<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

瑞雲

ひさしぶりの日記です。
わたしは、元気です。
家族も、まあまあ元気です。
母は、数日前に枕から頭がずれていて、そのせいで寝違えたようで、
首が傾いたまま、片手だけむくむ、ほぼ支えないと歩けない、食欲もない、
という日があったのですが、日にち薬で回復してきました。
寝返りが自力で出来ないということは、寝かせる時の姿勢がとても大事になってくるのでした。
また一つ勉強。
少し前には、心臓を上にするのが良いのではということで、
右下にして横を向いて寝かせてばかりいたせいで、右に床ずれが出来てしまい、あわてました。
すごく痛そうでかわいそうでした。
床ずれというのは、寝たきりの人に出来るものだと思っていたのですが、
母レベルでも出来るのだと知り、あれも一つ勉強でした。
始めは、床ずれだとわからず、赤くなっていたのを、虫さされ?と思い、
さらに水ぶくれになってきたのを、まさかやけど?と思い、
その水ぶくれがつぶれて、やっとヘルパーさんに「これは床ずれ」ですよと教えてもらいました。
早くに対処していれば、水ぶくれがつぶれるまで進行しなかったのにと思います。
それからは、何度か姿勢を変えに行くことを試したりしたのですが、
家族の負担が大きい上に、その度に寝ている母を起こしてしまい、母は睡眠不足に。
けっきょく、上向きで朝まで眠ってもらうことに落ち着いたわけですが……。
ふー。介護は日々、勉強です。

2月も、もうすぐ終わり。
2月は……
愛知にある東海学園大学へ。卒業制作合評会のゲスト講師として呼んで頂きました。
初めて会う学生さんに、どう何を、どこまで言うべきか、当日まで悩んでいましたが、
学生さんの顔を見ているうちに、言うべきことが見えてきて、あっという間の合評会でした。
やはり顔を見て……というのは、大切ですねえ。
翌日は、一宮の叔母(母の妹)に会いました。
叔母は、母のことをいつも気にかけてくれる人で、
帰りに駅で「お世話になっている施設の職員さんに」と、お土産を買って持たせてくれました。

あとは、児童文学者協会の「児童文学カフェ」がありました。
今関信子さんによる「紙芝居のお話」でした。
紙芝居、やっぱりおもしろいです!
一本書いて、編集さんにお送りしてみました。何でもチャレンジ!

ヒヤシンスの球根から、芽がにょきにょき出てきました。
土に植えたのも、水栽培のも、これならちゃんとお花、咲きそう。
植えたのが遅かったので、育つか心配していたのですが。
大丈夫そうです◎

玄関の飾り。亡き祖父の「新春」の書をしまい、しばらくお花だけだったのですが、
「瑞雲」の書に。頂き物なのですが、ありがたーい書であります
a0134889_23531297.jpg

[PR]
by honnara-do | 2015-02-25 23:54 | Trackback