大事な人が

大事な人が、逝ってしまいました。かけがえのない友人でした。
二十代の私の血と肉は、彼に大きく影響され、今も私の身体におさまっています。

「ちょっと、待ってよ。いなくなったら、さみしいやんか」ともんくを言いたい。「へへ」と彼は笑うだろうか……それとも「ごめんな」と哀しい顔をするだろうか。
もう叶わないとわかっていても、「戻ってきてよ」と思ってしまいます。一緒に飲もうよ。ビール飲もうよ……って、声をかけたいです。
彼はもうこの世にいないはずなのに、訃報を受けてから、ものすごくそばにいるような気がしてなりません。それで、よけいにさみしいです。この気持ち、どうしたらいいのか……うまくコントロールが出来ません。感情が高ぶっているせいか、手が震えてしまう。不思議と、まだ涙は一滴も。
泣けたら楽なのかもしれないけれど、みんなに連絡するとか、いろいろあるから。まだ泣けない。
[PR]
by honnara-do | 2010-02-25 05:42 | もの | Trackback

『七頭の盲導犬と歩んできた道』(学研)を読ませてもらいました。大阪の児童文学作家・沢田俊子さんの新刊です。
日本初の女性盲導犬ユーザー戸井美智子さんの、45年にわたる七頭の盲導犬たちとの物語。

沢田さんはこれまでに『盲導犬 不合格物語』『引退犬 命の物語』(共に学研)を出版されています。これは、沢田さんの盲導犬ノンフィクションの三冊目。盲導犬の歴史もよくわかります。
盲導犬が初めて日本に誕生したのは1957年。アメリカなどでは、すでに盲導犬が活躍していたというのに、日本ではやっと塩屋賢一さんが訓練したチャンピイ一頭が誕生しただけでした。
その塩屋さんから、主人公の戸井さんはオディーをもらい受けます。それは1964年の事だったそうです。チャンピイ誕生から8年の歳月がかかっています。さらに、盲導犬を連れて電車に乗れるようになるまでにまた何年もかかり、その後、バスやタクシーにも乗れるようになりますが、その歴史はひたすら待ち、待ち、待ち。ホテルや飲食店には、盲導犬を連れてなかなか入れなかったそうです。身体障害者補助犬法が施行されたのは、なんと2002年の事でした。(覚えています、ごく最近の事でしたよねえ)
私も、幼い時から(盲導犬ではありませんが)犬をずっと飼っています。私ももう何頭の犬と過ごしてきたでしょうか。犬がそばにいなかったら、乗り越えられなかった事がいくつもあります。
つらくて誰ともしゃべりたくなかった時に、ただ犬は黙ってそばにいてくれました……さみしくて泣いていた時にも、犬はそばにいてくれました。どんなに癒され、救われてきたか。盲導犬のかわりをもっと人間がするべきとか、あるいはこの先機械が出来るようになれば(盲導犬は)いらなくなるとか、そういう意見もあるようですが、私は盲導犬というものは特別で、目の不自由な人たちにとって、とても大切な存在だと思います。
作者の沢田さんは、最後に「あなたのランプの灯を、いま少し高くかかげてください。見えぬ人々の行く手を照らすために。」というヘレンケラー女史の言葉を引用し、自分のことだけではなく、まわりを見まわすことで、わたしたちにできることは、何かないでしょうか?どんなことならできるのか、お友だちや家族のかたと話し合ってみてください……と書かれています。
この一冊の本が、盲導犬の歴史を、さらに良い方向へ切り開いていきますように。
a0134889_2348132.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-02-21 23:48 | | Trackback

母の病院、付き添いの日でした。
帰りに、千鳥橋の商店街にある「ふたば食堂」で、中華そばを食べました。昭和にタイムスリップしたかのようなお店で、中華そばも素朴なお味でした。
a0134889_2325023.jpg

お店のおばちゃんとお客さんのレジでの会話……めっちゃくちゃ大阪ぽかった(笑)
お客さん「はいどうぞ、5000万円」
おばちゃん「じゃあ、おつり、4000万円と○○万円」
何で万円つける!お客さんもお客さんなら、おばちゃんもおばちゃんです。ちなみに、中華そば一杯580円のお店でございますよ。

「本の時間」3月号(毎日新聞社)が発行されました。私は、今回も連作短編を書いています。今回は「なみだシロップ〜み乃里の話」です。
今月号も盛りだくさんの内容です。恩田陸さんとか町田康さんとかの連載もアリ。本屋さんで無料で配っているなんて……とっても贅沢な雑誌です。
毎日新聞に申し込んで、送ってもらっても年間たったの1000円とお得です〜◎
[PR]
by honnara-do | 2010-02-18 23:13 | もの | Trackback

チョコロールケーキ

バレンタインですね。
わたしは、姉がチョコロールケーキを一本買ってきてくれました。家族で少しずつ切っていただきました。阪神百貨店のアンテノールのだそうです。とろっとかかったチョコクリームにときめきました☆

a0134889_22235130.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-02-14 22:23 | もの | Trackback

ひどい顔

アルバイト先の人に「大丈夫か?」と言われてしまいました。
顔色が悪くて、目が腫れていて、たぶん顔がむくんでいて、今日の私はひどい顔だったみたいです。
鏡をじっくり見る余裕もないままアルバイトに行ったので、気がつきませんでした。
いつも通りのつもりだったのに、するどいなあ。

アルバイトといえど、接客業たるもの、ひどい顔ではいけませんねえ。気をつけなければ。
[PR]
by honnara-do | 2010-02-13 22:51 | もの | Trackback

じゃま

うちの猫、ララは、かまって欲しがりです。つねに「かまって、ねえねえ、かまって」と自分の存在をアピール。
今日も電話をかけていたら、横でにゃーにゃーうるさい。無視して、なおしゃべっていたら、大事な「プレアデス31号」をかじられました。(涙)紙をかじるのが、生き甲斐なのです。
ご飯を作っていると、足にまとわりついてきて、熱いお鍋などを持っていると大変危険ですし、パソコンをうっていると、遊んで欲しくてわざとキーボードの上を歩く。とってもじゃまです〜
けど、かわいいから許してしまう。過保護なせいで、猫のくせに、ちっとも一人でいるのが好きじゃないの。カゴにいれてみても、すぐに出てきて、くっついてきます。
a0134889_2583981.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-02-13 02:58 | Trackback

これぐらいなら

今日は、ちょっと温かくて、ほっとしました。
これぐらいなら耐えられる……。

でも、このまま順調に春にはならず、また寒くなるのだと思うと、悲しくなります。
春よ、早く来い〜

スーパーには、もう緑のお豆や、菜の花が並んでいますねえ。
豆ご飯大好きです。
[PR]
by honnara-do | 2010-02-10 00:57 | もの | Trackback

あまいもの

空腹でスーパーに食材を買いに行くと、あまりよくないそうです。
確かに、お腹が空いているせいで、あれもこれもと思ってしまい、いらないものまで買ってしまう。
今日は、「あまいもの」が食べたいなあ〜と思いながら、スーパーに出かけた。そうしたら、やっぱりたくさんあまいものを買ってしまいました。反省。食材の買い物は、あめ玉でもなめながらするのがいいとか。

それで、買ってしまったもの。
おまんじゅう、バニラアイス、りんご、みかん缶、ヨーグルト、懐中しるこ。普段は、この中の一つぐらいしか買いません。ゆっくり食べようと思います……
[PR]
by honnara-do | 2010-02-08 22:15 | もの | Trackback

メンテナンス

ずーっと整骨院もマッサージも行ってなかったのですが、ついに限界を感じて、行ってきました、マッサージ。(たぶん数ヶ月ぶり)
「思いっきり強くお願いします」とリクエストして、最強で指圧してもらい、夜はピップエレキバンをはりまくって、早めに寝ました。これが、わたしの体のメンテナンスです。マッサージ+ピップ+睡眠。

朝、起きたら、両肩が軽くて頭もすっきり。やっぱり効きました!

今日は、一日書くぞと決めていた日でした。はかどりました〜
[PR]
by honnara-do | 2010-02-06 23:50 | | Trackback

厄除け饅頭

またまた厄年なので、厄除け饅頭を食べました。
紅白で入っていたのだけれど、白いほうは父と母にあげました。紅を姉と半分こ。白は黒あん、紅は白あんでした。気持ちのもんでしょうが、これで安心◎

a0134889_23545842.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-02-04 23:55 | もの | Trackback