<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

わたしの住んでいる地域は、そんなにお上品な地域じゃないですが、芦屋がそう遠くはないのです。
昨日は、息抜きに、芦屋川ぞいをぶらぶらお散歩。月末締切原稿は、きつきつですが……。
さすが芦屋は、優雅な空気が流れていました。桜も、ちらほら咲いていましたよ。いい気持ちでした。
a0134889_14593360.jpg

[PR]
by honnara-do | 2013-03-27 14:59 | もの | Trackback

お庭

母に喜んでもらおうと思って、小さなお庭を作っていますー。
物置、いや、ゴミ置き場になっていた場所……とりあえず、片付けました。
あとは、少しずつお小遣いの許す範囲で、いろいろ植えていきたいと思います!
a0134889_2144280.jpg

[PR]
by honnara-do | 2013-03-23 21:30 | もの | Trackback

球根も。

冬のうちに植えていた球根たち。
春をちゃんと感じて、芽を出し、花を咲かせようとしてる。
a0134889_2317391.jpg

[PR]
by honnara-do | 2013-03-22 23:18 | もの | Trackback

毎年咲く花

名前は知らないけれど、毎年、必ず春になると咲く花。冬も枯れずに、みどりの葉はそのまま。
何年も前に近所のスーパーの園芸売り場で苗を買って、何気なく植えたんだけれど、けっこうお得だったなあと思う春の日です。
今年も、ちょっとずつ咲いてきました。白い花です。
a0134889_2334229.jpg

[PR]
by honnara-do | 2013-03-21 13:49 | もの | Trackback

たまに

たまに、海を見たくなる。
たまに、大きなお風呂に入らなくてはならない。
面倒だけれど、そういう自分。
しかたがないので、面倒だけれど、いつもつきあう事にするのでした。
そろそろ、海にもお風呂にも行かなくては……。
自分に甘いなあと思います。
[PR]
by honnara-do | 2013-03-19 17:43 | もの | Trackback

ミツバチの羽音

今日、梅の木の下で、ミツバチの羽音を、初めて聴きました。
ブーン、ブーン、ブーン。
静かにしないと聴こえない小さな音、でも力強い音でした。
かなり感動しました!
[PR]
by honnara-do | 2013-03-15 19:09 | もの | Trackback

確定申告など

寒いー。
寒いと、やろうとした事の半分ぐらいしか出来くなるー。
根性なしですゆえ。
家の前の植木鉢に、三色すみれを植えようと思っていたけれど、中止です!
今は咲いている花が何もなくて、さみしいんですけど、こんな日に土いじりしたら、手が凍る。
でも、冬の始めに植えておいたチューリップ、ヒヤシンス、ムスカリさんの球根は、ちゃんと土から芽が顔を出し、すくすく成長しています◎
植物は、けなげで、えらい。

イカナゴ煮るのは、検討中。
どうしようかなあ。

お洗濯、一回目はまわしたけれど、二回目は中止。また明日ー。

確定申告は、今、行ってきましたあ。
書類作成も慣れてきて、すぐに終わりました◎
わたしの場合、収入が何箇所からもあるので、ややこしくて。初めて申告した年は、すごく時間がかかったのになあ。
一応、確認のために、毎年税務署まで行って書類提出していますが、この感じなら、来年からはパソコンでやっちゃっても問題ないかな。まあ、例年のやり方では対応出来ないくらいに、今年の収入が増えたら別ですが……(笑)
収入増は、もちろん目標ですが、不安定ながらも何とか食べていけてる事に、感謝◎
増どころか、減にならないように、頑張らなくちゃ!

両親の家の一階大掃除は、中止。

今日は、母のデイサービスでした。
今朝、母は「何時にお迎えが来るの?」と聞いてきました。
お迎えが来るのをわかっているという事は、前回のことを少しでも覚えているということです。
今までは、毎回「どこに行くの?」で、わたしと出かけるとばかり思っていたのに。
認知症でも、何度も同じ事が繰り返されると、少しずつ記憶出来るのです。
これは、時々びっくりする、嬉しい事実。
が、明日はまた忘れているかもしれませんが……ドンマイドンマイ。

夜は、書きます。
これは、さぼらずにやろうーっと。
[PR]
by honnara-do | 2013-03-14 17:16 | Trackback

ブーケ・ド・フリュイ

先日、同級生のAちゃんと、ホテルニューオータニでお茶しました。
ニューオータニのラウンジの紅茶は、Aちゃんのお知り合いさんのブレンド・ティーなんですって、それで。
とても美味しいお茶だったので、お土産にリーフを買ってきました。
「ブーケ・ド・フリュイ」というブレンド・ティ。
パパイヤ、パイナップル、ピンクペッパーが、入っているみたいです。
いい紅茶は、気持ちを優雅にしてくれます。ああ、幸せ◎

今日は、アミーニの講座でした。
一年かけて一冊絵本を作るコースの、文章チェックの日でした。
生徒さんがお一人、引越しするため、教室に通えなくなるそうです。
でも、FaceTimeで授業に参加してもらう方向なのです……すごい時代やあ。
[PR]
by honnara-do | 2013-03-10 23:23 | もの | Trackback

道具

i pad購入から、一週間。かなり育ってきました。
わからんながらも、何とかなるもんですねえ。

使ってみて、今、思うことは、けっこう便利な道具であるということ。
今まで外で仕事をする時は、ポメラを使っていたけれど、これならもういらないな。
ポメラはMacとの相性があまり良くなくて、ポメラで作成した文書をパソコンに移すと、改行がめちゃくちゃになったりして、困っていたのです。
パソコンがMacの私は、i padは、ものすごく使いやすい〜
ほんと、パソコンの画面が、そのままi padに移ったような感じで。

心配だったキーボードも、そんなに打ちにくいことないし。
そりゃ、がつがつは打てないけど、少しなら問題ないです◎
ただ、原稿が横書きになってしまうのは、気持ち悪いです。

それから、電子書籍。なかなかいいもんです!!!
紙の本崇拝者だったけど、軽薄にも電子書籍讃美派になりつつあります〜
横山充男先生の新刊「天の磐笛」を、電子書籍で読んでいるのですが、読みにくいということはない……むしろ、読みやすさを感じてします。
毎日Facebookやメールを読むことで、電子画面で文字を追う方が、いつのまにか自然になってきている私がいるのかも。
重い本を持ち歩かなくてもいいのは楽ちん(i padがあれば、何冊も何十冊も持ち歩ける感覚はすごい)だし、価格は紙の本よりも安いし。

今日は、好きな曲をいくつか、ダウンロードしました。
調子にのったら請求が怖い(一曲200円前後です)ので、とりあえず手蔦葵さんとジャニス・ジョプリンとスピッツとフォーレ。あと、石川さゆりさんは、手持ちのCDを取り込みました。
この5人のアーティストは、わたしの絶対です◎
以前にパソコンが壊れた時、音楽データが全て消えてしまって、すっかりすねていた私ですが、i pad購入を機に、機嫌を取り戻しつつあるのでした。
[PR]
by honnara-do | 2013-03-08 21:04 | もの | Trackback

『落窪物語』

母の通院の日でした。行き道、二人で梅の花を観ました。
母は、花が好きな人なので、とても喜んでいました。
たとえその事を母がすぐに忘れてしまっても、その瞬間に笑顔が生まれれば、それで良しです◎

帰ってきてから、はなうたを歌いながら、お掃除とお洗濯をしました。
暖かいと、家事をするのも、何をするのも、楽しいです◎

3月は、新しいお話を書いています。
執筆も、暖かいと、進みます。
だってだって、キーボードを打っていても、手が冷たくならないんですもの〜◎

さて、今日はストーリーで楽しむ日本の古典『落窪物語』越水利江子・著(岩崎書店)を、ご紹介します。

落窪物語は、日本のシンデレラ物語です。
継母にいじめられていた姫が、かがやく貴公子にみそめられ、幸せになるというストーリー。
いくら現代風に描かれているとはいえ、ベースは古典だし、ストーリーは何となく知っているし、正直、この歳のわたしが読んで、そんなにときめくとは、思っていませんでした。
ごめんなさい、越水せんせー。
で、でも、そ、それがです! めちゃくちゃ、ときめきました!!!
楽しみました、どきどきしました。ハート、どきゅんっ☆でした。
30代後半の私が、こんなに堪能したんだから、小学生女子は、きっともっと楽しめるはず。
おちくぼ姫は、縫い物をとても上手に仕上げる女性です。
虐げられた環境を嘆いてばかりではなく、どんな環境にあっても「美しく生きている人」です。
そんなおちくぼ姫が、幸せをつかんだ時、心からよかったと思えました!
また、脇役である侍女のあこぎとその恋人の惟成、それから馬面の兵部が、それぞれ個性的で、お話は単純なシンデレラ物語ではなく、上質なラブ&サクセス・ストーリーになっています。
さまざまなスパイスがきいて、複雑で奥深い味になっているという感じでしょうか。
個人的には、スパイスの一つ「馬面であるがゆえに恋に奥手で、けれど心優しい兵部」が、好きでした。ゆえに、兵部の登場するエピローグに、じーんとしちゃいました。
a0134889_23175785.jpg

[PR]
by honnara-do | 2013-03-07 23:13 | | Trackback