「電気ちゃん」感想

今日は、アミーニの童話クラス。
童話クラスは、私からの発案で出来たクラスで、まだ生徒さんは少ないけれど、この先ぼちぼち増えていけばいいね……と主宰のHさんと話しています。
いちおう、今日で一年のカリキュラムが終了しました。一期生が出たということになりますが、一年書いただけでは、童話創作の道の入り口にやっと立ったかなという感じです。それで、一期生のみなさんの今後のために、童話ステップアップクラスを作りました。東北から通ってくれていた生徒さんも、何とか継続の方向です。よかったよかった◎
入り口にやっと立った感じとはいえ、一年いろいろ書いてもらって、合評もたくさんして、実力はかなりついた生徒さんたち。これからどんな作品を仕上げていってくれるのか、楽しみです。

帰宅してパソを立ち上げたら、絵本クラスのMさんからメールが届いていました。
「電気ちゃん」を読んでくれたそうです。一気に読んでくれたみたいです。感謝!!!
Mさんは、二十代の女の子。二十代女子は、どう読んでくれたのかといいますと……

不思議なお話なのにわかりやすくて、入り込めて、突き放されて、ちょっとした居心地の悪さが返って心地よかったです……って。

うんうん。どう突き放すのか、匙加減すごく考えました。居心地の悪さが返って心地よかったというの、かなり嬉しい言葉かも。
[PR]
by honnara-do | 2013-09-28 22:57 | | Trackback

母はかわらずご機嫌で。「ありがとう」と言ってくれるので、いつもこちらの気持ちが救われます。
介護は忍耐が必要なところもあり、思うように理解してくれなかったり、やはり何度言っても、また同じことをされると疲れてしまって、つい気持ちがささくれるのです。が・・・言葉一つで、そのささくれが消えてしまう。すごい。
最近も、母が異物を食べてしまうことがあり、慌てるやら情けないやら怖いやらで、気持ちが乱れてしまいましたが、今日も母本人の「ありがとう」の言葉に、救われました。
ケアマネさんから「認知症の次の段階として、異物を食べてしまうことがあります。気をつけて下さいね」と言われていたのに、迂闊でした。お線香や、乾燥剤、まくらの中のプラスチックチップ、カセットテープの中のテープなどなど、びっくりするものを食べてしまうことがあるようです。

さて先日、京都で会った大学時代の同級生Sちゃんが、さっそく拙作「電気ちゃん」を読んで、こんな感想をくれました。Sちゃん、ありがとう。

楠章子ちゃんの新作
「電気ちゃん」
読み終えました。
初の小説。
児童書ではありません。
同じ大阪に育ち、学びたいものが同じ方向を向いていた友人。あれからずいぶん時間が過ぎました。
時が熟し、児童書だけでは収まりきらないクスの魅力が存分に詰まってます。
大人はきれいな事だけじゃ生きていけないし、どうしようもないことも沢山ある。そもそもダメ男の時点でダメだし。そんなあれこれを、クス持ち前の文章で気持ちよく受け流してくれます。
[PR]
by honnara-do | 2013-09-27 22:26 | | Trackback

「電気ちゃん」

15日、アミーニのワークショップ。。。谷町六丁目歩き。台風接近という悪天候にまけず、何とか決行。何とかでしたが、かなり楽しかったです。またやりたいな、今度は晴れるといいな。
19日、京都に出張で来ていたsちゃんと会いました。sちゃんは、大学の同級生。今は某俳優さんの事務所で働いているのです。いつか一緒にお仕事したいね。。。という話になり、帰り道、満月をながめながら歩いていると、いや、絶対にしたい!という気持ちになりました。
今日は、アミーニの絵本講座でした。一年間の講座も、一区切り今日でおしまい。来月からは、四期目が始まります。早いなあ。先生仕事も、ついに四年目かあ。
それから、新刊「電気ちゃん」、発売開始(クリックしてね)です!!!
[PR]
by honnara-do | 2013-09-21 21:43 | | Trackback

一日一日感謝!

土曜日、児童文学者協会の公開研究会でした。京都にて。水谷修さんの講演会は、大入り。その後の分科会。。。私は作家のお部屋で、丘修三さん、岡田淳さん、後藤みわ子さんと。司会は今関信子さん。大先輩の作家さんの中に混ぜて頂いたことは、この先の忘れられない思い出になるはず、きっと。大事に心にしまっておこうと思います。
日曜日は、児童文芸家協会の童話塾で、また京都。こちらのイベントは11月です。準備委員会と実行委員のための勉強会もして、帰りには森伊蔵を頂きましたー。充実!
そして、今日は、15日にあるアミーニのワークショップのためのロケハン。アミーニ主宰の氷室さんといっしょに、谷町六丁目界隈を歩いてきました。空襲を食い止めたという榎木や、直木三十五記念館、路地、長屋、カフェ、雑貨屋さん。味わいのある銭湯の建物などを下見してきました。ゴールは、お屋敷を改装した「練」内にあるチョコレート屋さん、エクチュアです。ここのチョコレートは、最高なのですよ!画像は、エクチュアのチョコレートパフェです。
a0134889_1559225.jpg

[PR]
by honnara-do | 2013-09-13 00:16 | | Trackback

図書館と美術館

昨日、最寄り図書館になかった本を求めて、芦屋の図書館に行ってきました。
芦屋の図書館は、駅から徒歩だと二十分と少しぐらい。まあまあ遠いですが、景色がいいので、歩けます。芦屋川沿い、松林の中をてくてく。お目当ての本を館内で読んで、ついでに隣りの美術館にも寄ってきました。谷崎潤一郎記念館は、タイムオーバーで無理でしたー。夕方〜八時までは、駅前のにしむらコーヒーで、絵本のラフを描きました。絵は本職じゃないので、悪戦苦闘。でも、だんだんいい感じに描けるようになってきましたよ。帰宅してからは、高速でカレーを作りました。明日の両親用です。ああ、今日もよく働いた◎明日は、朝から京都です!
[PR]
by honnara-do | 2013-09-06 21:37 | | Trackback

図書館と自転車

一番近くの図書館へは、自転車で約20分。近いようで、遠い。でも、どうしても今日は本を借りにいかなくてはならず・・・上限8冊めいっぱい借りて、帰ってきました◎帰り、自転車屋さんによって、タイヤの空気を入れました。無料で入れてくれるうえに、油をさしてくれる親切な自転車さん。空気と油で、帰り道はすいすい気分よかったです〜☆
[PR]
by honnara-do | 2013-09-05 22:12 | | Trackback

そろそろ

昨晩、母も父もよく食べました◎夏の間……父は家から出るのも億劫、食べるのも億劫状態だったので、次々口に運ぶのを見て、安心しました。今年初めての松茸の土瓶蒸し、頂きました!新刊の発売予約(←クリックして下さい)が、そろそろ始まっています。初の一般小説で、デビュー気分。緊張しています。
[PR]
by honnara-do | 2013-09-03 16:19 | | Trackback

オダサク

新美南吉が生誕100年、そして織田作之助も100年。大阪人として、オダサク、ちゃんとじっくり読みたいなあ。でも、今日も他の読まねばならぬものに追われるのでした・・・。
雨の中、郵便局に行ってきました。四万十旅行の写真集を、みなさんにお送りしました◎夜は、家族で食事に行きます。家族(兄はいないけど・笑)で外食なんて、たぶん一年以上ぶりです。
[PR]
by honnara-do | 2013-09-02 15:17 | もの | Trackback