『ゆりあが出会ったこだまたち』

『ゆりあが出会ったこだまたち』 (佼成出版社)を、読ませて頂きました。竹内もと代さんの新刊です。絵は、早川司寿乃さん。
a0134889_2347222.jpg
田舎の緑が、心にしみるような一冊でした。不思議な事がごく自然に描かれていて、不思議な事というのは、そんなにめずらしい事じゃないのかなという気になりました。大きな木には、精霊がきっと宿っていると思いました。大きなクスノキが出てくるのですが、私もあのクスノキさんに会いにいってみたい〜
ちなみに早川さんは、拙作『神さまの住む町』(岩崎書店)の絵を描いて下さった画家さんです。私は中学生の時から、早川さんのファンなのです。竹内さんの文章も早川さんの絵も、余白の(白い部分)がとても印象的で、美しいです。
[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/11218952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2010-09-01 23:57 | | Trackback