきた。
本当に介護って、難しい。

[PR]
# by honnara-do | 2017-10-31 13:31 | 家族 | Trackback

宮崎でも講演しますー

11月、鹿児島で講演させて頂くので、せっかくだしなあと熊本の友人に連絡したが、残念ながら予定が合わず会えない。で、宮崎の創作仲間、風馬さんに連絡してみたら、すごく喜んで下さった。鹿児島の講演に来て下さるという、新幹線の駅まで迎えに来て下さるという、講演会場まで車で送って下さるという、ホテルを探して下さるという、夜ご飯を一緒に食べてくださるという、翌日は宮崎の美しい所に連れていってくださるという、そして、なんと宮崎でも講演の段取りを整えて下さって、会場をおさえ、チラシを作り、協力者を集めて下さった。
風馬さん、なんて良い人 (T_T)
というわけで、宮崎の講演情報です。

[PR]
# by honnara-do | 2017-10-18 02:51 | | Trackback

まったく、もう。

父は退院したが、治った訳ではない。
在宅での治療なのである。
しかし、父は帰ってくるなり酸素のチューブをぬいてしまい、酸素吸引機の電源なんて切ってしまえという。そんなもの、なくても大丈夫と。
翌朝、看護師さんにきいたら、「今の数値だと、24時間継続で吸引して欲しい」との事。
このままでは、せっかく退院してきたのに、また戻らなくてはならなくなる。
まったく、もう。
言いたくはないが、父にかなりきつめに注意した。

その後も、薬はちゃんと飲まない、水分を取らない、食事もハンバーガーしか食べない。
案の定、熱は下がらず、経過は良くない。
何度も訪問してくれる看護師さんへの態度も悪い。
まったくまったく、もうもう。
言いたくはないが、再びこんこんとお説教した。

私はというと、風邪をひいた。
ああ、風邪なんてひいてる場合じゃないのに〜
まったくまったくまったく、もうもうもう。
[PR]
# by honnara-do | 2017-10-08 22:30 | 家族 | Trackback

退院!

父が本日退院した!
在宅治療を希望する父と私のために、病院の先生、看護師長さん、訪問看護師さん、小規模多機能施設の管理さん、ケアマネさん、介護機器リースの業者さん(今回は酸素吸引器を借りた)などなどが、協力して下さった。
しかも私は今日、外せない取材があり、午後から京都にいた。
なので私は電話対応を少ししたぐらいで、ほぼ全て上記の皆さんが動いて下さっての退院だ。
すごい! 感謝してもしきれないって、こういう事だと思う。

京都から帰宅すると、本来ならば、まだ入院しながら治療を続けているだろう父が、家のソファーに座っていた。感動した。
病室でベッドの上にいた時より、しっかりした顔をしている。
母にも会い、猫にも会い、満足そうである。
ああ、良かった。
治療は継続で、安心は出来ないが、ひとまずほっとした。
設置した手すりポールは、けっこう使い勝手がいいようである。
それからこれは、酸素吸引機。何でもリース出来るんだなあ。
a0134889_21562219.jpeg




[PR]
# by honnara-do | 2017-10-06 21:56 | 家族 | Trackback

ポール

病室をのぞくと、父は元気そうにしていたが、熱はまだ39度あるし、点滴の他に酸素吸入の管もつけていた。
昨夜は父がいないので、母を一人で寝かす訳にいかず、実家で私が母と一緒に寝た。
慣れないベッドだし、母は痰がからむようで夜じゅうゴホゴホいっていて、その度に心配で起きてしまって、あまり眠れなかった。。。
父よ、早く帰ってきてーーーー!
で、父が帰ってきたら、もう転ばないように、手すりポールを設置した。
ケアマネさんと介護用品リース業者さんの対応のスピードが早くて、助かる。
介護のあれこれは、スピード大切。
a0134889_13113433.jpeg



[PR]
# by honnara-do | 2017-10-05 13:13 | 家族 | Trackback

入院

報道ランナーの放送を見て下さった方、ありがとうございました!
ディレクターさんが丁寧に作り込んで下さって、素敵な映像になっていました。
スタジオでの新実アナウンサーとゲストさんのコメント、嬉しかった。
読み聞かせをした子どもたちの心と、元気にも助けられました。
感謝、感謝です。

さて、なんと父が入院しました。
導尿からの尿路感染で、39度の高熱。
そして、熱のせいか2度転んでしまって。。。
家が大好きだし、年寄りの入院生活は生活レベルがおちるので、なるべく早く退院できるように、私も知恵をしぼり、色々がんばってみています。
訪問看護師さんに相談したり、お世話になっている小規模多機能施設の方々に力を貸して頂きながら、自宅治療の可能性を探っています。
今回に限らず、自宅治療の道を見つけておくのは、大切だなあと思っています。

[PR]
# by honnara-do | 2017-10-03 21:53 | 家族 | Trackback

葡萄


テレビ放送、いよいよ明日(9月28日 木曜日)の予定です〜
フジテレビ8チャンネル「報道ランナー」、夕方の報道番組です。
18時頃に映るみたいです!
良かったら、ご覧になって下さいね~

さて、9月後半〜10月始めは、講座が終わったり、始まったり。
一年かけて行った絵本の講座(アミーニのはじめーる、ふかめーる、つくーる、みてみてクラス)が終わり、みてみてクラスは、制作発表会も無事に終了。新しいクラスが、10月からまた始まる。
そして、梅花女子大学と帝塚山学院大学の後期講座は、先週から開始。
その間に、アミーニの のびのびクラス と 童話クラス もあった。
わたし、いつのまにこんなに先生仕事が増えたのかな。
本当にいつのまにか増えたなあ……目がまわりそうだけれど、ありがたいことだなあと思う。

写真は、みてみてクラスの生徒さんに頂いた葡萄。
父がとても喜んで食べた、母には刻んで出した。すてきな秋を、家族で味わえた事に感謝。
a0134889_20201490.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2017-09-27 20:19 | | Trackback

報道ランナー

今日は、母校(小学校)に『ばあばは、だいじょうぶ』の読み聞かせに行って来ました!
「報道ランナー」の取材も入りました。
新実アナウンサーも、来て下さいましたよ(╹◡╹)♡
フジテレビ「報道ランナー」は、夕方の報道番組です。
放送予定日は、来週9月28日 木曜日 です。
https://www.ktv.jp/runner/
良かったら、観て下さいね。
新実アナウンサーは、別の日にも母に会いに来て下さったのです。
その様子も映ると思います。
夕方からはテレビ放送(本番)があるのに、朝早くから取材に来て下さった新実アナ、すごく爽やかで、やさしくて、素敵な人でした!!!

で、4年生2クラスに、読んだのですが、みんなしっかり聞いてくれて、その後のワークシートもたくさん書きこんでくれました! 感激。

新実アナウンサーと記念撮影。うふふ。
a0134889_13133918.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2017-09-22 12:54 | | Trackback

講演会

講演会のお知らせです。鹿児島でございます〜
a0134889_14433240.png

[PR]
# by honnara-do | 2017-09-19 14:44 | 家族 | Trackback

児童ペン 童話賞

このたび、「児童ペン 童話賞」に 拙作『ばあばは、だいじょうぶ』を選んで頂きました!
身を削り、魂を込めて書いた一冊ですので、こうして認めて頂けて、とても嬉しいです。

「身を削って」書く事を教えて下さったのは、大学の恩師、横山充男先生で、
「魂を込めて」書く事を教えて下さったのは、運命的に出会ったお師匠、越水利江子さんで、
そして、文章のいろは、文学というものを教えて下さったのは、川村たかし先生でした。
三人の先生に感謝。
原稿を「本」の形にして下さった 編集の大熊悟さんに感謝。
素敵な絵を描いて下さった いしいつとむさんに感謝。

母と家族に感謝。
しんどい時期、思うように書けず、低空飛行だった私を、励まして下さったみなさんに感謝。

第3回「児童ペン賞」(2017年度)

大 賞:該当作なし

童話賞:楠 章子「ばあばは、だいじょうぶ」(童心社)
    同・画家賞:いしいつとむ

詩集賞:なんば・みちこ「トックントックン 大空で大地で」(銀の鈴社)

絵本賞:すとうあさえ「十二支のおもちつき」(童心社)
    同・画家賞:早川純子

ノンフィクション賞:ささき あり「ぼくらがつくった学校」(佼成出版社)

童話集企画賞:花・編「ワニと猫とかっぱ それから…」(神戸新聞総合出版センター)
    (児童文学創作の会「花」のメンバー11人による童話アンソロジー)

少年小説賞:工藤純子「セカイの空がみえるまち」(講談社)

12月1日が表彰式です。中野サンプラザ pm6~
[PR]
# by honnara-do | 2017-09-06 00:20 | | Trackback

マムさん、ありがとう

昨日の夜、マムさんが息をひきとりました。

一昨日の夜までは、寝たきりとはいえ食欲があり、その前の日の朝には、しっかりしたウンチもしていたのです。目にも輝きがあり、まだまだ半年ぐらいはこのまま元気なのかなあとぼんやり思っていました。本当なら今日、病院に連れていく予定だったのですが、先にのばしても大丈夫かなという気がしていたぐらいでした。
呼吸も、リンパの腫れがましになったせいか落ち着いていて、おだやかでした。

それが昨日の朝、見に行ったら、すっかり元気がなくなっていて、息が荒くなっていて。
一晩でこんなに痩せる?という感じで、もともと痩せてきちゃっていたけれど、さらに肉が削ぎ落されたみたいで、びっくりしました。
全身から力がぬけてしまって、首もすわらないので、上手くだっこも出来ない状態。
目もとじぎみで、何より生気がなくなっているような気がして、私はふと「ああ、今日なのかなあ」と感じました。

姉は、昨日の夜はあんなに元気だったのに信じられないと言い、「熱があるのかも、月曜日に病院に行って注射をうってもらおう。それまでがんばれ」と励ましていました。が、私が「もう動かすの、そんどいかもよ。でも、無理してでも病院に連れていけば、元気になるかもしれへんし。このままここで寝かせておいてあげるもアリなんかなとも思う。どっちがいいか、正解なんかわからんけど……私はな、このままでもいいかなと思う」と話すと、姉は泣きました。

昼過ぎからだんだん息は荒くなっていき、お水も舐める程度で……朝は流動食を注射器で飲まし、夕方にはお薬も飲ませました。私は「延命はしない」と決めたいたけれど、やはり流動食やお薬までやめる勇気は、最期までありませんでした。

母が夜に帰ってきて……その後、姉が見に行ったら、息をひきとっていました。
十六年、家族に(特に母に)よく尽くしてくれたワンコでした。
あまり自己主張しない、性格のいいコでした。

亡くなるタイミング、マムさんは自分で決めたのかなと思いました。
土日、私と姉がめずらしく両方とも一日中いて、土曜日は二人でお世話をし、日曜日もまめにのぞいてあげる事が出来ましたし。
夜、母が帰ってくる前に、父が玄関に家用の車椅子を帰ってくる母のためにセッティングするのですが、その時、玄関で寝ていたマムさんは、父に会い……そして、母が帰ってきた後、やはり玄関にいたマムさんは、母に会い、ひそかにお別れの挨拶をしたのかなって。
母が帰宅した後、すぐに亡くなったなんて、そう思えますよねえ。

明朝、宝塚動物霊園さんにお迎えに来て頂きます。
ダンボールの棺には、今から姉がお花を買ってきてくれるので、それを飾ります。
「マム」という名前は、母がつけました。当時、「スミレ」という名前の女のコのワンコがいて、女のコのワンコには花の名前を……ということで、母が「マム」と決めました。「菊」という意味です。
認知症初期で、何度も散歩に出てしまう母に嫌な顔などせず、よくつきあってくれました。道がわからない母が迷子にならずに家に帰ってきていたのは、マムが家に誘導してくれているからだと、近所の人に言われたことがあります。
かしこかったね、マム。お疲れさま、ありがとう。
[PR]
# by honnara-do | 2017-09-04 12:31 | 犬・猫 | Trackback

虫歯!

歯医者さんに定期検査に行ってきた。歯のおそうじをしてもらった。
歯科衛生士さんが、虫歯の疑いありの歯を見つけてくれた。
先生に見てもらったら、やっぱり虫歯だった(涙)
一番奥の歯のほっぺた側。磨けていない気がしていた部分である。
ああ、あああ。
来週、治療の予約いれた〜

マムさんは、腫れていたリンパから何やら謎の液(膿みのようなもの?)が出てきている。
ぱんぱんに腫れすぎて、悪いものが外に出てきたようだ。
タオルが汚れていて、気がついた。
姉が動物病院に電話をして聞いたら、悪いものだから出た方がいいとのこと。
確かに出てしまった方がいいのかもしれない、腫れが小さくなってきた。
少しでも楽になればいいなと思う。
[PR]
# by honnara-do | 2017-09-02 02:50 | 犬・猫 | Trackback

ビビット

今朝、取材して頂いビビットの映像、無事に放送されました。
見て下さった方々、ありがとうございました。ぺこり。

父と母は、朝、母のお迎えの車が来るまで、手をつないでいます。その映像、使ってもらえて良かったです☆
父、テレビ画面を見て、喜んでいました。
亭主関白だった(まあ、今も昭和一桁頑固オヤジですが)父は、母の病気が進み、お互い老いていく中で、少し変わりました。
20年前だったら、父が母と手をつなぐなんて考えられなかったです。母が病気になって悲しいことばかりじゃない、いいこともたくさんあると思っています。
a0134889_15221557.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2017-08-31 15:22 | 家族 | Trackback

放送日

ミサイルが飛んできたら放送延期になるかも…と話していたら、本当に飛んできた(汗)でも、今のところ、ビビットで『ばあばは、だいじょうぶ』を紹介して頂くのは、31日(木)予定です☆もう何も飛んできませんように。

マムさんは、床擦れが出来てきたので、ふわふわバスマットを重ねた上に敷いていたタオルをやめた。ふわふわバスマットだけの方が、擦れないと思う。今日も食欲はアリ。

[PR]
# by honnara-do | 2017-08-29 17:12 | | Trackback

ロイヤルミルクティー味

長期出張以後、暑いし、夏休みだし、マムさんは体調悪いし……とあれこれ理由をつけて、ゆるゆるモードだった仕事。
いつまでもこれはいかん!思い、エンジンをかけた。
昨日、今日と、通常運転にもどりつつある。
この調子で、さあ、きびきび仕事するぞ!

今日は、午後から小学校に行ってきた。ミニ授業の打ち合わせ。
来月、四年生に向けて、『ばあばは、だいじょうぶ』を使ったミニ授業をさせて頂く。
このミニ授業……テレビの取材に入ってもらう予定で、打ち合わせの今日も撮影。カメラが回っていた。緊張したー。
人前苦手なのに、小学生にミニ授業だなんて、しかもテレビ撮影ありなんて、わたし、ちゃんとこなせるのだろか、不安 (*´ー`*)
でも、母がしっかりしていたら、絶対「お引き受けしなさい。がんばりなさい」と言うと思うので、がんばろうと思っている。

その後、マムさんをまた病院に連れていってきた。
血液を増やす注射をうってもらう。
マムさんは、息が荒い時には朝までもつのだろうかと考えてしまうが、その度持ち直し、今は小康状態である。食は細いながら、食べようとする。食べる意欲があるうちは生きようとしているのだと思う。だから、マムさんの負担のない範囲で治療をしてやるのは、飼い主さんの役目かと。無理な延命についての答えは、なかなか出ない。やっぱり難しい問題だなあ。

帰宅して、モロゾフの復刻プリンを食べた。ロイヤルミルクティー味♪
おいちー(╹◡╹)
a0134889_21471234.jpg



[PR]
# by honnara-do | 2017-08-28 21:48 | 犬・猫 | Trackback

今日のマムさん

今日のマムさんは、ごはんは食べてくれたけれど、息が荒い。
リンパが腫れているせいで、息をしにくいのだと思う。
何度もタオルの高さを調節してみる。
写真は、タオルとバスマットで作ったマムさん特製ベッド。
a0134889_23173181.jpg


[PR]
# by honnara-do | 2017-08-25 23:18 | 犬・猫 | Trackback

お知らせ

明日、ビビットで放送予定だったのですが、今連絡が入りまして、また延期に!
報道って、本当に大変ですねえ。
ディレクターさん、お忙しそうでした。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

マムさんは、今日また病院に行ってきた。
持ち直しましたね、とみなさん喜んで下さった。
簡単な点滴をうってもらった。
食欲が出てきたし、首をあげる力が出てきた◎
生命力は、ミラクルだなあと思う。



[PR]
# by honnara-do | 2017-08-23 20:55 | | Trackback

今日のマムさん

動物病院では、体温も下がり心臓も弱ってきていて、危険な状態と言われたそうだが、今日のマムさんは、少し持ち直している。
ササミも少し食べたし、体温ももとにもどった。息はあらいままだが。。。
母と父の介護は、サポート体制が整っている(ヘルパーさんもいれば、ケアマネさんもいれば、看護師さんたちもいる)が、ワンコのマムさんのお世話は誰にも頼めない。
もう立てないし、自力で水も飲めないので、全てにサポートが必要。私がちょうど夏休みで良かった。
午後から、テレビ取材3つめのディレクターさんが打ち合わせに、わが家まで来て下さった。やさしい方で、マムさんを撫でてくれた。
ちなみにこの取材は9月、放送も9月。←またお知らせします!

[PR]
# by honnara-do | 2017-08-22 22:41 | 犬・猫 | Trackback

マムさん

今日は私が、父の診察付き添い。姉がワンコのマムさんの診察付き添い。
マムさんは、昨日もササミの茹でたのを食べてくれたので安心していたが、今朝また元気がなく、しんどそうだった。
姉いわく、診断では体温がさがってきていて、危ないとの事。
父に話すと、「無理な延命治療はしてやるな」と。
私もそう思うが、しんどそうなのはかわいそうで、姉は点滴をお願いしてきたらしい。
というわけで、点滴が終わる18時ごろまた迎えに行く。

[PR]
# by honnara-do | 2017-08-21 17:08 | 犬・猫 | Trackback

ありがとうございます☆

ちちんぷいぷいの映像、たくさんの人が見て下さったようで、嬉しいです。
ありがとうございます☆
恥ずかしいので、こっそり内緒にしていようと思ったのですが、そういうのも覚悟と勇気。出たからには、全力で宣伝しなくては!ですね。
ビビットは、24日(木)放送予定です。←今日、念のため録画して下さった方、すみません。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
さて、ワンコのマムさんの具合が悪い。
私が出張に行く数日前から、あまり良くなくて、出張中ずっと心配だった。
帰ってきてからも、良くはならず、少しずつ弱ってきている。
ふらふら歩いていたが、ここ一週間ほどで立てなくなってしまった。
食欲もなく、流動食を注射器で食べさせている。
もう16年生きていて、かなりのおばあちゃん犬だから、ああ来たかーという感じ。
いきなり全介護状態である。
父母の介護+ワンコの介護もすることになろうとは。
動物病院では、二回出した細胞診は二回とも陰性だったが、やはりガンかもしれないし、もしかしたら白血病かもしれないという診断だ。
いろいろ治療法を提案してもらったが、体力のないおばあちゃん犬に積極的に抗がん剤を使う気にはなれず、自然に……と願っている。
でも、弱っていくのをただ見ていることが出来ず、週一回病院に行って注射をしてもらったり、している。自然に……は、なかなか難しい。
やはり頑張って生きて欲しいと思ってしまう。
もう頑張らなくてもいいよという気持ちも、あるのだけれど。
カリカリフードを食べなくなり、缶詰も食べなくなり、流動食を無理に食べさせていたが、今日は茹でたササミをあげてみたら、久しぶりにガツガツ食べてくれた(涙)


[PR]
# by honnara-do | 2017-08-18 01:34 | 犬・猫 | Trackback

放送日 変更

ビビット放送日が17日から、翌週の24日に変更になりそうと、先ほど連絡がありました。
世界陸上の関係で、調整があったそうです。
でも、そのまま17日放送の可能性もあるそうです。報道番組って、大変ですね。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by honnara-do | 2017-08-15 23:54 | | Trackback

放送日

山形へ行っていました。
東北芸術工科大学、文芸学科の集中講義です。
熱い4日間プラス、東京では打ち合わせと取材。
よく働いた1週間でした。
留守の間は、姉が家の事を頑張ってくれました。感謝。

さて、以前新聞に載せて頂いた記事を見て、テレビの取材依頼がありました。3つも。『ばあばは、だいじょうぶ』すごい。あらためて、世の中の介護への関心の高さを感じます。
まず、明日16日(15時50分ごろ)は、ちちんぷいぷいで放送。
それから、明後日17日は、ビビット(国分太一さんと真矢みきさんの朝の情報番組)で放送。

あと1つは、9月予定なので、またお知らせしますね。

母とテレビに出ること、家の撮影をOKすること、どれも覚悟が必要で、どうしようか迷いましたが、がんばることにしました。姉と父も、世の中のためになるのならと、協力してくれました。私たちも、これまで認知症の方やそのご家族の映像で、励まされたり、私たちだけじゃないんだと思い、前を向けたりしてきたのです。だから、という思いです。

どうぞお時間ございましたら、ご覧になって下さい。

[PR]
# by honnara-do | 2017-08-15 13:57 | | Trackback

とんとんぼっこ

忙しい続行中なわけですが……
元気にこなしています(╹◡╹)

京都のみやこめっせでのブックフェア、大盛況でした!
課題図書作家トークは、キムさんが本当にお話が上手で、
わたしは自分が演者なのも忘れ、子どもたちと一緒にすっかり楽しんでしまいました。
お知り合いの方々も、わざわざ足を運んで下さり、感謝感激。

そして、昨日今日は、広島なのでした。
児童文芸家協会のサークル、広島のとんとんぼっこさんの合評会に、講師として呼んで頂きました。
合評の方は、みなさんがどう感じられたのかが気になるところですが……一番は、楽しんで書くことだと思います。作品の質を高めることも、もちろん大事ですが、児童文学を通して、繋がったり、その繋がりが広がったり、サークルというのは、それが楽しいなと思いました。作品を提出された10人みんな、楽しみながら書き続けて欲しいと思います。そして私はとにかく、これからもみなさんの事を応援しています!

今日は、ホテルから原爆ドームまで川沿いを歩き、そこから路面電車に乗って駅へ。
川沿いを歩けたこと、原爆ドームを近くで見られたこと、路面電車に乗れたこと。
どれもいい思い出です。
a0134889_16165929.jpg



[PR]
# by honnara-do | 2017-07-30 16:18 | 講座 | Trackback

毎日新聞に

本日の毎日新聞の夕刊に、『ばあばは、だいじょうぶ』のインタビュー記事を、載せてもらいました! けっこう大きく載せてもらえました。感謝。
母との写真も載っていますーお洋服、イロチのおソロ(色違いのおそろい)です
(╹◡╹)



[PR]
# by honnara-do | 2017-07-22 21:50 | | Trackback