『竜巻少女1 嵐なピッチャーがやってきた!』

風野潮さんの『竜巻少女1 嵐なピッチャーがやってきた!』(講談社・青い鳥文庫)を、読ませていただきました。

朝日小学生新聞で連載された作品です〜

主人公の優介が所属する野球チームメイプルスターズは、そんなに強くはないけれど、野球が大好きな者たちが集まったいいチームです。
そこに一人の新入部員が!
なんとそれは、女の子で、なかなかの豪速球ピッチャーでした。女の子の名前は、夏本理央。
男まさりの理央は、大阪弁まるだしで、本音をいいまくります。
いい意味でもわるい意味でも、ゆるくて平和だったチームは、理央にふりまわされますが、そのおかげで、気づくことも多く、次第にみんなも「上」をめざすようになってきます。

わたし、野球のルールもおもしろさも、ほとんどわかりません。
でも、これはおもしろかったあ。さすが風野さん!

いわゆるスポ根ものとは違っていて、子どもたちをがんがん叱ったり、根性で練習させたりしない。そういうところが、興味深かったです。なんと言うか、基本やさしく、でも時には厳しく、うまくいいところをのばしていく……みたいな。

理央の野球に対する思い、尾見監督の思い、みんなの思い。
だんだんいろんな思いがわかってきて、気がつけば、すっかりメイプルスターズのファンになっていました。がんばれ、メイプルスターズ! 2巻もすでに発行されています。そのレビューは、また後日!
a0134889_5562840.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/15745615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2012-07-12 05:54 | | Trackback