山形

父が退院してきて、1ヶ月と少し。
何とかわが家のそれぞれの生活が、軌道にのったかなーという感じです。
父の生活を支えるためのあれこれが、予想以上に手間取りました。
導尿のための訪問看護に「1日1回来てもらう」ことが、けっこう大変で、病院に何度か足を運び、訪問看護の事業所と契約し、必要なあれこれを購入し……と、手間がかかったわけですが、一番大変なのは、やはり導尿が嫌な父をなだめることで。
父も仕方がないと思っているようなのですが、看護師さんが来ると不機嫌になってしまって。
今でも、態度は悪いようですが、怒鳴って追い返したりはしていないようなので、何とかOKです。
費用については、今後とても不安(1日1回の導尿で足りなくなり、訪問回数が増えれば、かなり高額になってくる)ですけれど、とにかくは落ち着いたので、先のことはまた先に考えることにします〜

8月3日〜は、1週間家をあけました。心配でしたが、これも何とかクリアー!
母は基本、小規模多機能施設さんにお泊りしてもらい、姉がお世話出来る日には帰ってきてもらうことにして、父は、訪問介護とお弁当の配達と姉がのぞくことで、家にいたまま過ごしてもらいました。
1週間何をしていたかというと、東京経由で山形。
東京では編集者さんと打ち合わせ、山形では夏期集中講義をしてきました。
山形にある東北芸術工科大学には、文芸学科があります。
そこの学生たちは、とても熱心で筆力があるのです。
たった四日間でしたが、いい学生さんたちと過ごすことが出来て、幸せでした。
家を長期あけることにも成功したし、大学での講義も楽しかったし、ただ今ご満悦状態です(笑)
9月末までは夏休みです。
出稼ぎアルバイトなどはあるにしても、大学講義がない分、書く時間にあてたいと思います。
コツコツコツコツ書くとします。
[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/21542957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2015-08-13 01:25 | 講座 | Trackback