ちいさな侵略者

今日は、掃除を少ししてから、アルバイト先の和菓子屋さんにお正月のお花をいけに行って、それからさとうともこさんのお話を、二つ読ませて頂きました。

一つは、怪談図書館13(国土社)の『呪いを招くうしろ鬼』の中の一編で、「ちいさな侵略者」
脳にいい波が発生する機械、トランスミッター安心くんというおもしろい小道具が出てきます。これをつけると、心穏やかになり、成績もあがる。しかも無料。でも、それで喜んでいたら……。
なるほど、こういう怪談もアリだなあと思いました。最後にぞくっとするオチがあるのです。

もう一つは、さとうさんの同人誌「あまのがわ」2009の号に掲載の短編「まぶたのうら劇場」
お母さんが入院してしまった少年とおじいちゃんの、小さな遊び……まぶたのうら劇場。
こちらも、まぶたのうら劇場という発想がおもしろい。
ちなみに「あまのがわ」は、広島の同人誌。少人数で活動されていますが、「日本児童文学」や「児童文芸」「季節風」などの同人誌評に、よくとりあげられています!とりあげられるのは、作品と同人誌にパワーがあるからでしょう。
「あまのがわ」連絡先 http://amanogawa.guild.gs/

さて、さとうさんの作品は、いつも文章に独特のリズムがあって、読んでいて引きこまれます。セリフも、すごくお上手。お芝居がお好きで、舞台をよく観てらっしゃるせいかなあ。
[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/9537949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2009-12-31 02:04 | | Trackback