表彰式

絵本のラフと文章、編集さんに送りました。
ああ、亀の歩みだけど、今年はこうして着実にこなしていこう。
ぼやぼやしない、ぼやぼやしない……です。

土曜日は、アミーニの絵本のための講座「はじめーる」クラスの最終日でした。
徳島から来て下さっていたYさんが、これで一年通って下さったことになり、終了。
次のステップ「みてみて」クラスをおすすめしました。
交通費が少々かかっても、がんばって一年で一冊作れば、もとはとれると思うのですよ。
お別れに、徳島の「金長」というお菓子を、みんなに配ってくれました◎

日曜日は、KOBELCO(神戸製鋼)さんの「森の童話大賞」の授賞式に行ってきました。
私は、下読み選考委員をさせて頂いたのです。
審査員のお一人は、永田萌さん!
子どもの頃、妖精村(萌さんのアトリエ)で働きたいと思っていました、けっこう真剣に(笑)
萌さんの絵をまねて描いたし、萌さんの絵から想像して物語を書いたし、萌さんのエッセイを読んで、萌さんの生活に憧れていました。
ペパーミントというものを知ったのも、萌さんのエッセイでした。確か妖精村の近くの川べに、野生のペパーミントが生えている……と書いてあったのです。ペパーミントって、あのハッカ飴の? あんなさわやかな香りのする草があるんだ! みたいな。
萌さんのエッセイはいつもお洒落で、少女時代の私は、母にお願いして萌さんの御本を買ってもらうのが、楽しみでした。
ああ、まさか自分が作家になって、萌さんにお会い出来るとは〜。
今日はいい日でしたあ。
ちなみに、子どもの時に憧れていて、いつかお会いしたいと願った人は、4人。
永田萌さん、立原えりかさん、早川司寿乃さん、佐藤多佳子さんです。
立原えりかさんには、児童文芸のパーティーでお会いしました(たしか二年前)!
早川司寿乃さんには、なんとデビュー作「神さまの住む町」の挿絵を描いて頂きました!
そして、今日、永田萌さんにお会いすることが出来ました!
佐藤多佳子さんにも、きっといつかお会い出来ると信じてします。
[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/20747555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2015-01-18 22:39 | もの | Trackback