千鳥橋のアルザス

母の病院、診察日でした。阪神電車で2駅。千鳥橋に病院はあります。
今日の診察時間は13時だったので、診察の前に、千鳥橋駅前でお昼ご飯を食べました。月に1回のことなので、病院の日は母と(時に父もいっしょに)外食ランチと決めています。
母は一人で出かけることがないので、こうして私と出た時ぐらいしか、外食出来ませんし。何を食べに行っても、とても喜んでくれます。

今日は、アルザスというケーキ屋さんに行きました。
ケーキ屋さんなのですが、二階で、パスタやワンプレートランチが食べられるのです。私も母も、パスタランチにしました。母は、アサリとキャベツの明太クリームソース・スパ。私は、季節の野菜たっぷりのミートソースにしました。(写真は、私のほうのスパ)
パン、それからかわいいデザートとドリンクもついて、1000円です。安い〜ささやかな贅沢です♪
安いけれど、ここ、なかなか本格的なお味なのです。私のと母のパスタの太さは違っていて、それはソースにあう太さなんだろうな。そういう細かいこだわりをされるお店って、何を食べても美味しい◎
a0134889_1971247.jpg
a0134889_1972539.jpg

[PR]
by honnara-do | 2009-10-29 19:07 | お店 | Trackback

実身美(サンミ)

毎日新聞出版の編集Yさんと、大阪でお会いしました。
京都でお仕事があって、そのついでに大阪にもよって下さったのでした。東京の編集さんとは、なかなかお会いできません。なので、こうして出張のついでなどに、少しでも時間を作り、「会いましょう」と声をかけて下さったことに感謝。
Yさんは、二作目の『古道具ほんなら堂〜ちょっと不思議あり〜』を編集して下さった女性です。

今回は、私がお店を探しておきますねと約束したので、梅田の実身実(サンミ)にご案内しました。http://sangmi.jp
玄米食のお店です。
玄米も美味しいし、健康に気を使った手作りおかずも美味しくて、値段も手頃。若い女性がオーナーさんで、店員さんもみんな若い女性。玄米で健康になろうという考えも好きだし、女だけで頑張っているお店って、応援したくなる。私の大好きなお店です。
私もYさんも、お昼の日替わり定食を頂きました。メインのおかずは「雑穀入り車麩と野菜のトマト煮」でした。麩なのに、お肉のように上手に調理されていました◎

さて、Yさんは、すてきな企画の話を運んできてくれました。これは書きたい。ものにしたい。がんばらねば。
[PR]
by honnara-do | 2009-10-28 00:02 | お店 | Trackback

プレアデス勉強会

今日は、同人誌プレアデスの勉強会でした。
中堅作家さんたちが賛助会員になり、ほぼ若手に委ねられた新しいプレアデスのスタート。第一回目の勉強会でした。
どうなるかな、パワーダウンしちゃわないかなと心配していましたが、作品が送られてきた(事前に作品を読んでから、勉強会にのぞみます)時点で、なかなかいいかもという予感♪
個々、それぞれにレベルアップした完成度の高い作品がそろっていました。やる気が感じられ、それが確実に実力になっているなと。

今日の勉強会も、途切れることなくみんなの意見が出て、時間が足りないほどでした。
中堅作家さんのように、作品自体あるいは書いている人をひっぱりあげるような意見は、なかなか出せませんが、みんなで高め合っていこうという雰囲気で、とても良かったです。安心しました。

あとは、今日の意見を参考に書き直し、31号に投稿。充実の31号が出せますように。関西の「プレアデス」、世代交代したみたいだけど、それはそれでおもしろい作品がのってるよ、やっぱり元気のある同人誌だよね、と……書き手や編集さんたちの間で話題になるよう、がんばりたいです。

今期も私はプレアデスの会計係で……昨晩は、会計報告書を作成したり、会計ノートや領収書の準備をしたりで、寝たのはほぼ朝でした。夜行バスでのお墓参りの後ということもあり、続く寝不足でぼ〜としたまま参加した会でしたが、みなさんの熱気とやる気に、ばしっと目が覚めました。帰宅した今は、頭がふわふわしてて、気持ちがいいです。さすがに今晩は、ゆっくり寝よう。
[PR]
by honnara-do | 2009-10-25 22:26 | もの | Trackback

みかんの町

愛媛に、お墓参りに行ってきました。
二年ぶりです。そろそろ行かなきゃね、年内に行きたいね……などと、姉と話していて、それなら気候のいいうちにということになり、急遽決まりました。
時間もお金も節約の、強行突破の旅でした〜20時までアルバイトしてから、22時の夜行バスの乗り、朝6時に愛媛の宇和島着。お墓参りをすませて、その日のまた夜22時に夜行バスに乗り、今帰ってきました。夜行バスで二泊は身体がきついけれど、時間もお金も、これだと半分ですむ!
そして、このまま今日も12時からアルバイトに行きます。もつかな体力……

さて、うちのお墓があるのは、宇和島からさらに電車に乗って少し行く「吉田」というところです。
無人駅で、コンビニもないようなところ。みかんの産地で、あっちもこっちもみかん山。電灯もみかんです。
a0134889_7294456.jpg
a0134889_7295986.jpg

[PR]
by honnara-do | 2009-10-23 07:31 | もの | Trackback

ハノイ・ビール

今日は、アルバイトが終わってから、Nちゃんと千里中央まで行きました。Iさんが新しいお店を始められたので、そこに伺うため。
新しいお店は、帽子屋さんです。帽子の似合うNちゃんは、かわいい刺繍入りのベレー帽を、帽子の似合わない私は、お友達にプレゼントするニット帽を……それぞれ購入しました。二人とも、いいのが見つかりました♪ すてきな帽子との出合いは、お洋服との出合いよりも、ドラマティックな気がしました。

その後、せっかくなので、千里中央で夕ご飯も食べて帰ることにしました。
ベトナム料理のお店(お店の名前は、忘れてしまいました。ヤマダ電機の上のレストランフロアー)で、生春巻きとココナッツ・チキンカレーを食べました。ココナッツ・チキンカレーは、エスニックフードにしては、マイルドなお味でした。美味しかったけど……私は、もう少し辛くてもいいなと。ココナッツ・チキンカレー大好き☆奥が深いです。
ベトナムのビール「ハノイ」というのも、頂きました。ちょっと甘めでした。ビールも、私はもう少し辛口が好き〜 アサヒのスーパードライがやっぱりナンバー1!
ビールには、ちょっと不満が残りましたが、まあ、Nちゃんとゆっくりお話出来て良かったです。

a0134889_23391063.jpg

[PR]
by honnara-do | 2009-10-19 23:39 | お店 | Trackback

ナスのトマトソース

たまにものすごーく食べたくなるもの。それは、もう十年以上お世話になっている(アルバイト生活長いですから☆)パスタ屋さん(梅田にある HEP FIVE 7F ペルコラ)の、ナスのトマトソース・スパゲティーです。
数種類の野菜を煮込んで作る自家製トマトソースは濃厚で、他にない味。このトマトソースには、ナスがよくあうのです!これを食べたくて、通って下さる常連さんもたくさんおられます。

今は、週に一回だけここでアルバイトさせてもらっています。秋はナスが美味しいので、ものすごーく食べたくなり、先週のまかないでいただきました〜
a0134889_19414437.jpg

[PR]
by honnara-do | 2009-10-18 19:41 | もの | Trackback

どくろ2

20代、私は小劇場の劇団で、脚本を書かせてもらっていました。その劇団「新天地」で、いろんなことを教えてくれた浅野彰一さんの舞台、「どくろ2」を観てきました。

「新天地」の時、それから私が自分で立ちあげた劇団「ソノラ」の時にもお世話になった役者、かめだこうじさんも出演されていました。浅野さん、かめださんの舞台……とてもとても楽しみでした。
初日に観に行ってしまいました。会場に入るまで知らなかったのですが、席が一番前の列のどセンターでした。前で観るのが好きな人には、超☆嬉しい席。でも、そういう席が苦手な私は、わがままを言って後ろの席に変更してもらいました。いっしょに行くことになっていたお友達が急に来られなくなった事もあり、一人だったし、勇気がなかったのでした。前の席を空けてしまったのは、すごく申し訳なかったです。でも、後ろに変えてもらって、落ち着いて観ることが出来ました。演劇も映画も、後ろのセンターから観るのが好きです。

さて、浅野さん演じる十兵衛は、学ランにちょんまげという斬新な人物です。(笑)各シーンおもしろくて見応えがあり、時間が許せばもう一度観たいなあと思いました。観劇後、こちらの体温も上昇するような、熱い舞台でした。
浅野さん、かめださんが、舞台で頑張っておられるのを観たら、私も気合いが入りました!
「どくろ」は、三部作だそうです。完結編も楽しみです。
[PR]
by honnara-do | 2009-10-17 22:33 | 演劇 | Trackback

児童書の世界でも、文庫が増えてきています。
かばんに入れやすいサイズで、価格も手頃。とにかく手にとりやすい。本屋事情まで考えれば、限られた書棚スペースにも、小さいからたくさん並べられるという利点もあるのでしょうか。
各出版社が、それぞれ工夫した楽しい文庫シリーズを、どんどん広げています。

最近、二冊の児童書文庫(角川書店と講談社の)を読ませて頂きました。

一冊は、師匠越水利江子先生の『恋する新撰組2』(角川つばさ文庫)
剣士になるのが夢という13歳の女の子、空ちゃんが新撰組と出会う物語です。
空ちゃんは、近藤勇の妹という設定で、沖田総司に恋をします。これだけで、新撰組好きには、もうどきどきの内容♪この2巻では、空ちゃんと総司の距離は、ぐぐぐっと近づきます。胸キュン☆
総司のことは、わたしが守るんだと、泣きながらも心に誓う空ちゃんは、けなげで強くてまっすぐで、本当にいい子。かわいいです。
新撰組や時代背景も、ていねいにわかりやすく書かれていますので、勉強になります!3巻も楽しみ♪

二冊めは、服部千春さんの『ここは京まち、不思議まち』(講談社青い鳥文庫)です。
京都へ越してきた愛香は、小学5年生。おじいちゃんのところに、少しの間、お世話になります。おじいちゃんは、商店街で花屋&喫茶店を営んでいます。その商店街にある不思議堂というお店。その店主のおとめさん、商店街を守る猫たち。おぼこさん……担い手……。次々と「それ、何?」と気になるものが出てきて、あっという間に読めてしまいました。

私も、文庫デビューしたいなあ。

a0134889_222831.jpg
a0134889_22324451.jpg

[PR]
by honnara-do | 2009-10-15 22:28 | | Trackback

キンモクセイ

どこかで、キンモクセイの花が咲いています。
私は、この花の香りが苦手。
子どもの時に、歯医者さんで処方された粉薬が、なぜかキンモクセイの香りだったのです。
歯医者さん=嫌い。粉薬=嫌い。そして、キンモクセイ=嫌いとなりました。
花好きの私が、唯一苦手な花かも。
[PR]
by honnara-do | 2009-10-14 21:08 | もの | Trackback

ヴィヨンの妻

大事に育てたのに、先日故障してしまったi podを、何とか保証期限内に直そうと、あたふた。
やっと購入したお店(ヨドバシカメラ)に行く時間が出来たのに、そこ(ヨドバシカメラ)では修理していないそうで、けっきょく心斎橋のマックビルまで行きました。
そこでも、予約していないとみてもらえず……「じゃあ、予約します」と言ったものの、その日の予約がとれた時間は、なんと夕方17時45分でした。マックビルに行ったのは、14時前です!
待てない〜と思い、一週間後を希望したら、予約は三日先までしかとれないと説明されました。つまり三日以内に来いってことですが……無理です、仕事でいっぱい。
仕方なく、その日の17時45分まで、時間をつぶすことに。

こんなことになるなら、読みたい本とか読まなくちゃいけない原稿とか、あれもこれも持ってくるんだったと後悔しました。で、うんと後悔してから、気持ちを前向きにして、映画を観に行きました。
藤原竜也くんの「カイジ」を観たかったけれど、満席でチケットSOLD OUTだったので、二番目に観たいなと思っていた「ヴィヨンの妻」にしました。太宰作品の映画化です。松たか子さんが、すてきでした。この映画は、ダメ人間の小説家の物語のようですが、そうではなく、ダメ人間の小説家である夫にとことん寄り添う妻……彼女の生き様の物語でした。松さんの、補正なし(たぶん)の、生活の中の着物姿が色っぽかったです。ずどーんと寸胴じゃなく、ウエストがくびれていて、ちょっと着崩れていて、おしりが目立つような着方でした。
二十代では太宰に憧れたりもしましたが、今は彼のような男は絶対に嫌!どんなに苦しくても、地を這いながらでも、生きようとする姿こそ美しいと、思うようになったからです。

さて、i podは、ただフリーズしていただけでした。カウンターの親切なお兄さんに、i podもパソコンと同じく、フリーズするのだと教えてもらい、再起動してもらったらもと通りになりました。何時間も時間をつぶしたのに、な〜んだって気がぬけちゃいました〜
[PR]
by honnara-do | 2009-10-12 21:51 | 演劇 | Trackback