<   2017年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

葡萄


テレビ放送、いよいよ明日(9月28日 木曜日)の予定です〜
フジテレビ8チャンネル「報道ランナー」、夕方の報道番組です。
18時頃に映るみたいです!
良かったら、ご覧になって下さいね~

さて、9月後半〜10月始めは、講座が終わったり、始まったり。
一年かけて行った絵本の講座(アミーニのはじめーる、ふかめーる、つくーる、みてみてクラス)が終わり、みてみてクラスは、制作発表会も無事に終了。新しいクラスが、10月からまた始まる。
そして、梅花女子大学と帝塚山学院大学の後期講座は、先週から開始。
その間に、アミーニの のびのびクラス と 童話クラス もあった。
わたし、いつのまにこんなに先生仕事が増えたのかな。
本当にいつのまにか増えたなあ……目がまわりそうだけれど、ありがたいことだなあと思う。

写真は、みてみてクラスの生徒さんに頂いた葡萄。
父がとても喜んで食べた、母には刻んで出した。すてきな秋を、家族で味わえた事に感謝。
a0134889_20201490.jpg

[PR]
by honnara-do | 2017-09-27 20:19 | | Trackback

報道ランナー

今日は、母校(小学校)に『ばあばは、だいじょうぶ』の読み聞かせに行って来ました!
「報道ランナー」の取材も入りました。
新実アナウンサーも、来て下さいましたよ(╹◡╹)♡
フジテレビ「報道ランナー」は、夕方の報道番組です。
放送予定日は、来週9月28日 木曜日 です。
https://www.ktv.jp/runner/
良かったら、観て下さいね。
新実アナウンサーは、別の日にも母に会いに来て下さったのです。
その様子も映ると思います。
夕方からはテレビ放送(本番)があるのに、朝早くから取材に来て下さった新実アナ、すごく爽やかで、やさしくて、素敵な人でした!!!

で、4年生2クラスに、読んだのですが、みんなしっかり聞いてくれて、その後のワークシートもたくさん書きこんでくれました! 感激。

新実アナウンサーと記念撮影。うふふ。
a0134889_13133918.jpg

[PR]
by honnara-do | 2017-09-22 12:54 | | Trackback

講演会

講演会のお知らせです。鹿児島でございます〜
a0134889_14433240.png

[PR]
by honnara-do | 2017-09-19 14:44 | 家族 | Trackback

児童ペン 童話賞

このたび、「児童ペン 童話賞」に 拙作『ばあばは、だいじょうぶ』を選んで頂きました!
身を削り、魂を込めて書いた一冊ですので、こうして認めて頂けて、とても嬉しいです。

「身を削って」書く事を教えて下さったのは、大学の恩師、横山充男先生で、
「魂を込めて」書く事を教えて下さったのは、運命的に出会ったお師匠、越水利江子さんで、
そして、文章のいろは、文学というものを教えて下さったのは、川村たかし先生でした。
三人の先生に感謝。
原稿を「本」の形にして下さった 編集の大熊悟さんに感謝。
素敵な絵を描いて下さった いしいつとむさんに感謝。

母と家族に感謝。
しんどい時期、思うように書けず、低空飛行だった私を、励まして下さったみなさんに感謝。

第3回「児童ペン賞」(2017年度)

大 賞:該当作なし

童話賞:楠 章子「ばあばは、だいじょうぶ」(童心社)
    同・画家賞:いしいつとむ

詩集賞:なんば・みちこ「トックントックン 大空で大地で」(銀の鈴社)

絵本賞:すとうあさえ「十二支のおもちつき」(童心社)
    同・画家賞:早川純子

ノンフィクション賞:ささき あり「ぼくらがつくった学校」(佼成出版社)

童話集企画賞:花・編「ワニと猫とかっぱ それから…」(神戸新聞総合出版センター)
    (児童文学創作の会「花」のメンバー11人による童話アンソロジー)

少年小説賞:工藤純子「セカイの空がみえるまち」(講談社)

12月1日が表彰式です。中野サンプラザ pm6~
[PR]
by honnara-do | 2017-09-06 00:20 | | Trackback

マムさん、ありがとう

昨日の夜、マムさんが息をひきとりました。

一昨日の夜までは、寝たきりとはいえ食欲があり、その前の日の朝には、しっかりしたウンチもしていたのです。目にも輝きがあり、まだまだ半年ぐらいはこのまま元気なのかなあとぼんやり思っていました。本当なら今日、病院に連れていく予定だったのですが、先にのばしても大丈夫かなという気がしていたぐらいでした。
呼吸も、リンパの腫れがましになったせいか落ち着いていて、おだやかでした。

それが昨日の朝、見に行ったら、すっかり元気がなくなっていて、息が荒くなっていて。
一晩でこんなに痩せる?という感じで、もともと痩せてきちゃっていたけれど、さらに肉が削ぎ落されたみたいで、びっくりしました。
全身から力がぬけてしまって、首もすわらないので、上手くだっこも出来ない状態。
目もとじぎみで、何より生気がなくなっているような気がして、私はふと「ああ、今日なのかなあ」と感じました。

姉は、昨日の夜はあんなに元気だったのに信じられないと言い、「熱があるのかも、月曜日に病院に行って注射をうってもらおう。それまでがんばれ」と励ましていました。が、私が「もう動かすの、そんどいかもよ。でも、無理してでも病院に連れていけば、元気になるかもしれへんし。このままここで寝かせておいてあげるもアリなんかなとも思う。どっちがいいか、正解なんかわからんけど……私はな、このままでもいいかなと思う」と話すと、姉は泣きました。

昼過ぎからだんだん息は荒くなっていき、お水も舐める程度で……朝は流動食を注射器で飲まし、夕方にはお薬も飲ませました。私は「延命はしない」と決めたいたけれど、やはり流動食やお薬までやめる勇気は、最期までありませんでした。

母が夜に帰ってきて……その後、姉が見に行ったら、息をひきとっていました。
十六年、家族に(特に母に)よく尽くしてくれたワンコでした。
あまり自己主張しない、性格のいいコでした。

亡くなるタイミング、マムさんは自分で決めたのかなと思いました。
土日、私と姉がめずらしく両方とも一日中いて、土曜日は二人でお世話をし、日曜日もまめにのぞいてあげる事が出来ましたし。
夜、母が帰ってくる前に、父が玄関に家用の車椅子を帰ってくる母のためにセッティングするのですが、その時、玄関で寝ていたマムさんは、父に会い……そして、母が帰ってきた後、やはり玄関にいたマムさんは、母に会い、ひそかにお別れの挨拶をしたのかなって。
母が帰宅した後、すぐに亡くなったなんて、そう思えますよねえ。

明朝、宝塚動物霊園さんにお迎えに来て頂きます。
ダンボールの棺には、今から姉がお花を買ってきてくれるので、それを飾ります。
「マム」という名前は、母がつけました。当時、「スミレ」という名前の女のコのワンコがいて、女のコのワンコには花の名前を……ということで、母が「マム」と決めました。「菊」という意味です。
認知症初期で、何度も散歩に出てしまう母に嫌な顔などせず、よくつきあってくれました。道がわからない母が迷子にならずに家に帰ってきていたのは、マムが家に誘導してくれているからだと、近所の人に言われたことがあります。
かしこかったね、マム。お疲れさま、ありがとう。
[PR]
by honnara-do | 2017-09-04 12:31 | 犬・猫 | Trackback

虫歯!

歯医者さんに定期検査に行ってきた。歯のおそうじをしてもらった。
歯科衛生士さんが、虫歯の疑いありの歯を見つけてくれた。
先生に見てもらったら、やっぱり虫歯だった(涙)
一番奥の歯のほっぺた側。磨けていない気がしていた部分である。
ああ、あああ。
来週、治療の予約いれた〜

マムさんは、腫れていたリンパから何やら謎の液(膿みのようなもの?)が出てきている。
ぱんぱんに腫れすぎて、悪いものが外に出てきたようだ。
タオルが汚れていて、気がついた。
姉が動物病院に電話をして聞いたら、悪いものだから出た方がいいとのこと。
確かに出てしまった方がいいのかもしれない、腫れが小さくなってきた。
少しでも楽になればいいなと思う。
[PR]
by honnara-do | 2017-09-02 02:50 | 犬・猫 | Trackback