カテゴリ:本( 249 )

横浜 中華街

横浜に行ってきた、1泊2日。

1日目は、編集さんと打ち合わせ、その後、馬車道、レンガ倉庫、中華街へ。
美味しい中国茶を頂いた。
もやもやしていた考えがはれて、さらにいいアイデアも出て、前に進める感じに。
お会いしてお話するって、やっぱ大切だなあと改めて思った。

2日目は、大阪から来て下さったHさんと一緒に、とある方へ取材申し込み。
うけてもらえるかどうか、すごくドキドキしていたのだが……
結果、快くOKを頂き、ほっとした。ああ、良かったあー!
ここでも、「実際に会ってお話させて頂くって、大事ですねえ」と、Hさんと話した。
この企画は、何だか引き寄せられるように人が集まり、
そしてするすると話が進み、本にしよう!と盛り上がっている。
私も何だか引き寄せられた1人なのだ。
こういうのを、ご縁というのだろうなあ。
a0134889_22513061.jpg

a0134889_22514954.jpg




[PR]
by honnara-do | 2017-07-12 22:52 | | Trackback

インタビュー

大学の帰り、難波で映画を観た。
少し疲れていたのでまっすぐ帰ろうか迷ったが、レディースデーだしなあ、早く観たいしなあと思い、えいっと映画館のある8階に上った。
「忍びの国」……期待以上だった。
和田竜の原作で、嵐の大野くん主演。
大野くん、はまり役だったし、伊勢谷友介の大膳役も良かった。

それからお知らせ。
童心社さんのホームページに、インタビューをのせてもらったよ( ´ ▽ ` )ノ

[PR]
by honnara-do | 2017-07-05 22:55 | | Trackback

太宰治と芥川龍之介のリライトしました。
「走れメロス」と「蜘蛛の糸」と「杜子春」の3作です。
昨日、学研プラスから発売! タイトルは『走れメロス/くもの糸』ですよ。

3作とも学生時代に読んでいますが、今あらためて読んでみると、昔には感じなかったことを感じました。
まず、太宰の苦悩を書く「粘り」が、すごい。
そして、芥川の文章は本当に美しい。無駄がないし、比喩は品があるし。
大作家の名作をリライトするなんて、と、とんでもない! と思いましたが、何事も挑戦。やってみるとけっこう楽しかったです。いい勉強にもなりました。

カラーイラストがいっぱいで、読書が苦手な子どもたちも、飽きずに読めるように工夫されています。これで興味を持った子には、ぜひ実際の芥川や太宰の文章を読んで欲しいです。
a0134889_16175145.jpeg


[PR]
by honnara-do | 2017-06-28 16:18 | | Trackback

みやこめっせで

夏に、京都のみやこめっせで、イベントをさせて頂きます!
わくわく☆どきどき☆
どうぞよろしくお願いいたします。
a0134889_15570075.jpeg



[PR]
by honnara-do | 2017-06-27 22:18 | | Trackback

お別れ

土曜日、お別れがあった。なかなか日記に書く気になれず、やっと今日になって文字にできた。
創作仲間のかこまさみさんが、天に召された。
クリスチャンであるかこさんは、神のもとへ旅立ったわけで、それは悲しいことではないから泣いてはいけないと思ったが、54歳だったと聞いて、泣いてしまい、旅立つ少し前まで紙芝居のコンクールがあるから応募しなくちゃと話していたと聞いて、さらに涙があふれた。
お別れするために、かこさんに近づいた時、「くすのきさん、書いてね。書かなくちゃだめよ」という声が聞こえた気がした。
書きます、うん、書かなくちゃね、かこさん。がんばるね。
写真は、かこさんに頂いた美味しそうなケチャップ。もったいなくて、特別な時に開けようと思ったまま、開けられずにいた。さらに開けられなくなってしまったな。
a0134889_21591271.jpeg


[PR]
by honnara-do | 2017-06-22 22:00 | | Trackback

本日、毎日新聞に発表されました!
「第63回 青少年読書感想文全国コンクール」低学年の課題図書に、拙作『ばあばは、だいじょうぶ』が、選ばれました☆

憧れの課題図書……いつかいつかと願っていましたが(涙)
嬉しいです、ありがたいです (T . T)

たくさんの子どもたちが、全国の子どもたちが、『ばあばは、だいじょうぶ』を読んでくれるなんて。そして、読書感想文を書いてくれるなんて(涙)
a0134889_23332274.jpeg



[PR]
by honnara-do | 2017-06-06 23:34 | | Trackback

お知らせ3つ。


東北芸術工科大学 文芸学科の学生たちが企画・編集に携わっている雑誌「文芸ラジオ」に、短編を書かせて頂いた。タイトルは「もやり草」……母と父との日々を大人向きに。
ちなみに、長くのばしたいなあと思っている。


児童文芸家協会の雑誌「児童文芸」に、掌編を書かせて頂いた。タイトルは「パンとオルガン」……明治時代、神戸の外国人居留地が舞台。
これも、長くのばしてみたい。


そして、今年も秋に京都で開催、童話塾! 
a0134889_1334497.jpg

[PR]
by honnara-do | 2017-06-02 01:38 | | Trackback

磐座

先日の黒乙女会で、私たちの仕事は家で座っておるばかりだから、歩かなあかんなあと話した。そうだ、歩かなくては……ということで、保久良神社に行ってきた。
駅から小一時間歩いた。
街からそう離れないのに、少し上ると別空間が現れる。
空気が澄んでいる、静寂がある、60秒が1分60分が1時間24時間が1日365日が1年という時間の流れなど関係ないような場所。
a0134889_09004569.jpeg
横山充男先生の文学、精霊の世界だなあと思った。
a0134889_09022047.jpeg
ここには、磐座がいくつもある。
a0134889_09032180.jpeg
古代、神が降りてきたという巨岩である。



[PR]
by honnara-do | 2017-05-03 09:05 | | Trackback

木曜日。Aさんと電話でお話した。
Aさんは、デビューしたての頃から、お世話になってきた編集さん。
私が東京に行く度に、時間を作って会ってくれた。
色々教えてもらいながら、2冊一緒に作らせてもらった。
幼年童話が書けるようになったのは、Aさんのおかげだと思う。
木曜日は、Aさんの最後の出勤日だった。今月末で退職されるのだ。
感謝の気持ちと寂しさは、電話では伝えきれないほどだった。
寂しいけれど、AさんはAさんの来月からのフィールドで頑張って欲しい。
応援してます。私も頑張ります!

昨日は、越水利江子さんと宮下恵茉さんと黒乙女会を開催。
いつも京都なので、今回は大阪で。
いっぱいしゃべったあああ。
a0134889_22194332.jpeg
かわいいお土産もらっちゃった。金平糖は明日のおやつだな。



[PR]
by honnara-do | 2017-04-30 22:20 | | Trackback

お花

土曜日は、絵本教室アミーニ「のびのびクラス」からの京都。
新しくできたのびのびクラスは、自由にのびのび制作をしてもらうのが目的。
目標も制作期間も自由、課題もない。月に2回開催するが、チケット制。来るのも自由なのだ。
一方、プロをめざすための「みてみてクラス」は、厳しくやっている。
1年で1冊作るために、どんどん進めてもらう。作品には厳しくダメを出す。
2ヶ月に1度しか見ないので、2ヶ月自主制作出来る技術と心を持っていなくてはならない。1年の終わりには合評会。講師3人がかりで、1冊の本作りを応援する!
受講者さんの目的や性格はさまざまなので、なかなか一括りに出来ない。細かくクラスが分かれていると、受講者さんは無駄なくお勉強出来ると思う。講師側もやりやすい。
あと、アミーニには、1年間課題をこなしていくクラス「はじめーる」「ふかめーる」「つくーる」がある。ちなみに「みてみてクラス」の受講は、この「はじめーる」「ふかめーる」「つくーる」を全て受講後という事が条件である。
興味のある方はこちら(アミーニのホームページ)をご覧下さい。←クリックorタップ!

夜、京都での会。お祝い事が重なり、華やかだった。
私は、素敵なお花と大好きな青色の砂時計を頂いちゃった (T . T)
う、うれしい〜
a0134889_01414918.jpeg



[PR]
by honnara-do | 2017-04-25 01:43 | | Trackback