デイサービス

居宅介護支援事業所というところに行って、母の介護の相談をしてきました。
そろそろデイサービスの利用を……と、考えたからです。

となりにわたしと姉が住んでいるとはいえ、しょっちゅうは顔を出せないので、母はほぼ父と二人きりの生活です。父はもともとあまりおしゃべりする人ではなく、耳が遠くなってきているせいか、この頃は、特に無口です。
母はおしゃべりが好きで、社交的な性格。でも、最近では会話の成立が難しくなってきているので、近所の人と立ち話の機会も減りました。一方的にはけっこう話すのですが、ことばのキャッチボールが出来なかったり、質問されても(覚えていないので)返事に困ってしまうのです。

もしかしたら、誰ともお話しない日もあるのではと思います。
母の元気が、だんだんなくなっている気がして、デイサービスの利用を……と。

デイサービスの利用は、もうずっと前から、病院の先生や叔母や知人から、すすめられていました。
行けば、きっとお母さんも楽しいし、家族もいろんな意味で楽になるからって。
けれど、うちの家族はなかなか保守的ゆえ、母をそういう場所に、数時間でもあずけるのを良しとは、どうも思えないようで。

月に1・2回でもいいし、気分転換になればいいと、わたしは考えているのですけれどねえー。

家族にまだ相談していないので、わたしの個人プレイなのですが、来週、二カ所の介護サービス事業所を見学に行く予約をしました。
それから、あともう一度、居宅介護支援事業所を訪問し、ケアマネージャーを決めてもらいます。

わたしや姉が家にいない時、もし母が迷子になったら、介護サービス事業所の人や居宅介護支援事業所の人も、出来る範囲で協力して、探してくれるそうです。
それを聞いただけで、わたしは、すごく安心出来ました◎
父だって、そうなれば、心強いはずです。協力してもらえる人には、協力してもらえばいいのだ!
うまく保守の壁がくずれますように〜
[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/16031067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2012-08-25 20:56 | もの | Trackback