介護認定その後

父の介護認定が2段階もさげられたが、けっきょくそのままいくことになった。不服申し立てをするつもりだったが、手続きには時間も手間もかかるらしい。半年後には、また再調査なのだからとケアマネさんに言われた。国の財政難で、認定が厳しくなり、うちのようなケースが多くなってきているそうだ。

今回、うちは損をしない。損をするのは、お世話になっている小規模多機能施設である。介護度がさがれば、金額は安くなる。それだけ手がかからないという理屈だが、うちの場合、して頂くことは同じ。施設にお金が集まらなくなるということは、ヘルパーさんたちにお金が行き渡らなくなるということ。

うち一件だけでなく、他にもたくさんこういうことが起これば、お給料と労働が合わない感じになってくるのだろう。そうすれば、ヘルパーさんの離職率が高くなり、人手不足や教育不足となる。まわりまわって、父や母は満足のいく介護をしてもらえなくなる。

今回、うちは損をしないと書いたが、そうでもないということで。うーん。
あ、三行日記のつもりが、長くなってしまった。
[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/22824775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2016-05-19 16:32 | 家族 | Trackback