『桜石探検隊』

風野潮さんの『桜石探検隊』(角川学芸文庫)を、読ませていただきました。

潮さんの御本はどれも、読み終わってページを閉じた後に、ほっと心が落ち着きます。心の深ーいところを、落ち着かせてくれるような感じ。
登場人物みんなの気持ちが、ラストには気持ちいいところにおさまって、ああ良かったという安心感があるからかも。

この『桜石探検隊』もそんな感じで、主人公の剛くんの笑顔で終わる安心感に、こちらもほわっと心がほぐれました。

この剛くんが、とてもいいキャラで、かわいいんです。金石剛(かないしごう)なんて強そうな名前だけれど、とても気が弱い男の子。趣味は石集めです。いっけん地味な趣味のような石集めが、転校生の元気な少女あずりの登場によって一変、わくわくするような探検になります。石は、川原や山にひっそりと隠されている宝物。鉱石採集は、そう、宝探しなんです!
さて、タイトルになっている桜石はどんな石なんでしょうか?他にもたくさん珍しい石が出てきます。こども鉱物館監修、ちゃんと鉱物の知識も身につくお話ですよ。

絵は、よこやまようへいさんです。
a0134889_19485332.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/11529910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2010-11-06 19:48 | | Trackback