縫ってもらった長襦袢

K出版のTさんに、梅田でお会いしました。
関西出張のついでに、時間をとって下さったのです。先日のYさんといい今日のTさんといい、東京の編集さんと関西でお会いできるのは、とてもありがたい。
Tさんとは初めてお会いしたけれど、大学時代の恩師川村たかし先生のこともご存じで、お話していてまるで初対面という感じがしませんでした。
先日毎日新聞に連載した「つきよ、ぎく」に、手を入れることになりました。初対面のお兄さんに小さな子がくっついていくのは、NGだそうです。下町育ちの私はそういうのに無防備で、全く気にせず書いていましたが、指摘されればそうだなあ。あと、長さの調節をすることになりましたが、ストーリーなどは変更しなくて良いようです◎
父が倒れたのをきっかけに、しばらくは書くのをセーブしてアルバイト優先の生活をするつもりでしたが、事情がいろいろと大きく変わってきました。悩みましたが、アルバイトを減らして書くことにしました。そう決めました、もう迷うまい。

今日になって急に寒くなりました。着物を着るにはいい気温でした。せっかくなので、打ち合わせに着物で出かけました。
お友達のノリルダさんに縫ってもらった長襦袢に、初めて袖をとおしました。ノリルダさんは和裁師のたまごさんです。いや、もうひよこさんです。まだ和裁学校に通っておられますが、りっぱにお仕事されています。「まだまだです」とおっしゃるけれど、縫って頂いた長襦袢、ばっちりでした。
ちゃんと寸法を測って縫ってもらったオーダーメイド! 私の身体にも着物にもぴったりで、感激しました。こんなにもサイズがちょうどだと、気持ちいいものだなんて。
写真一枚目が、その長襦袢。渋好みの私の趣味で、モカブラウンの生地。ネットオークションで落札した反物で縫ってもらいました。二枚目は、今日の着物。母のお下がりです。帯は秋なので、紅葉や秋の花の織り込まれたものを。久しぶりに着たら、ぐずぐずになってしまいました。忙しくても、やっぱり月に何度かは着物にしよう。反省。
a0134889_22521520.jpg
a0134889_2252278.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/9191339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2009-11-02 22:52 | | Trackback