母が郵便物をどこかにしまいこんでしまうことが、たまにあって、大変困るのです。
物忘れは母のせいじゃないし、もちろん母に悪気はないのですが……。
先日、高橋秀雄さんからの郵便物が、ひょっこり出てきて、たまげました〜
茶封筒の中身は、高橋さんの新刊と拙作を紹介して下さったブログのコピーでした。
高橋さん、ごめんなさい!
今頃レビューです。

『わたしたち うんこ友だち?』(今人舎) 高橋秀雄・作 中谷晴彦・絵
高橋さんはじめての絵本です。
主人公のヒナちゃんは、学校のトイレでうんこが出来ません。
みんなに「くさい」って言われるのが、こわいのです。
だから、いつもうんこをがまんしていて、授業が終わると、急いで帰ります。
早く家のトイレで、しなくちゃ!

おならが出そうになって、だんだんおなかが痛くなってくる様子が、すごくリアルでした。
うんうん、こんな感じ。
こんな感じと思った私自身、そう、学校のトイレを使えない子どもでした。
ヒナちゃんと同じように、授業が終わると、あわてて帰ったな〜
私の場合、おしっこも出来なかったから、うんこなんて問題外でした。
ちゃんと出来るようになったのは、三年生ぐらいだったかな。
なので、ヒナちゃんの気持ち、すごくよくわかりました。
そして、同じような子、けっこうたくさんいるのかなと思いました。


このお話の終わり方、とても好きです。出来ないことをやってみる勇気の多くは、お友だちからもらうものかも。
a0134889_322296.jpg

[PR]
by honnara-do | 2013-01-27 03:02 | | Trackback

白雪ふきん

a0134889_23533751.jpg

かわいくてならないものが、お皿だったり、ふきんだったりするのは、おかしいのだろうか?
……と、ふと考える1月半ば。

だって、かわいいんだもん。白雪ふきん。
お気に入りは、大好きなちょうちょの柄と、りんご柄です。

白雪ふきんは、奈良のもとは蚊帳を作る会社で、その技術をいかして、今はふきんの会社。
ガーゼのふきんは、洗って糊をおとすと、すごくやらわかくなります。
おばあちゃん子だったわたしは、おばあちゃんが愛用していたもの(ガーゼのふきんと綿のてぬぐい)を、同じように愛用して暮らしています◎

今日は、お電話で編集さんと打ち合わせしました。
今年は、今のところ、連載のお仕事のようなサイクルの早い〆切ものはなく、数ヶ月で仕上げていくというお仕事が数本。マラソンを走るように、計画的にこなしていきたいです。
[PR]
by honnara-do | 2013-01-24 23:56 | もの | Trackback

『忍剣花百姫伝』

a0134889_051546.jpg
寒い! 今朝は、バケツの水に厚さ数ミリの氷がはっていました。
雪が積もっているところに比べれば、大阪の寒さなんて、たいしたことないんですが……。
寒さに弱いわたしは、今年もまた冬眠したいと心から思うのでした。

さて、ここ数日、ぬくぬくお布団の中で毎夜読んでいたのは、『忍剣花百姫伝』文庫版(ポプラ社)越水利江子・著 です。

ドリームスマッシュシリーズだった時に、すでに全て読んだのですが、今ふたたび文庫版を読み返してみると、とても新鮮です! 
文庫版のイラストはスカイエマさん、新鮮な要因はイラストにもあるのかも。何か二度もお得な感じ◎
文庫版には、各巻「解説」がついていて、これもお得なんです。その解説者が令丈ヒロ子さんだったり、ひこ田中さんだったりで、「解説」読みごたえアリ。
1〜4巻まで、読みました!!!
文庫版だと、大人読者も手にとりやすくていいですね。電車の中で読んでいても、平気(笑)
[PR]
by honnara-do | 2013-01-19 00:44 | | Trackback

あけましておめでとうございます。

少しずつ、ネットやメールでご挨拶できる方々には、お年賀状を出さないようにしています。
なので、ここをご覧のみなさま……ブログで失礼いたします。
今年もどうぞよろしくお願いいたしますね!!!

わたしは、元旦のこの時間から仕事をしていますよ。
おせちも(手抜きだけど)作ったし、掃除もまあまあしたし、アルバイトはお休みだし、元旦というのは、実にゆっくり仕事できるので、好き。

新年の初仕事は、けっきょく12月中に全部書けなかったレビューから〜。
『竜巻少女(トルネードガール)2・3』風野潮・著(講談社・青い鳥文庫)
 新メンバーをむかえ、ちょっとずつ前進中の野球チーム、メイプルスターズ。このまま、順調にいいチームに成長していくのかなと思っていたら、そうはいかないようです。
美少女エースピッチャー、理央に事件が……!
幽霊屋敷の魔女、老紳士と、また新しい人物も登場して、どうなるの(どきどき)の展開です!
2は、「うちのエースはお嬢様!?」
3は、「あのマウンドにもう一度!」
野球がまったくわからない私でも、楽しめる野球物語。いわゆるスポ根じゃないところがいいです。やっぱり尾身監督の存在は、とても大きい。
ああ、おもしろかったあ。
3巻は、いちおう最終巻でした。でも、まだこの先のメイプルスターズを様子を知りたいです♪
a0134889_4361987.jpg
a0134889_4355615.jpg

[PR]
by honnara-do | 2013-01-01 04:33 | | Trackback