『ようかいガマとの おイケにカエる』

『ようかいガマとの おイケにカエる』(あかね書房)を読みました〜
あの『給食番長』のよしながこうたくさんの新作絵本です!
わたし、実はこういうの大好きなのです◎絵は迫力がある上に、細かいところまで描きこまれていて、ぱっと開いておもしろく、じっと見ていてもおもしろく、二度楽しいのです。
すごい!

テストを埋めようと、駐車場に穴をほっていたユウタ。
そこで、眠っていたカエルを見つけて、家につれて帰ります。
さっそく水そうに入れてみると、カエルは目をさましました。
なんと、それは「ようかいガマとの」だったのです!

ガマ池のガマとの出会いから、妖怪が見えるようになってしまったユウタ。
あそこも、ここも妖怪だらけ!

ガマとのは「ワシを ガマ池に つれていくのじゃ」と、ユウタに言います。
さてさて、ガマ池はどこに!?
a0134889_18114983.jpg

妖怪は、大昔のもんじゃないんだよ。田舎にしかいないわけじゃないよ。町中に、今もちゃんと、うじゃうじゃいるんだよー!
[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/13734393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2011-10-02 18:14 | | Trackback