カテゴリ:家族( 89 )

骨折

今朝、母のお世話をしに行くと、父の方が大変なことになっていました(涙)
昨夜、転んだで尻餅をついたらしく、起き上がれないと言う。
トイレにも行けていない様子。
とにかく、姉といっしょに介助して、トイレに連れていこうとしたら、ひどく痛がる。
母の時の経験上、「これは、折れてるのでは」と思い、
寝ていれば治る(筋肉痛だ)と父は主張したけれど、救急車を呼びました。
あんなに痛がるのに、筋肉痛なわけないし……。

救急隊員さんに、「たぶん折れています」と言われ、
病院でCTを撮ってもらったら、やはり折れていました(涙)
母と同じで、大腿骨骨折です。

さあ、介護の大変は、急にやってきます。
まず、母をどうするか。
父がいるから、家に夜だけでも帰ってきてもらっていたけれど……どうするかなあ。
私と姉が交代で、実家に泊まりに行くかあ。
でも、二人とも無理な日はどうするかなあ。

父は手術の日程もまだ決まっていないし、その後リハビリでしょうけど、
どこまで回復するかなあ。
問題はさらにあって、泌尿器の機能もかなり悪くなっているとのことで、
前々から先送りにしていた導尿のバルーン、入れることになりました。
あれだけ抵抗していた(管入れるんだったら、もう死ぬと言っていた)父ですが、
さすがにあきらめて、おとなしかったです。
入れたはいいが、自宅に戻ってきた時、カテーテルの処理はどうしていくのか。
私と姉が、朝晩に導尿するのは、難しいんですよねえ。

さてさて、一つずつ片付けていくしかないけれど、ふうー、ため息は出ますな。
[PR]
by honnara-do | 2015-04-20 17:16 | 家族 | Trackback

うれしいお知らせです!
かこまさみ さん こと、日俣雅美さんの絵本が、
「あたらしい絵本大賞」で、優秀賞を受賞!

詳細はコチラ(←ここをクリック)

おめでとうございまーす!!!
表彰式&合評会がありますよ〜☆

それから私は、火曜日から愛媛へ。姉といっしょにお墓参りに行ってきました。
せっかくなので、高知(中村)にもよってきましたー。

愛媛では、あいにくの雨でした。
雨がっぱを着て、お墓のお掃除をしました。
山寺なもので、お水をくみに行くのも大変で、翌日は私も姉もみごと筋肉痛に。
雨だったけど、ちゃんとミッションはこなしてきました。
父の親友さんにもご挨拶できたし。

高知(中村)では、晴れました。
春の中村は、過ごしやすくて、気持ちよかったです〜
菜の花の時期でした。まさに極楽浄土の美しさ。
a0134889_21105977.jpg

[PR]
by honnara-do | 2015-03-20 21:14 | 家族 | Trackback

退院

母、無事に退院しました!

小規模多機能施設の人が、車で病院まで迎えに来てくれて、そのまま施設に行きました。
ありがたいです。うちは車がないので。

あとから施設をのぞきに行くと、ちょうど昼食時で、七草がゆを食べさせてもらっていました◎

「お母さんは、生命力ある」「寿命がまだある」気がします。
それは私も前々から感じていたことなのですが、、施設のNさんもここ数ヶ月の母を見ていて、感じるそうです。病気は少しずつ確実に進行しているし、骨は折るし、いろいろ弱ってきている。そして同世代の人よりもぐっと老いて見える。けれど、生命力や寿命というのはまた別のものな感じなのです。根拠はないけれど、感じるのですよねえ。

今日も自由日だったので、父に温かい七草がゆを持っていきました。
あとは、またパソコンの前に座っていました。

夜、母が家に帰ってきました。父のとなりで眠っています。
[PR]
by honnara-do | 2015-01-07 23:00 | 家族 | Trackback

リスクはあれど

昨日は出稼ぎアルバイト、今日は自由日。
お昼前に、母の入院している病院へ。
お正月があけて病院も通常モードに戻り、母の主治医T先生が病状説明の時間をとって下さいました。
結果……脳に腫瘍などがあるわけでもなく、先日の痙攣は、脳梗塞の後遺症の癲癇かもしれないと。
癲癇は、この先もう出ないかもしれないし、出るかもしれないそうです。
癲癇を抑えるお薬はあるけれど、副作用が出るらしく、眠くなったりぼんやりしたりするため、
先生は「今のところは使わないでおこうと思います」とのこと。
T先生のこと、とても信頼していますし、母がこれ以上ぼんやりしてしまうのはやはり避けたいので、先生の意見に同意しました。

特に治療することもないので、明日退院させてもらうことにしました。
寝ている時間が長い病院にいるより、デイサービスに行っている方が、今の母の体にはいいはずです。
もし家で眠っている時に、また癲癇の発作が起こった場合、父が気づかない可能性はあります。
自宅に戻ることにリスクはあるのです。
が、今回も特別養護老人ホームやグループホームなどの終の住処を探したりはしませんでした。
小規模多機能施設の人たちに助けてもらいながら、夜と朝は自宅で……というスタイルでいきます。
父も、それをはりあいにしていますし。

特別養護老人ホームやグループホームでも、夜に発作が起これば発見が遅れる可能性はあります。
癲癇だけでなく脳梗塞や心臓発作など、他のリスクは今までもあったわけで、
それは母だけでなく、父だって、姉や私だってあるわけで。

リスクはあれど、何が幸せかを考えれば、私たちの答えはいつもそう迷わずに出ます。

午後からは、パソコン作業。
晩ご飯は、おネギたっぷりのブリしゃぶでお腹いっぱい。
[PR]
by honnara-do | 2015-01-07 03:54 | 家族 | Trackback

新春

2日から、出稼ぎアルバイトに行ってきましたー。
人がすごくて、びっくりしました。
うちはお商売の家(おふろやさん)だったので、年末年始に休むという感覚はないのですが、おふろやさんの年末年始は、それなりに風情があり、子どもの頃からわくわくしたものです。
でも、ショッピングモールの年末年始は、なーんか味けない気がしちゃいました。

おふろやさんの年末は、いつもより遅くまであけ、元旦だけ休ませてもらって、二日の朝から初風呂を炊きました。
大晦日の夜は、紅白歌合戦を見終わった人たちが、あわてて入りにきたり、二日の朝風呂は、のれんを出す前から、お店の前でお客さんが洗面器を抱えて待っていた光景が、懐かしいです。
祖父の考えで、年末年始は罐焚きやお掃除や番台のパートさんたちには休んでもらうということで、家族が仕事をしました。私と姉と兄も、もちろん小さな時から手伝いました。
特に大晦日、お店を閉めてから(0時ごろからでした)始める大掃除は、家族総出。だいたい朝の3時4時ごろまでかかりましたが、とても楽しかったです。
お掃除は持ち場がきまっていて、兄は玄関と下駄箱、姉は風呂桶や風呂椅子を磨き上げ、末っ子の私は、祖母や母といつしょにロッカーにはたきをかけたり、脱衣所をはいたり、洗い場のゴミを集めたり。お鏡餅やしめ縄を飾ったり、新しいカレンダーをかけたり。
父が最後に、男女の洗い場をきれいに掃除し、お稲荷さんのほこりを落とし、お供えをします。
足の悪かった祖父は、お掃除はしなかったけれど、営業時間の張り紙を作ったり、売り上げの計算をしたり、総指揮をとっていました。
そして元旦はお休みといっても、2日の朝風呂のために、父は1日の夜中から罐を焚き始めます。
で、ばたばたしていて初詣も行けない……わけでなく、初風呂はお昼過ぎでおしまいで、ちゃんと3日は毎年お休み。太鼓橋のある住吉さんに初詣に行くのが、恒例でした。

さて、入院中の母ですが、意識もしっかりしているし、元気そうです。
痙攣の原因を探り、対処することが第一ですが、元気そうな母を見ると、あまり入院を長引かせたくなと思います。ベッドで寝てばかりだと、せっかく少し立てるようになったのに立てなくなったり、言葉も出るようになってきたのに、しゃべれなくなってしまわないか心配。
でも、また痙攣が起こるのは怖いよう。
3日と4日は自由日なので、母の様子を見に行ったり、ぼちぼち雑用や書く仕事を始めています。
[PR]
by honnara-do | 2015-01-03 20:44 | 家族 | Trackback

おせち料理

あけましておめでとうございます!

年末は29日で出稼ぎアルバイト仕事納めでした。
30、31日と自由日となりましたので、おせち料理を作ることができました。
はりきって、4セット作りました。

元旦は、姉と相談して、母に(デイサービスはおやすみして)家で1日過ごしてもらう計画をたてました。
朝はお雑煮を食べてもらってから近所に初詣に行き、お昼と晩はおせち料理を……と思っていました。
でも、初詣から帰ってきた時、母は突然に痙攣を起こし、意識不明に。
白目になっていたし、すぐに救急車を呼びました。
救急車を呼んでいる最中に、母はイビキをかきだし、イビキは危ないという知識があったので、かなり焦りました。
119番のナビゲーターさんが、「もう救急車は向かっていますよ。今、姿勢はどうなっていますか?息はしていますか?では、顔をあげるようにして下さい。大丈夫ですよ」など、電話を切らずに、ずっと対処法を教えてくれて、励ましてくれて、ずいぶん救われました。言葉の力を感じました。
姉と一緒だったのも、心強かったです。
結果、いつもの病院に搬送。入院となりました。
意識は戻り、少しほっとしていますが、
なぜこうなったのかは、お正月で専門医がいないので、きちんとした事はまだわかりません。
せっかく退院してきたのに、また入院で、とても残念です。
元旦ぐらい1日家にいさせてあげたかった。
おせち料理、食べてもらえなかったです (。-_-。)
でも、命があって良かったし、お雑煮は食べてもらえたし、初詣も行けて、途中まではご機嫌だったから、悲しまないでいようと思う新年初日。
うん、今年も笑っていこう!
a0134889_0122456.jpg

[PR]
by honnara-do | 2015-01-01 23:59 | 家族 | Trackback

やれやれ

治ってきていたはずの風邪が、ぶり返したのか、声を出なくなりました。
熱やだるさはないものの、声が出ないのは困った困った。
でも、日曜日と月曜日は出稼ぎアルバイトにちゃんと行き、それなりに働き、
火曜日と今日水曜日は、家で安静にしておりました。
火曜日には、また病院に行って新しいお薬を処方してもらい、良くなってきています。
金曜日まで外出仕事はないので、家でぼそぼそ書きながら、体を休めよー。

そんななのですが、火曜日の夜中、実は母が嘔吐。午前三時と四時、二回も。
父の電話でかけつけましたら、かなりの量を吐いていて、ベッドもパジャマも布団も汚れちゃって。
着替えやらシーツ交換やらで、大変でした。
こんなことは、初めてで不慣れだったので時間がかかりました。
嘔吐物が喉につまり、窒息する場合があるそうです。横向きに寝かせていて正解でした。
上向きだったら、危なかったかも。母は自力で寝返りがうてないのです。

吐いてすっきりしたのか、明るい顔をしていて、熱もなく、血圧も正常。
緊急に病院という感じではなかったので、その夜は寝かせ、翌日の火曜も様子見で対応。
そして今日、風邪っぴきの私に変わり、小規模多機能施設のNさんが病院に連れていってくれました。
今日は耳の怪我の抜糸と念のための耳鼻科検査もあり、ついでに内科でも診察してもらうことに。
特に異常なしでした。もしかしたら食べ過ぎかもと、処方されたのはビオフェルミン。
吐いた日は、たまたまなのですが朝食に私が用意していた上に姉があれこれ持ってきて少し多めになってしまい、おやつも差し入れがあったそうで少し多め、さらに昼食も夕食もよく食べたそうです。
認知症のせいで、出されたものを母はどんどん食べてしまいます。こちらが調整すべきだったと、私たちも施設のスタッフさんも反省。
日々、いろいろあります。やれやれ。
慌てることが続きますが、今のところ全部何とかなっています。母は運が強いなと思います。
良い行いをたくさんしてきた人だからか、今もにこにこ笑顔で過ごしているからか、いい運をひきよせているのかも。見習わなくては〜☆
[PR]
by honnara-do | 2014-12-18 00:12 | 家族 | Trackback

ようわからーん。

朝、9時半に、父の介護度の調査員さんが訪問。
父は「何でも出来る、何も困っていない」とばかり言うので、まだ要支援1。
困ってるし、家から出る時、車椅子やし。
……というわけで、再調査に来ていただいた次第で。
今度こそは、要介護1ぐらいにはなるのではないかと。
まあ、調査員さんの対応は姉に頼んでいたので、私は区役所へ。
母の入院費のこと。区役所へに行くようにという病院の指示だったのですが、
行ったら、書類が11月に届くので、それを待てという。
ようわからんー(。-_-。)
自転車で片道20分もかけて行ったのにー。

せっかくなので、区役所近くの和菓子&パンのお店「明日香」により、
サラダパンを買いました。
母がよく買ってきてくれたパンなのです。素朴なんですが、美味しいのです。
帰って、父と姉にあげると、すごく喜んでくれました。

午後からは、雑用と執筆。
[PR]
by honnara-do | 2014-10-08 22:42 | 家族 | Trackback

湿気

火曜日。
出稼ぎアルバイトで、売り子さん。ブーツが店頭にならび、お店はすっかり秋冬に。

水曜日。
朝一番に、介護用品の会社の方と打ち合わせ。
玄関にスロープをつける改修について、見積もりが出た。
けれど、やはり玄関を壊すのは勇気がいるわけで・・・。
車椅子で家に入る第一の難関は、玄関の段差だから、改装した方が便利にはなるのだけれど。
改装費は、国からの援助でどうにかなるのだけど。

木曜日。
台風の影響で雨がふりつづいたせいか、朝は湿気がひどかったな。
今日は朝の九時に、母の病院へ。
リハビリの進め方について、セラピストさんと相談しました。
トイレ介助の仕方も、教わりました。
ちょっとしたコツをつかめば、力も少なくてすむし、安全に行えます。
自己流もいいけど、やはりプロに教わるのは近道ですな。
退院日の話も出ました。退院までに、お試し外出→お試し外泊をすることにしました。
母は今日は特に機嫌がよく、よく笑っていたし、調子もよさそうでした。
入浴後、デイケアー、その後リハビリがあるそうなので、長居せず帰ってきました。
帰宅してから午前中の残り時間は、メールの返信などの雑用を。
午後からは、書くぞー。あと、おかずも作るぞー。
[PR]
by honnara-do | 2014-09-25 12:38 | 家族 | Trackback

焼肉

日曜日。力をつけようと、焼肉を食べに行きました(^_^)
やっぱり私は、ハラミ好き。
月曜日。T社の編集さんに、自著を送らせて頂きました。
夜、母の食事介助のため病院に行きました。
入院したばかりの時は、お箸もスプーンも使えず、100%介助でしたが、
今は調子がよければ、20%は自分で食べてくれます。
スプーンよりお箸の方がうまく使えるのには、感心します。
[PR]
by honnara-do | 2014-09-23 12:27 | 家族 | Trackback