<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

『シアター!』

『シアター!』(メディアワークス文庫)を読んでいます。有川浩さんの。
おもしろいです◎オススメですよ、特に小劇場を愛する人たちに。

友人のススメで今さらながら『阪急電車』を読み、これは二冊目有川さん。
有川さんについては、名前だけを先に知り、まず彼女を男性作家だと勘違いしていたところから始まり、文章も甘ったるいのだろうと想像していたのです、勝手に。でも、読んでみて驚き。気持ちのいい有川節にはまりましたー。電撃文庫出身の作家さんなんですよね、納得です。エンタメのパワーはすごいなあ。
[PR]
by honnara-do | 2011-01-27 08:02 | | Trackback

赤ペンと髪の毛用のゴム

先日、断舎利の事を書きました。私はものはなるべく少なく、消耗品だってそんなにストックしておかない派です。でも、いくつも用意しておかないと不安なものが、二つだけあります。それは、赤ペンと髪の毛用のゴム。この二つは、なぜかすぐになくしてしまうのです。で、ないと絶対に困るものだから、いくつも用意しておく。

赤ペンは、原稿を校正する時の必需品。髪の毛用のゴムも、ロングヘアーで、しかもアルバイトで食べ物を扱う私には必需品。大切なものなのに、なぜすぐになくしてしまうのか……。
まったくだらしない人間なのですよ。

さて、明日は絵本のための創作講座アミーニの講座です。起承転結などのお話をした基礎講座は、明日でおしまい。2月からは、実践講座が始まります。実践講座のテーマは「いろいろ書いてみよう」です。
大学時代に恩師川村たかし先生の創作の授業で、児童文学の枠にとらわれず、短歌や俳句、エッセイ、シナリオまで幅広く「文学」を学び、書いてみたという体験は、今では私の宝です。だから、アミーニの生徒さんたちにも、その体験をしてもらえたらと思っています。
興味のある方は、ぜひどうぞ→http://amini.jp/ehonkouza.html#jyoukyu
基礎から続けて受講して下さる方もおられるし、新規の方の申込みもあるようです。少人数の講座ですので、定員をオーバーした場合は、キャンセル待ちになってしまいます。迷っておられる方はお早めに申込みをー。
[PR]
by honnara-do | 2011-01-21 23:12 | もの | Trackback

ブーケ

母のお誕生日でした。

花が好きな人なので、今年もブーケをプレゼントしました。紫のスイートピーがかわいかったので、それを中心にアレンジ。
a0134889_4274941.jpg

[PR]
by honnara-do | 2011-01-20 04:27 | もの | Trackback

打ち合わせday

昨日は、前々から決めていた打ち合わせdayでした。
編集さんに「この日は電話、つながりますから」と事前にお伝えし、かけてもらったり、私からかけたり。そうして、お渡ししてあった原稿について、意見を頂いたり、私からご提案したり。

お昼間、家にいる事が少ないので……書く仕事の打ち合わせを、電話でする事が難しいのです。
ほとんどメールで事足りるのですが、やはり直接話すのも大事◎

心配していた読書感想文用にお話は、ほとんど訂正なしで採用されました。小学校の先生の審査も入るという事だったので、どきどきしていたのですが。細かい訂正は、今メールでお送りしたし、これで一安心です。絵本用の原稿は、もう少しこうしましょうという方向が決まったので、あとは書き直しです。書くお仕事は……まず書く→読んでもらう→意見を頂く→アイデアを出す→書き直す→再び読んでもらう……の繰り返しなのですよね。さあ、がんばろうー。
[PR]
by honnara-do | 2011-01-19 08:24 | もの | Trackback

好きなもの

11時間おしゃべりした親友Jが、「断捨離」の話をしてくれました。
その本は読んでいないので、はっきりはわからないけれど、私はたぶん十年ぐらい前から「断捨離」を実行してのだと思います。
一つ買ったら、二つ捨てる(二つ捨てるのをためらってしまうのなら、一つも買わない。そのもともと持っている二つを愛して使う)を、もうずっとやっています。始まりは整理整頓が苦手なので、それなら物を増やさないでおこうという気持ちから。
余分な物をいっさい持たず、死後も人に後片付けという事をさせずにすんだ祖母と、それから今、年をとって整理が出来なくなり、部屋中が物であふれかえっている母とを見て、色々思うのです。私の性質は母側でしたが、祖母のようにありたいと考えるようになって、変わりました。
祖母が残した数少ない物たちは、どれも祖母がいつも大事に身につけていた物であり、使っていた物でした。遺品となったそれら一つ一つには、私たちにも祖母との濃い思い出がつまっていました。
このブログの記念すべき、初めての日記に書いた時計も、その一つです。
好きなものに囲まれて暮らしたい。本当に好きなものだけをそばに置いて暮らす……そんなシンプルライフをめざしたいです。

「日本児童文学」1−2月号が届きました。後藤竜二さんの追悼号です。大事にしまっておこうと思います。あ、そうそう、同人誌評に「プレアデス」が取り上げられていましたよ。今を生き抜いていく同人の勢いを感じる……とあり、手嶋ひろ美さん、ひさとみ純代さん、イケダユミコさん、そして私(楠章子)の作品についてコメントが。完成度が高いと一言書いてもらえるだけで、嬉しいもんですねえ。
プレアデスに掲載した「旅の薬売り・時雨物語」をまとめるのは、今年の仕事の一つであります。がんばろうー。
今日は、絵本のための原稿の直しをしました。今年からは、絵本にも力を入れていくつもりです。
[PR]
by honnara-do | 2011-01-13 23:26 | もの | Trackback

11時間!

イタリアにいる親友が、一時帰国しているので、会ってきました。
なんと11時間もおしゃべりしました!ガールズトークはエンドレスなのです◎
前日あまり体調が良くなかったのに、話はつきず……けっきょく昼ご飯→お茶に終わらず、夜ご飯もいっしょに食べてしまいました。のど痛くなったけれど、胸はすっきり。体力は消耗したけれど、元気出ました。

読書感想文用のお話、2010字バージョンで進める事になりました。
提案してみて、よかったよかった。
[PR]
by honnara-do | 2011-01-08 21:15 | もの | Trackback

お、こんな時間だー

読書感想文用の短いお話、書けました。
アイデア出しの〆切りが6日だったので、今年一番の仕事にしました。アイデアを書きだしていたら、お話に仕上げてしまいたくなり、一気に書きあげました。まあ、短いですしね。でも、こんな時間になってしまいました。朝5時……今年も私は夜型です。(苦笑)

1600字という規定だったけれど、ざっと書いたら2100字。規定なので1600字に削りましたが、2100字バージョンも担当さんに読んでもらおう。お話としてふくらみがあるのは、当然のごとく2100字です。

打ち合わせの時から、1600字では無理があるかも……という話は、もうお一人の作家さんからも出ていたのです。どうするかを決めるのは、担当さんですが、提案はしてみようっと。
短いものは、難しいー。
[PR]
by honnara-do | 2011-01-02 05:21 | もの | Trackback

花びら餅

食べ物の話ばかりですが、花びら餅を食べましたー。
白味噌の餡、そしてほんのり赤く見えるのは金時ニンジンの甘く煮たの、棒になっているのはゴボウを甘く煮たの。お正月の味です。
a0134889_140364.jpg

[PR]
by honnara-do | 2011-01-02 01:40 | もの | Trackback

ブリのお刺身

毎年恒例といえば……
大晦日は年越し蕎麦。元旦はお節とお雑煮。それから二日は、冷蔵庫にある残り野菜を使って、粕汁を作ります。で、粕汁のために、毎年大晦日にはブリと酒粕を買います。
今年はお花をいけるために梅田に出たので、近所のスーパーでなく、梅田の阪神百貨店でブリを買い求めました。阪神百貨店の魚は、安くて新鮮なんですよ。魚売り場のお兄さんが「捌いたばかりだから、お造りで食べられるよ。おすすめの食べ方は、大根おろしにわさびとしゅうゆやでー」と言うので、少しそうしてみました。そ、それが、めちゃめちゃ美味しかった!!!脂がのっているのに、しつこくなく、さっぱり食べられました。そして、新鮮なので身が甘かったです。得した気分◎

さて、年があけました。今年もどうぞよろしくお願いします。
デザイン、春っぽい色にしてみました。
[PR]
by honnara-do | 2011-01-01 02:51 | もの | Trackback