後藤竜二さん

後藤竜二さんのお別れ会のため、東京に行っていました。

会場となった早稲田のリーガロイヤルホテルには、全国から400名近い方々が集まりました。あさのあつこさんがおっしゃいましたが、後藤さんは仲間の事となると「すぐに、お祝いしよう!」と、受賞パーティーや出版記念会の開催にのり気になるのに、自分の事となると「いい、いい、いらない、いらない」と、いつも断ったそうです。
りっぱな会場にあんなにもたくさんの人が集まって、きっと会場に来られていた後藤さんは、照れ笑いしてはったかな。でも、たぶんすごく喜んでおられたと思います。

那須正幹さんが、「戦争で必死にどんぱちやっていて、ふと気がつくと、隣りで同じように闘っていた戦友が、玉に当たって倒れていた。そんな感じ」だと後藤さんの死を語られました。
後藤さんは、子どもたちのために、正面きって社会やその他のさまざまなものと闘ってらした。
あの日、会場に集まったみなさんが、後藤さんの意志を受け継いでやっていこうと心に誓われたのではないでしょうか。作家、画家、編集者、研究者など、児童文学に携わる多くの方々、そして読者……が、胸に熱いものを抱いて帰られたのではないでしょうか。
それを見届けた後藤さんは安心して、やさしく微笑まれた気がします。
[PR]
by honnara-do | 2010-11-26 15:04 | もの | Trackback

今日は、アミーニの教室の日。「絵本のための創作講座」の2回目でした。

「起承転結」の話をしました。
でも、高橋源一郎さんとブリコラージュの話をしたり、宿題だった日記をみんなで読んだりしました。絵本のための創作講座であっても、絵本ばかり読んでいては発展がないと思うので、小説や映画の話もどんどんしていこうと思っています。

そして、めざすは楽しい講座。「上手く書けないから」と言って受講される方が多いのですが、まだ基礎の講座ですし、とにかく楽しくやりたい。書くおもしろさを、うんと味わってもらいたいです。
「上手く書けなくて」と話し始める方の顔は、眉間にしわがよっていて、とても自信がなさそう。思わず、「そんな顔しないで、楽しく書きましょう」と声をかけます。

親ばかじゃないですが、生徒のみなさん、とても個性的で才能があるんです。
まずは自信をもって、書いていってほしいです。
これから少しずつ創作課題にチャレンジしてもらいますが、どんな作品が出てくるのか、今からすごく楽しみです◎
[PR]
by honnara-do | 2010-11-20 19:38 | もの | Trackback

宮下恵茉さんの『チャムアップビーズ!①クローバーグリーンで友情復活!』(フォア文庫)を、読ませていただきました。

女の子が〈ぎゅーっとつまった〉お話です!
女の子が大好きな〈かわいい〉が、いっぱいちりばめられていて、とっても楽しい。そして女の子の悩みが〈リアルにきちんと〉入っていて、ぐんぐん読んでしまいます☆

すみれが誕生日にもらった、お父さんのおっさんケータイ。
だっさーいと思っていたのだけれど……ええっ、クローバーのビーズチャームをつけたら、大変身!?パールグリーンのかわいい携帯電話になっちゃった。うさんくさい関西弁のパンダ(シャルル・ミラクリーヌ1世)があらわれて、使い方を教えてくれる不思議なケータイ。

そのケータイを通じて、すみれはモッチと名乗る子とメル友に。
今回は、幼なじみのミイナと女子のややこしいグループ問題について。モッチが何者なのかは、次号につづくみたいです。気になる〜

明るくて元気なすみれが、いいです◎まっすぐで◎

小学校中・高学年向き。
a0134889_0324536.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-11-19 00:32 | | Trackback

オープン!

姉のエステ・サロン、ついにオープンいたしました!
昨日は、お披露目会でした〜

店内はこんな感じになりましたよ。
◎メークアップ・ミラーです。わくわくするようなお化粧品がずらり。
a0134889_20163092.jpg

◎入ってすぐのソファーです。かわいいと好評の北欧風。
a0134889_20184583.jpg

◎私が頑張って作ったベランダ・ガーデンです。ラティスと玉砂利で、イメージ通りになりました☆
a0134889_20211620.jpg

a0134889_20214320.jpg

◎エステのベッドです。ここでスチームをあてたり、マッサージしたり、お手入れをします。
a0134889_20261420.jpg


くつろいで頂けるいいお店になりました。姉は十三年のキャリアがありますから、腕も確かだし、あとはここを気に入って、お手入れに通って下さる方が一人でも多くなりますように……。
[PR]
by honnara-do | 2010-11-14 20:29 | お店 | Trackback

「ゆずゆずきいろ」

私の新刊、『ゆずゆずきいろ』(ポプラ社)が出ました。

クリスマスパーティーの代わりに入ったゆず湯。
初めはつまらないと思ったけど、ゆずのやさしい香りに心も体もポカポカ! 
楽しくなって、不思議なことが・・・。

親子で楽しめる冬至のゆず湯のおはなしですよ!

絵は、石井勉さんです。かわいくて、とっても楽しい一冊になりました。

「とれたての ゆずを おふろに たくさん うかべたら、あったかい まほうの はじまりです。」という帯のコピーが、お気に入り◎
ちなみに、このブログ左横のライフログから、アマゾンのネット書店につながります〜
a0134889_2084286.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-11-07 20:04 | | Trackback

『桜石探検隊』

風野潮さんの『桜石探検隊』(角川学芸文庫)を、読ませていただきました。

潮さんの御本はどれも、読み終わってページを閉じた後に、ほっと心が落ち着きます。心の深ーいところを、落ち着かせてくれるような感じ。
登場人物みんなの気持ちが、ラストには気持ちいいところにおさまって、ああ良かったという安心感があるからかも。

この『桜石探検隊』もそんな感じで、主人公の剛くんの笑顔で終わる安心感に、こちらもほわっと心がほぐれました。

この剛くんが、とてもいいキャラで、かわいいんです。金石剛(かないしごう)なんて強そうな名前だけれど、とても気が弱い男の子。趣味は石集めです。いっけん地味な趣味のような石集めが、転校生の元気な少女あずりの登場によって一変、わくわくするような探検になります。石は、川原や山にひっそりと隠されている宝物。鉱石採集は、そう、宝探しなんです!
さて、タイトルになっている桜石はどんな石なんでしょうか?他にもたくさん珍しい石が出てきます。こども鉱物館監修、ちゃんと鉱物の知識も身につくお話ですよ。

絵は、よこやまようへいさんです。
a0134889_19485332.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-11-06 19:48 | | Trackback

こほこほ

風邪ひきました。
咳の風邪です。こほこほ。

仕事は山積み。

ミイラ生姜紅茶、飲もう。

こほこほ。
[PR]
by honnara-do | 2010-11-05 21:03 | もの | Trackback

すんなり

すんなり書ける作品もあれば、何度書き直してもうまくいかない作品もあります。
何度書き直してもうまくいかない作品が駄作かといえば、決してそうではなく、大きな何かを秘めていて、それがうまく表現出来ないだけで……。
そういう作品が一つありまして、もうかれこれ何年も何回も試行錯誤しておりまして。その間に、すんなり書ける作品はするっと仕上がって、本になったりしているというのに。

あきらめちゃうか?
いーや、絶対あきらめたくないのです。

という訳で、書いています。
[PR]
by honnara-do | 2010-11-03 21:08 | もの | Trackback