カテゴリ:家族( 89 )

千両 南天

十二月も半ばを過ぎ、千両と南天の実がすっかり色づいた。
a0134889_23154545.jpg

[PR]
by honnara-do | 2016-12-16 23:16 | 家族 | Trackback

おこた

父が暖房をがんがんつけるので、おこた(炬燵)をセットした。
部屋中(いや、家中)を温めるよりも、おこたの方が経済的だ。
父はほぼテレビの前にすわっているのだし。
去年の炬燵布団は、猫の毛だらけになり、姉がお手上げだと言うので捨てた。
というわけで、新品の炬燵布団をかけると、父はご機嫌だった。
新しいものが大好きな人なのだ。
またどうせ毛だらけになるだろうし、父が使うとすごく汚れるしなあと思い、
通販(楽天)で安いのを購入したのだが……けっこうしっかりしている。
ぺらぺらじゃないよ。探せば、安くてまあまあのものがあるんだなあー。

今日のメニュー
・保育絵本テキスト、最終チェックをして → 送る
・幼年童話の書き直しをする
・出来れば長編、少しでも書き進める
[PR]
by honnara-do | 2016-11-05 19:25 | 家族 | Trackback

お買い物

昨日は、保育絵本のテキストを3つ仕上げた。
テーマにそって書くのに、頭を使った。「七夕」とか「おいもほり」とか「ひなまつり」とか、もうさんざん書きつくされているテーマを、自分らしく書くのはむずかしい。5場面でしあげるのも、むずかしい。でも、ひらがなで小さな子向きに書いていると、本当に気持ちがいい。高学年ものや一般小説は、身を削りながら書く感じだが、幼年ものは自分が癒されていく感じ。

今日のメニュー
・晴れているので、今日は父を近くのスーパーまでお買い物に連れていく。
・童話塾の原稿を読む。
[PR]
by honnara-do | 2016-11-03 12:12 | 家族 | Trackback

大きなお風呂

猫が今朝、自発的にオシッコをしてくれた。ずっと出ていなかったウンチも、出た!
ぱちぱちぱちぱち! 
母も、ほぼ平常にもどった。手術したり、応急処置をしたりしても、けっきょくは自己治癒力に委ねるしかしかない。猫も母も、小さな体でよくがんばったのだと思うと、ちょっと感動。

一安心したので、私は昨日、大きなお風呂に入ってきた。
温泉旅館とはいかないが、スーパー銭湯でリラックス〜
ずいぶん体がほぐれた。大きなお風呂はすごい。また行こうっと。

今日は台風が怖いので、一日家にいた。
一時間ほど風が強く、激しく雨が降ったが、あとは静か。
玄米を大量に炊いて冷凍したり、読書したり、大学の講義の準備をしたりして過ごした。
本日は原稿は書かず、頭で発酵させる日なり。
[PR]
by honnara-do | 2016-10-06 01:06 | 家族 | Trackback

また救急車

日曜日の朝、母の口から血が流れていて、起こしても目を開けてくれなかった。
血は少量で、すでに固まっていた。
息はしていたし、意識がない感じでもなく、眠っている感じ。
本当に眠っている思い、何度も「お母さんー」呼びながら揺り動かしたが、目は開けない。
15分ぐらい頑張ったが、やはり目は閉じたままなので、姉を呼んで、119に電話をかけた。
救急車で運ばれている途中、うっすらと目を開け、病院ではだんだん戻ってきたらしい。
らしいというのは、私はアミーニの保育絵本ワークショップがあり、姉にまかせて家を出たからである。仕事優先はわが家の家訓(祖父がそうだった、父もそうしてきた、兄も姉もそうしている、私もそうしなさいと言われている)なので……。
母は、乳酸値があがっている(癲癇発作後はあがる)わけでもなく、脳の血管に異常もない(脳溢血でもない)との事で、原因は不明。母がしゃべれないので、原因がわからない。
日曜日だったし、担当の先生もいないし、とりあえずまた家に帰ってきた。
夜、少し発熱したが、月曜日の朝はすっきり起きてくれた。ひとまず、ほっ。
どこか悪いのかもしれない、でも、もう高齢だし、あまり検査→治療で母を縛りたくない。
様子見かな。

ニャンコは、昨日、抜糸をしてもらった。
「エリザベスカーラー、もういいですよー」と言われたので、とってやると、ゴロゴロのどをならして喜んでいた。
が、今朝、すごく舐めるせいで傷口が桃色になっていたから、あぶないと思い、またつけた。
嫌がるけど……仕方ない。

原稿は、根性で書いている。
出稼ぎアルバイトがなくなり、のんびりマイペースだったのに、何だか次々起こり、いつのまにかそうはいかなくなっている。がるるるー。

・動物ものの幼年童話の書き直し、送った。
・かさの幼年童話、返ってきた。また書き直しだけど、がんばる。
・雨の長編、直し中。

そうだ、朝日小学生新聞の名作案内の書評、無事に載りました。
今回とりあげたのは、スーザン・バーレイの『わすれられないおくりもの』です。
[PR]
by honnara-do | 2016-09-27 18:34 | 家族 | Trackback

三度目の痙攣

月曜日の朝、母がまた痙攣を起こした。二年前のお正月に初めて起きて以来、軽いのが一度あり、これで三度目。一年以上あいていたので、油断していた。
一度目ほど強くなかったが、痙攣が収まった後に顔が土色になり、目は開いているのに意識がなくなった。黒目が上にいったきり動かず、お人形のようになったので、怖くて救急車を呼んだ。痙攣の場合、収まったらそれでいいと言われていたが、やっぱり呼んでしまった。
意識のないお人形のような母に、「お母さん!」と呼び続けた。このまま、あっちに行ってしまうんじゃないかと思った。幸い、母はこっちに戻ってきてくれた。入院を勧められたが家に連れて帰ってきた。入院すると生活レベルがおちるし、父もさみしがるし。
昨日はまだ元気がなかったが、今朝は調子が良さそうだった。母はつくづく「持っているもの」が強い人だと思う。
[PR]
by honnara-do | 2016-08-31 18:45 | 家族 | Trackback

行水

うちのマム(ミニチュアシュナウザーのおばあちゃん)は、人間でいうならアトピー性皮膚炎である。いつもかゆそうで、カサカサで、かくので時に膿んだりもするし、血が出たりもする。そして、皮膚病独特の臭いがする。最近、毎日行水をさせ、キレイにふいてベビーオイルを塗ってやるようになり、カサカサも臭いも少しましになってきた。手をかけてあげると、結果って出るもんだなと思う。
[PR]
by honnara-do | 2016-08-27 18:53 | 家族 | Trackback

叔母

名古屋(といっても一宮からだが)から、叔母と従姉妹と従姉妹の娘ちゃんが、大阪に来てくれた。母に会うのが一番の目的。父にも会ってくれて、そのあと一緒にお墓詣りにも行った。ほたるまちでネギ焼も食べた。無理して来てくれた叔母たちに感謝。いい日になった。
[PR]
by honnara-do | 2016-08-02 23:55 | 家族 | Trackback

元気です

なかなか日記が書けなかった。元気にしてる?と尋ねて下さる方が何人かいらして、「はい、何とか元気です」と答えている。7月は特に忙しい上、叔父(父の弟)が亡くなり、父母の寝室のクーラーが壊れ、慌しかった。紫陽花が枯れ、千日紅と日日草を植えた。明日から8月である。
[PR]
by honnara-do | 2016-07-31 12:13 | 家族 | Trackback

パンツ

父がお腹を壊した。汚れたパンツを洗った。ちょっと、ねえ、私たちは喧嘩していたのでは……けっきょくは、そういうことなのである。老いとは娘に意地をはれなくなる事であり、介護とはそれを見つめる作業なのかも。
[PR]
by honnara-do | 2016-07-02 12:07 | 家族 | Trackback