「ろくでなし啄木」

藤原竜也くんの新しいの舞台が決まったそうです。
歌人・石川啄木の素顔に迫る文芸ミステリーですって。タイトルは「ろくでなし啄木」作・演出は、三谷幸喜さん。共演は、中村勘太郎さん、吹石一恵さん。

おもしろそう。勘太郎さんも出はるし、三谷作品だし。
でも、大阪の公演はないみたい。最近、東京・埼玉あたりだけの公演が多いな〜
[PR]
by honnara-do | 2010-07-28 07:10 | 演劇 | Trackback

満月

今宵は満月ですねえ。
昨年の9月に、毎日新聞の大阪本社版に連載させてもらった「つきよ、ぎく」というお話が、一冊の本になります。来月の満月の頃には、もう発売されている予定です。
タイトルは『ゆうたとおつきみ』、くもん出版から。
イラストは、宮尾和孝さんに描いていただきました〜
発売日が決まったら、またお知らせしますね。
[PR]
by honnara-do | 2010-07-27 00:56 | | Trackback

どくろ3 パンドラの匣

小劇団時代に、とてもとてもお世話になった浅野さんの舞台が、もうすぐ大阪であります!
このブログでもお知らせした事がある「どくろ」の完結編☆パワーあふれるお芝居です。

日替わりゲストで、6日は、わかぎえふさんが出演されるそうですよ。

「どくろ3 パンドラの匣」
2010年8月6日(金)〜8日(日)
@ ABCホール

料金=【一般】前売/3500円 当日/4000円 《税込・全席指定》
   【学生】前売・当日2000円(当日要学生証) 《税込・全席指定》※学生割引チケットはあさの@しょーいち堂オフィシャルWEB予約(シバイエンジン)※未就学児童の入場はお断りしております。
8月6日(金) 19:00
8月7日(土) 13:00 / 18:00
8月8日(日) 15:00
詳しくは→http://shoichido.com/pg440.html
[PR]
by honnara-do | 2010-07-23 18:48 | 演劇 | Trackback

朝顔

7月2日に種をまいた朝顔。
育ってきました。つるを巻くための棒もたてましたよ。
花はいつ咲くかなあ。
a0134889_23125130.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-07-21 23:12 | もの | Trackback

連休はほぼ仕事でしたが、一日だけお休みにして、お芝居を観に行きました。関西芸術座さんの公演で、あの三島由紀夫の「サド公爵夫人」を。
チケットを頂いたのです。杉江美生さんがルネ(サド公爵夫人)役だったのです。杉江さんは、関西芸術座の役者さん。かつてわたしがしていた劇団、ソノラの公演にも出て下さいました。

好きな戯曲なので、期待大☆で足を運ばせて頂きましたが、さすが関西芸術座さんの公演でした。期待を裏切らない、いや、それ以上でした。難しい長ゼリフを、まあ、お見事に!迫力ありましたよ。大がかりな仕掛けがある訳でもなく、ただ台詞×台詞のぶつかりあい。その迫力!
いやあ、いい舞台でした。

三島のサドには、この2月に突然他界してしまったKさんとの思い出があり、帰り道には、ふうーとセンチメンタルになってしまったのですが。

帰宅すると、「本の時間」8月号(毎日新聞社の文芸PR雑誌)が届いていました。
私のお話はこれで7回目、ついに最終回。「夜明けの姉妹」というタイトルです。今号も豪華な内容となっております↓
a0134889_0242265.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-07-21 00:24 | 演劇 | Trackback

『うたかたの日々』

岡崎京子さんの漫画『うたかたの日々』(宝島社)は、何年もわたしの書棚で眠っていました。
当時、本屋で平積みされていて、おもしろそうだと思って購入し、すぐに読んで「すてき」とため息をついたのですが、以後、書棚にしまったままでした。
静かに眠っていたようなその本を、昨夜、ふと読み返してみようと思ったのは、ほんの気まぐれです。

よかった〜!
読み返して、よかった〜!
昔、「すてき」とため息をついたのは覚えているけれど、あの頃はまだひよこちゃんでした。今の自分がそんなに成長したとは思えないけれど、あの頃よりは歳を重ねた訳で、だからこそか、昨晩すごく感動したのです。

ボリス・ヴィアンの原作。残酷さと無邪気さのバランスが危うくていいです。
莫大な財産を所有し、労働なんて馬鹿らしいと考え優雅に暮らす主人公コラン。その恋人でやがて妻となるクロエ。二人の暮らしは何不自由なくハッピーでした。コランの発した情熱の水蒸気が、小さなバラ色の雲になり、彼らをすっぽりつつんでしまうような幸せ。その雲は、中に入ると熱く、シナモンシュガーの味がしました。しかしクロエは、肺に睡蓮が巣食うという病に冒されてしまいます。そしてその病をきっかけに、コランの暮らしは、破滅へと向かっていきます。
幻想的な世界を、岡崎京子さんの感性で描いています。いいなあ。こういうの。
a0134889_21375845.jpg

岡崎京子さんは、家族と散歩中に交通事故に遭われ、今も休筆中です。一時は言葉を発するのも難しかったようですが、今はずいぶん回復されたみたいですね。岡崎さんのファンサイトをのぞくと、2010年。小沢健二さんのライブツアー「ひふみよ」5月24日中野サンプラザに、岡崎さんが来ていたという情報が。オザケンがライブのラストで泣きながら紹介したそうです。
[PR]
by honnara-do | 2010-07-17 21:36 | | Trackback

『フレデリック』

レオ・レオニの『フレデリック』(谷川俊太郎・訳)は、姉の影響で手にした絵本です。
短大生だった姉は、授業の教材として先生が紹介してくれたこの絵本に感動し、すぐにわたしに教えてました。その時、わたしはまだ小学生でしたが、姉は丁寧に、ちいさな妹に『フレデリック』を作品分析してくれました。そしてわたしは、小学生ながらに、この絵本に感動したのでした。

みんなが一生懸命働いている時に、ぼーとして働かない一匹。
ちょっと かわった のねずみの はなし です。

大人になった今、この絵本に、たまに救われます。せかせか、ぎゅうぎゅうした日々の暮らしに疲れた時、今日はフレデリックになろうと思って、お休みします。いつ寝てるの?いつ書いてるの?とよく聞かれる生活。休むのは罪悪と考えてしまいがちなので、『フレデリック』はいい言い訳というか、逃げ場というか。
ここ数日頭痛がひどいし、あー、もうお休みお休み!って。
一日ごろごろしながら、家中の絵本をひっぱりだしてきて開いてみたり、漫画を読んだり、テレビを観たり、公園の木々のみどりを眺めたり、スピッツを聞いたり。
さぼったんじゃありませんよ。何もしていないようで、心にカラフルな光を集めているのです。こんな日も大切◎
a0134889_2495734.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-07-14 02:50 | | Trackback

つかさん

つかこうへいさんまで、この世を去ってしまった。嘘でしょ。まだ62歳だなんて、若すぎる。
つかさんの舞台、まだまだ観たかったです。

熱海殺人事件、蒲田行進曲、幕末純情伝、広島に原爆を落とす日、寝取られ宗介、二代目はクリスチャン など。どれも感動をもらったお芝居でした。
[PR]
by honnara-do | 2010-07-12 11:09 | 演劇 | Trackback

風野潮さんの連載

「プレアデス」同人の人気作家☆風野潮さんの新連載が、7月1日から朝日小学生新聞で始まっています〜
三ヶ月間の連載だそうです。

タイトルは、『竜巻少女〜トルネードガール〜』

野球少女のお話ですって。おもしろそう。
潮さんのスポーツものは、スポーツ好きにはもちろん超楽しく、スポーツ苦手&あまり興味なしさんも、なぜか楽しめてしまうのですよ!タイトルもすてき。
[PR]
by honnara-do | 2010-07-09 23:24 | | Trackback

ごそごそと後藤さんに頂いたお葉書を出してきて、ながめています。
青いインク、万年筆の文字。
私などにも丁寧に、いつもお葉書を下った後藤竜二さん。お亡くなりになったなんて、まだ信じられません。

私は「季節風」の幽霊同人です。そのうち色んな余裕が出来たら、投稿も合評会もと思っていました。後藤さんにも、お会いしたいと思っていました。そのうちそのうちは、いけませんねえ。
勝手なもので、後藤さんはまだまだお元気で、これからもご活躍と思い込んでおりました。ショックです。

脳出血とききました。
去年、倒れたうちの父も脳出血でした。ついさっきまで元気に笑っていたのに、それは突然にやってくるのです。もし高血圧の方がいらしたら、必ず血圧のお薬をのみ、まめに血圧を測り、無理をせず、ストレスをためないように心がけて下さい。このところ、哀しいお知らせが続きます。もうしばらくは訃報は耳にしたくないです。
[PR]
by honnara-do | 2010-07-07 14:42 | もの | Trackback