2箱めは……

ダンボール1箱ぶん絵本を送り、うちの書棚はすっきり。
あふれていた本を入れるスペースが出来ましたので、お掃除しながら、ちょっと整理しました。絵本は減りましたが、幼年物、それから中学年、高学年対象の読み物ならまだまだあります。
杉山さんのプロジェクトは、基本的にジョイセフにお願い(現地ボランティアが配って下さる流れもあり)して、助産院などをまわる時に絵本も届けてもらおうというものなので、絵本と幼年物をお送りしました。
さあ、2箱め……児童文芸家協会のほうの動きには、中学年、高学年対象の読み物をお送りしよう。

ジョイセフの支援物資の中に、絵本の箱をまぜてもらって送る日程が決まったそうです。岩手や宮城の被災地の助産院を8か所(1か所に2箱の絵本の箱を置いていく)まわって下さるんですって。

大人用のくつ下、下着がなくて、被災地のみなさんがお困りだとニュースで見ました。「震災の日から、ずっと変えられなくて」と、女性がインタビューにこたえてはりました。こういうものも、早く届きますように。
[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/12323619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2011-03-26 00:38 | もの | Trackback