マムさん、ありがとう

昨日の夜、マムさんが息をひきとりました。

一昨日の夜までは、寝たきりとはいえ食欲があり、その前の日の朝には、しっかりしたウンチもしていたのです。目にも輝きがあり、まだまだ半年ぐらいはこのまま元気なのかなあとぼんやり思っていました。本当なら今日、病院に連れていく予定だったのですが、先にのばしても大丈夫かなという気がしていたぐらいでした。
呼吸も、リンパの腫れがましになったせいか落ち着いていて、おだやかでした。

それが昨日の朝、見に行ったら、すっかり元気がなくなっていて、息が荒くなっていて。
一晩でこんなに痩せる?という感じで、もともと痩せてきちゃっていたけれど、さらに肉が削ぎ落されたみたいで、びっくりしました。
全身から力がぬけてしまって、首もすわらないので、上手くだっこも出来ない状態。
目もとじぎみで、何より生気がなくなっているような気がして、私はふと「ああ、今日なのかなあ」と感じました。

姉は、昨日の夜はあんなに元気だったのに信じられないと言い、「熱があるのかも、月曜日に病院に行って注射をうってもらおう。それまでがんばれ」と励ましていました。が、私が「もう動かすの、そんどいかもよ。でも、無理してでも病院に連れていけば、元気になるかもしれへんし。このままここで寝かせておいてあげるもアリなんかなとも思う。どっちがいいか、正解なんかわからんけど……私はな、このままでもいいかなと思う」と話すと、姉は泣きました。

昼過ぎからだんだん息は荒くなっていき、お水も舐める程度で……朝は流動食を注射器で飲まし、夕方にはお薬も飲ませました。私は「延命はしない」と決めたいたけれど、やはり流動食やお薬までやめる勇気は、最期までありませんでした。

母が夜に帰ってきて……その後、姉が見に行ったら、息をひきとっていました。
十六年、家族に(特に母に)よく尽くしてくれたワンコでした。
あまり自己主張しない、性格のいいコでした。

亡くなるタイミング、マムさんは自分で決めたのかなと思いました。
土日、私と姉がめずらしく両方とも一日中いて、土曜日は二人でお世話をし、日曜日もまめにのぞいてあげる事が出来ましたし。
夜、母が帰ってくる前に、父が玄関に家用の車椅子を帰ってくる母のためにセッティングするのですが、その時、玄関で寝ていたマムさんは、父に会い……そして、母が帰ってきた後、やはり玄関にいたマムさんは、母に会い、ひそかにお別れの挨拶をしたのかなって。
母が帰宅した後、すぐに亡くなったなんて、そう思えますよねえ。

明朝、宝塚動物霊園さんにお迎えに来て頂きます。
ダンボールの棺には、今から姉がお花を買ってきてくれるので、それを飾ります。
「マム」という名前は、母がつけました。当時、「スミレ」という名前の女のコのワンコがいて、女のコのワンコには花の名前を……ということで、母が「マム」と決めました。「菊」という意味です。
認知症初期で、何度も散歩に出てしまう母に嫌な顔などせず、よくつきあってくれました。道がわからない母が迷子にならずに家に帰ってきていたのは、マムが家に誘導してくれているからだと、近所の人に言われたことがあります。
かしこかったね、マム。お疲れさま、ありがとう。
[PR]
by honnara-do | 2017-09-04 12:31 | 犬・猫 | Trackback

虫歯!

歯医者さんに定期検査に行ってきた。歯のおそうじをしてもらった。
歯科衛生士さんが、虫歯の疑いありの歯を見つけてくれた。
先生に見てもらったら、やっぱり虫歯だった(涙)
一番奥の歯のほっぺた側。磨けていない気がしていた部分である。
ああ、あああ。
来週、治療の予約いれた〜

マムさんは、腫れていたリンパから何やら謎の液(膿みのようなもの?)が出てきている。
ぱんぱんに腫れすぎて、悪いものが外に出てきたようだ。
タオルが汚れていて、気がついた。
姉が動物病院に電話をして聞いたら、悪いものだから出た方がいいとのこと。
確かに出てしまった方がいいのかもしれない、腫れが小さくなってきた。
少しでも楽になればいいなと思う。
[PR]
by honnara-do | 2017-09-02 02:50 | 犬・猫 | Trackback

ロイヤルミルクティー味

長期出張以後、暑いし、夏休みだし、マムさんは体調悪いし……とあれこれ理由をつけて、ゆるゆるモードだった仕事。
いつまでもこれはいかん!思い、エンジンをかけた。
昨日、今日と、通常運転にもどりつつある。
この調子で、さあ、きびきび仕事するぞ!

今日は、午後から小学校に行ってきた。ミニ授業の打ち合わせ。
来月、四年生に向けて、『ばあばは、だいじょうぶ』を使ったミニ授業をさせて頂く。
このミニ授業……テレビの取材に入ってもらう予定で、打ち合わせの今日も撮影。カメラが回っていた。緊張したー。
人前苦手なのに、小学生にミニ授業だなんて、しかもテレビ撮影ありなんて、わたし、ちゃんとこなせるのだろか、不安 (*´ー`*)
でも、母がしっかりしていたら、絶対「お引き受けしなさい。がんばりなさい」と言うと思うので、がんばろうと思っている。

その後、マムさんをまた病院に連れていってきた。
血液を増やす注射をうってもらう。
マムさんは、息が荒い時には朝までもつのだろうかと考えてしまうが、その度持ち直し、今は小康状態である。食は細いながら、食べようとする。食べる意欲があるうちは生きようとしているのだと思う。だから、マムさんの負担のない範囲で治療をしてやるのは、飼い主さんの役目かと。無理な延命についての答えは、なかなか出ない。やっぱり難しい問題だなあ。

帰宅して、モロゾフの復刻プリンを食べた。ロイヤルミルクティー味♪
おいちー(╹◡╹)
a0134889_21471234.jpg



[PR]
by honnara-do | 2017-08-28 21:48 | 犬・猫 | Trackback

今日のマムさん

今日のマムさんは、ごはんは食べてくれたけれど、息が荒い。
リンパが腫れているせいで、息をしにくいのだと思う。
何度もタオルの高さを調節してみる。
写真は、タオルとバスマットで作ったマムさん特製ベッド。
a0134889_23173181.jpg


[PR]
by honnara-do | 2017-08-25 23:18 | 犬・猫 | Trackback

今日のマムさん

動物病院では、体温も下がり心臓も弱ってきていて、危険な状態と言われたそうだが、今日のマムさんは、少し持ち直している。
ササミも少し食べたし、体温ももとにもどった。息はあらいままだが。。。
母と父の介護は、サポート体制が整っている(ヘルパーさんもいれば、ケアマネさんもいれば、看護師さんたちもいる)が、ワンコのマムさんのお世話は誰にも頼めない。
もう立てないし、自力で水も飲めないので、全てにサポートが必要。私がちょうど夏休みで良かった。
午後から、テレビ取材3つめのディレクターさんが打ち合わせに、わが家まで来て下さった。やさしい方で、マムさんを撫でてくれた。
ちなみにこの取材は9月、放送も9月。←またお知らせします!

[PR]
by honnara-do | 2017-08-22 22:41 | 犬・猫 | Trackback

マムさん

今日は私が、父の診察付き添い。姉がワンコのマムさんの診察付き添い。
マムさんは、昨日もササミの茹でたのを食べてくれたので安心していたが、今朝また元気がなく、しんどそうだった。
姉いわく、診断では体温がさがってきていて、危ないとの事。
父に話すと、「無理な延命治療はしてやるな」と。
私もそう思うが、しんどそうなのはかわいそうで、姉は点滴をお願いしてきたらしい。
というわけで、点滴が終わる18時ごろまた迎えに行く。

[PR]
by honnara-do | 2017-08-21 17:08 | 犬・猫 | Trackback

ありがとうございます☆

ちちんぷいぷいの映像、たくさんの人が見て下さったようで、嬉しいです。
ありがとうございます☆
恥ずかしいので、こっそり内緒にしていようと思ったのですが、そういうのも覚悟と勇気。出たからには、全力で宣伝しなくては!ですね。
ビビットは、24日(木)放送予定です。←今日、念のため録画して下さった方、すみません。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
さて、ワンコのマムさんの具合が悪い。
私が出張に行く数日前から、あまり良くなくて、出張中ずっと心配だった。
帰ってきてからも、良くはならず、少しずつ弱ってきている。
ふらふら歩いていたが、ここ一週間ほどで立てなくなってしまった。
食欲もなく、流動食を注射器で食べさせている。
もう16年生きていて、かなりのおばあちゃん犬だから、ああ来たかーという感じ。
いきなり全介護状態である。
父母の介護+ワンコの介護もすることになろうとは。
動物病院では、二回出した細胞診は二回とも陰性だったが、やはりガンかもしれないし、もしかしたら白血病かもしれないという診断だ。
いろいろ治療法を提案してもらったが、体力のないおばあちゃん犬に積極的に抗がん剤を使う気にはなれず、自然に……と願っている。
でも、弱っていくのをただ見ていることが出来ず、週一回病院に行って注射をしてもらったり、している。自然に……は、なかなか難しい。
やはり頑張って生きて欲しいと思ってしまう。
もう頑張らなくてもいいよという気持ちも、あるのだけれど。
カリカリフードを食べなくなり、缶詰も食べなくなり、流動食を無理に食べさせていたが、今日は茹でたササミをあげてみたら、久しぶりにガツガツ食べてくれた(涙)


[PR]
by honnara-do | 2017-08-18 01:34 | 犬・猫 | Trackback

今日一日、明日一日

今日は、わんこのマムさんの病院&シャンプーの日だった。
マムさんのリンパのぐりぐりは、なくならないままだ。
動物病院の先生いわく「ガン細胞は見つかっていないが、限りなく悪性の疑いのある腫瘍」との事。
抗がん剤をするかしないかの話になり、悩んだが、けっきょくしない事にした。
体にメスを入れる事もしない方向である。
費用の問題(注射、薬、検査で、すでにかなり使っている)もあるし、マムさんは老犬なので、体力的な問題もある。
ぐりぐりはあるが、体調は落ち着いてきている。しばらく様子見だな。
今日一日、明日一日、元気に過ごせますように、小さな単位の幸せを日々願う。

午後から、出身小学校の校長先生とお話をした。
いいお話をたくさん聞けて、よかった。
ところで校長室には、歴代の校長先生のお写真が並んでいた。
自分が通っていた当時の校長先生、名前は覚えていなかったが、お顔はしっかり覚えていて、すぐに「あ、この方だ」とわかった。
記憶って、すごいなあ。
[PR]
by honnara-do | 2017-07-14 21:15 | 犬・猫 | Trackback

ステロイド

わんこのマムさんの診察に行ってきた。
悪性リンパ腫ではなかったが、リンパの腫れをひくために、ステロイドを飲んでいる。
それがよく効いていて、リンパの腫れはほぼおさまってきた。
アトピーも良くなっている。
が、ステロイドは強いお薬なので、いつまでも飲むのは心配。
今日、先生に相談して、しばらくは減らしながら続けることになった。
ステロイドは、急にやめられないお薬ということ。
様子見である。

写真は、病院おとなりのワンニャン・カフェのニャン。
猫の王といわれるメインクーン、大型猫種だ。
手洗い場が好きで、よく入って寝ているが、でかいのでほぼはみでている(笑)
このこが、とてもよく子猫たちのお世話をする。
このワンニャン・カフェは、20年来のおつきあいの美容院さんのところである。
商業目的のワンニャン・カフェでなく、ワンニャンとワンニャンの飼い主さんとワンニャンを飼えない人たちための実に健全な場所だと思う。今日もワンニャンのお悩み相談室みたいだったな。
a0134889_17451184.jpeg








[PR]
by honnara-do | 2017-02-24 17:45 | 犬・猫 | Trackback

検査結果

ワンコのマムさんの検査結果が出た。
悪いものではない、という事だった。良かった〜と思ったが、先生が「検査が一度だけだと、誤診が心配」だとおっしゃるので、再検査をする事になっている。
細胞をとり、プレパラートで判断する検査。その判断は難しいものだと、テレビで観たことがある。ちなみに、ワンコの細胞診も人間と同じところに出すのだそうだ。
マムさんの腫れはひいてきたが、まだ右に1つ、左に2つ、ぐりぐりがある。でも、そのぐりぐりも小さくはなってきているし、元気。よく食べるし、お散歩に行くと、ぐいぐいリードをひっぱりながら歩いて行く。
[PR]
by honnara-do | 2017-01-13 20:17 | 犬・猫 | Trackback