本の時間

「本の時間」2月号が、刷り上がりました!
私はこの号から連作短編の連載をスタートしています。今号は「電気ちゃん」という短編。

 その夜、あ可梨は初めてビールというものを飲んだ。初めて酔っぱらい、そして初めてセックスした。
 ビールは苦かったし、炭酸は喉に突き刺さったし、酔うのも頭がくらくらするばかりで、そんなに楽しいものではなかった。セックスはというと、錆びたナイフで切られるように痛かった。身体を固くするあ可梨の耳元で、電気ちゃんが「力ぬいて」と低くささやいた。オーディオからは、かすれた声で歌うジャニスのサマータイムが流れていた。(本文より)

児童文学からは離れて書きました。三姉妹とその家族の物語。「電気ちゃん」は末娘・あ可梨の話です。この先、次女、長女の話と続きます。

「本の時間」は、毎日新聞社の文芸PR雑誌で、無料ですよ。本屋さんのレジ横などに、置かれていると思います。よかったら、皆さん手に入れてご覧になって下さいね。
毎日新聞社のホームページ
 http://mainichi.jp/enta/book/honnojikan/ 
からだと定期購読できるみたいです。(でも、その場合は年間購読料1000円)ちなみに、ホームページの紹介欄は、まだ1月号のままになっています〜

私のお話も読んで欲しいけれど、他に町田康さんの連載や三砂ちづるさんのインタビューや安倍龍太郎さんのエッセーなど、盛りだくさんの内容で、読みごたえアリです!
a0134889_8252155.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://honnarado.exblog.jp/tb/9681526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2010-01-17 08:25 | | Trackback