『好きって、こわい?』

朝、ゲラの直しをやったものの、今日は「クリスマス☆ほっこりデー」と決めていたので、お仕事はなし。
シャンパン飲んで、リベンジミートソースでスパゲティーを食べました◎
精神力も体力も、けっこう充電できました〜
明日からは年末年始関係なく、お仕事しますよ!!!

さてさて、眠る前に、レビューを一つだけ。
『好きって、こわい?』(講談社)
令丈ヒロ子さん、越水利江子さん、小林深雪さん、藤木稟さん、宮下恵茉さん、5人の人気作家さんの書き下ろしアンソロジーです。
個性的な作家さんがそろえば、全編「好き」と「こわい」がテーマであっても、おさめられているお話は、やはりそれぞれ個性的なのです。こわかわいいお話や、こわせつないお話、こわこわいお話、こわおかしいお話、こわ美しいお話……
越水さんの「フェアウェル城のお姫さま」は、美しすぎでした。
「好き」には「こわい」がひそんでいるわけで、恋愛のどきどきと、恐怖のどきどきとを同時に楽しめる一冊でしたよ!
それにしても、宮下さんの「私のテディベア」、怖かったあ。
a0134889_1402942.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/17045502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2012-12-26 01:37 | | Trackback