読み聞かせシンポジウム

昨日は、豊中市教職員組合と毎日新聞主催の「読み聞かせシンポジウム」に行ってきました。
無料だったし、講演会の講師が、恩師・横山充男先生だったので。
毎日新聞学芸部のHさんが、誘って下さったのです。


読み聞かせは、横山先生が毎日新聞に連載されたお話「おたすけ妖怪ねこまんさ ハムスターをさがせ!」でした。毎日放送のアナウンサー・関岡香さんが読んで下さいました。大きなスクリーンに、平山ようさんのさし絵が映し出され、ダイジェスト版といえど、ちゃんと始まりから終わりまでお話一本の読み聞かせでした。満足〜
横山先生の講演も、とてもとても良かったです。わたしは、思わず涙ぐんでしまいました。

あと、シンポジウムでは、小学校の先生や、図書館司書さんや、お母さん記者さんや、読み聞かせサークルの方などから、読書の現場の声を聞かせてもらいました。書く人や出版社の人など、作り手の側とお話する機会は多いのですが、それを届ける人たちのお話を聞く事はあまりないので、おもしろかったです。

横山先生には、私が行くことをお話していませんでした。こっそり会場にいて、最後にご挨拶しに伺いました。参加者のほとんどは、教職員や読み聞かせ関係の方だったので、私があらわれて、びっくり……だったみたいです。
驚かせちゃいましたが、本当にいいお話が聞けて、ラッキーでした☆
[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/9089566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2009-10-11 22:14 | もの | Trackback