『霊少女清花3 悪霊狩りの歌がきこえる』

『霊少女清花3 悪霊狩りの歌がきこえる』(岩崎書店)を読ませて頂きました。
越水利江子さんの新作です。

人間の母と幽霊の父の間に産まれた少女、清花(さやか)の人気シリーズの3巻目☆
清花は精神感応者(テレパス)、同じくテレパスの七凪(ななぎ)とは運命の恋人同士なのです。
けれどこの3巻目では、遙という少女の出現で、その関係がゆらいでしまう?!

京都の宇治を舞台に、物語はぐんぐん読ませるハイスピードで展開!
「悪霊狩り」をする黒服の集団。清花の中学の「七不思議」と幽霊の謎。そして「結界」「朱雀の復活」……。
この巻でも、水の精霊である砂河童の沙(いさき)&風の精霊である四風(よもかぜ)のかわいいコンビ、ちゃんと登場しますよ〜

これが最終巻との事ですが、残念。またいつか清花と七凪の活躍を読ませてもらいたいです。
a0134889_0362494.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/10650201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2010-05-20 00:36 | | Trackback