安らかに

愛猫ファーストは、安らかに逝きました。今朝早くのことでした。

ファーが仔猫でやってきた時、私は高校生で……ちょうどアメリカにいました。一ケ月のホームステイ中でした。初海外旅行で心細かった頃、ステイ先に母から絵はがきが届いたのを、覚えています。それに、ファーストのことが書いてありました。懐かしい。
あれから18年。私は35歳です。本当に長い年月、共に暮らしたなあ。

最後にかけた言葉は、「ありがとうね」でした。
[PR]
# by honnara-do | 2009-08-15 22:07 | Trackback

今晩がヤマ

18年生きているわが家(厳密には、父母の家)の雄猫のファーストが、だいぶ弱っています。
動物病院の先生には、今晩がヤマと言われました。
食欲はあるけれど、食べてもすぐにもどしだしたのが、4月。でも元気で、だんだんやせてきていたけれど、動き回っていました。
かなりやせてしまったのが、今月に入ってから。そして、数日前からは、立ち上がって少し歩くぐらいになり。今日は、もう立ち上がる元気がありません。
18年というと、猫にしたら、とてもとても長生き。老衰ですもの。がんばって……とは、私は言えなくて、ただ見守るだけです。
[PR]
# by honnara-do | 2009-08-14 21:10 | Trackback

阿闇梨餅

今日のおやつは、京都土産にいただいた「阿闇梨餅」(あじゃりもち)です。
とても人気のある京銘菓だそうです。みなさん、並んで購入されるとか。
私が頂いたのは、二度目。

卵の入った黄金色の皮がもちっとしていて、美味しいです。中身は粒あん。
袋に、「薄衣して油揚げして頂くと格別の風味があります」……と書いてあります。
ほほう、それも美味しそう。でも、油を用意するの嫌だな。
a0134889_1930556.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-08-12 19:30 | もの | Trackback

整骨院二回目

一週間に、二〜三回ぐらい通院できたら……と整骨院の先生に言われましたが、一週間に一回が精一杯です。
昨日、やっと二回目に。
痛い右肩の、さらに痛いところを、先生がぎゅっぎゅっと指圧。すごく痛い。でも、痛いのを我慢したら、あら不思議! スムーズに手があがったり、まわったりするのですよねえ。

そして、翌日の今日は、全身心地よいような筋肉痛です。
[PR]
# by honnara-do | 2009-08-12 00:14 | もの | Trackback

残暑見舞い

暑中見舞いのお葉書を、数名の方に出そうと思っていたのに、間に合いませんでした。
もう残暑見舞いですねえ。

明日には、書こう! 

和紙や日本画財などを扱うお店「丹青堂」で、お気に入りの和紙葉書(黄緑線入り)は、ずいぶん前に購入済みです〜
うん。絶対、明日書こう!
[PR]
# by honnara-do | 2009-08-11 00:56 | もの | Trackback

プレアデス30号!

所属している同人誌「プレアデス」の30号が届きました。
記念すべき30号です〜 ああ、感慨深い。
私は、この同人誌があったから、演劇から児童文学の世界にもどったし、それで作家デビューできたし、今もがんばって書けています。

今号も、古味正康さんの絵がすてきです。

プレアデスの入会資格は「意欲を持って創作活動に打ち込み、プロを目指す人」ただ、それだけです。上記条件を満たす方ならどなたでも会員になれます。
興味のある方は、本ブログ「クスクス」のネームカードをクリックして、ご連絡下さい♪


a0134889_21432834.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-08-09 21:44 | もの | Trackback

脱臼しているそうな

数年通っていた鍼灸院に、スケジュール上、行きづらくなってから、右肩の痛みが気になったいたのですが……まあ、そんなに深刻な痛みでもないので、ずっと放置していました。
でも、右肩の痛みよりも、肩こりから来るだるさ・頭痛のほうがつらくなりまして、ついに近所の整骨院に行きました。
先生に「右肩、軽く脱臼してますよ」と言われました〜
え〜、脱臼だったんだ。
すじを、ちょっと痛めているぐらいにしか思っていませんでした。
しばらくは、時間をやりくりして、まじめに整骨院通いです。
面倒だけれど、保険がきくので480円で足裏マッサージとかローラーベッドとか、いろいろしてもらえます。30分3150円のマッサージに行くよりは、お得かな。
[PR]
# by honnara-do | 2009-08-07 22:57 | もの | Trackback

原爆記念日

原爆記念日。合掌。
テレビや新聞、もっと特集があってもいいのにと感じました。
戦争がどんどん遠くになっていく予感。

今日ぐらいは、せめて子どもたちが、原爆のこと、戦争のことを考える日であって欲しい。

私は、一冊の絵本を開きました。
うみのしほさんの『おりづるの旅』(PHP出版)絵は、狩野富貴子さん。

広島平和記念公園にある「原爆の子の像」のモデルとなった女の子、さだこさんの物語です。
さだこさんは、原爆症のため、たった12歳で亡くなりました。彼女は、病院のベッドでつるを折り続けました。原爆の子の像は、同級生たちが、さだこさんのような犠牲者が二度と出ないように、平和への思いをこめ、寄付金を募って、作ったものです。
像の足もとには、こう書かれています。

これは、ぼくらの 叫びです。
これは わたしたちの 祈りです。
世界に 平和を きずくための

a0134889_4183293.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-08-07 04:19 | | Trackback

文庫結びとリボンくずし

拙作『はなよめさん』(ポプラ社)を書く時、白無垢や花嫁衣装のことをいろいろ教えて下さったかぐやさんことT先生に、今でも着付けを習っています。
基本の着付けと一重太鼓は出来るようになったのですが、あと少し帯結びを習いたいなあと、5回のチケットを買いたし、ちょこちょこ教えてもらっているのです。
でも、基本の着付けも、出来ているようでまだまだ。毎回、先生に教えてもらうときれいに出来るように進歩します。ちょっとしたコツで、キレイになる、すごい!

今日は、浴衣の着付けと半幅帯のお稽古に行ってきました。
浴衣カンタンと思っていたら、そうカンタンでもなかったです。
帯結びは、定番の文庫とリボンくずしというのを、教わりました。リボンくずしのほう、粋な感じで、文庫より好きかも。文庫は、時にかわいすぎるなあと感じるので。

毎日暑いけれど、着なきゃ、結ばなきゃ、忘れてしまいます。
浴衣、着なきゃ〜
でも、浴衣って、着ていくところが限られちゃうんですよねえ。ラフすぎて。
a0134889_1933111.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-08-03 19:29 | もの | Trackback

そうだ、浴衣!

そうだ、浴衣着なくちゃ、夏が終わってしまう〜!

夏祭りにやってきた浴衣すがたの女の子たちを見て、急にあせる私。
たんすから、とりあせず出してみました。
私の浴衣……白地にバラ模様です。バラの色にあわせて、半幅帯は渋めのピンクをあわせます。
下駄の鼻緒も、同じしぶめピンク。
数年前、白地の浴衣が欲しくて、初めて自分で買ったものです。


a0134889_23485168.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-08-01 23:48 | もの | Trackback

お祭りと嵐

昨日、今日と地元の夏祭りでした。
十代の子たちがはりきっていたのが、印象的でした。男の子たちは、はっぴを着て御神輿をかつぎ、太鼓をたたき、女の子たちは、浴衣を着て、きゃっきゃとさわぎ。
町が、しばし元気になった二日間でした。こんなに若者、いたんだこの町に……と、びっくりしました。

お祭りの終わりごろ、雨が降り出し、雷がなり、嵐に。
少し残念。でも、ほとんど晴れていたので、まあ良し◎
[PR]
# by honnara-do | 2009-08-01 22:58 | もの | Trackback

ロスト・ガールズ

宮下恵茉さんの御本、もう一冊読了しました。
『ロスト・ガールズ』(岩崎書店)です。

これは、宮下さんが同人誌「プレアデス」に入会して、まもなく発表された作品だったと思います。

卒業式の服を、母さんといっしょに、デパートへ買いに出かけた珠緒(たまお)は、本当に自分が着たい服を言い出せません。
そして、自分から迷子になった珠緒。……出会ったのは、迷子の天才と名のる少女でした。

私も、中学受験失敗しているので、そのシーンはリアルで、ちょっと胸が痛くなりました。
今でこそ「自己主張」って出来るけれど、小学生の時は、それがとても難しかったかも。
女の子を応援してくれる、勇気の出るファンタジー☆ですよ。

「プレアデス」に掲載された時より、ぐんとパワーアップして、おもしろくなっていました!

a0134889_23404120.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-07-29 23:37 | | Trackback

太鼓の音

太鼓の音が聞こえました。
近所の神社からです。夏祭りのお稽古です。
そういえば、町のあちこちに「太鼓保存会」の幟が。夏祭りは、7月31日、8月1日だそうです。

うちの神社の御神輿は、赤い布団を重ねた布団御輿です。
昼間は、子どもたちが台車にのせて町中を練り歩き、夜は、男の人たちが気合いを入れてかつぎます。
夜に男の人たちがかつぐのは、なかなか迫力があって、毎年見るのが楽しみです。
去年は、姉と見物にいって、大興奮しました〜

御神輿は、大変重いので、気合いを入れなくては、そこから崩れてしまいます。
おじさんも、それから若い男の子たちも多く参加していて、若い子たちは気合い不足だったりすと、おじさんに「根性いれんかー!アホ!ボケ!!!」と怒鳴られたりしている……それがなんかいい感じなのですよね。まっすぐな男の上下関係は、気持ちがいい。
お祭りの日、晴れますように。
[PR]
# by honnara-do | 2009-07-27 20:01 | もの | Trackback

水鏡

晩ご飯のあとには、甘いものを食べます。ほぼ365日。
今晩は、菊屋の和菓子です。

「水鏡」(みずかがみ)という美しい名前で、小倉羹。白く見えているのは求肥です。ちなみに、求肥とは……白玉粉をこねて蒸したものに砂糖・水あめを加え、さらに火にかけて練りかためたもの。
夏のお菓子です。涼しげですねえ〜和菓子は、芸術品!
冷茶で頂こうかな。
a0134889_23571714.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-07-25 23:57 | もの | Trackback

ビア・パーティー

今日は、アルバイトがお休みだったので、とりあえず洗濯。
それから、書いていました。今、書き直しているのは「ねこのおっちゃん」というお話……苦戦していますが、これ、きっといいものになるはず。

夜は、ヒルトンのビア・パーティーに行ってきました。
従業員なので、ヒルトン・ホテルのビュッフェが、1000円で飲み放題・食べ放題!
よし、いっぱい食べよう〜とはりきっていたのですが、二皿半で、おなかいっぱい。
そんなには、食べられないものですねえ。
ビールは、プレミアム・ビールで「香味芳醇」と書いてありました。
その通り、香りがよくて、美味しかったです。
普段は、アサヒ派。のどごしすっきり派。でも、たまには、香り、味わいの深いビールも◎
[PR]
# by honnara-do | 2009-07-23 23:33 | もの | Trackback

ポケット・ガーデン、早くもこんな感じです。
育つの早い〜

季節によって、発芽するものが違うと書いてありました。これは?
何の芽が出たのかわかりません。見た目は、貝割れ大根みたい。でも、貝割れ大根の種は含まれてなかったし。食べてみると、カラシのような味がしたので、カラシナというやつかな。
a0134889_011935.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-07-23 00:01 | もの | Trackback

ヒーロー伝

少し前、伝記本(アンソロジー)の執筆をしました。
「8分で読める?!歴史のヒーロー感動の名場面」という本で、私は『冒険のヒーロー伝』にコロンブスと『発明のヒーロー伝』にアインシュタインを書いています。
初めて伝記もののお仕事をしました。お引き受けした時は不安だったのですが、やってみると、かなりはまりました。調べるのも楽しかったし、どう書くか考えるのも楽しかったです。歴史や人物像に変わりはないのですが、書く人によって個性というものが、やはり生まれます。参考までに、いろんな方が書かれたコロンブス伝、アインシュタイン伝を読みましたが、それぞれでした。今回、私は私のコロンブス伝、アインシュタイン伝が書けて、嬉しいです。
こういうお仕事があれば、ぜひ、またお引き受けしたいです。

アンソロジーなので、他の人たちがどう書いたのか、興味あり。
時間をやりくりして、ぼちぼち読んでいます。これが、ほんと8分で読めるし、勉強になって、おもしろい!
発明のほうには、レイチェル・カーソンや、ノーベル、ガリレオ、野口英世、伊能忠敬、ダ・ヴィンチ、ダーウィン、安藤百福(チキンラーメンの生みの親)、モンゴルフィエ兄弟(熱気球の発明家)が……。そして、冒険のほうには、リンドバーグ、マゼラン、鑑真、アムンゼン、ジョン万次郎、クイーン・エリザベス、トール・ヘイエルダール(いかだでペルーからポリネシアまで横断した人)、三蔵法師、津田梅子が……。

a0134889_22484982.jpg
a0134889_22502782.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-07-21 22:46 | | Trackback

どくろ2

劇団時代、とてもお世話になった浅野さんのお芝居が、10月に大阪ABCホールであります。
まだまだ先のことですが、チケットはもう発売するようです〜興味のある方は、ぜひ♪ 

あさの@しょーいち堂プレゼンツ!刑事部屋大河ドラマ
「どくろ2 雷電 -RYDEEN-」

【作・演出】あさの@しょーいち
【公演日程】2009年10月15日(木)~18日(日)
【場所】ABCホール

【出演】
あさの@しょーいち
美津乃あわ
橋田雄一郎
上瀧昇一郎(空晴)
千田訓子(リリパットアーミーⅡ)
祖父江伸如(リリパットアーミーⅡ)
伊達康浩
仲村渠千聖
伊藤美友
山橋舞衣
黒橋知子
ふるかわゆかり
亀田宏二

N-Trance Fish

東 學(特別出演)
他!

【前売発売】8月8日(土)(AM10:00~)
【先行前売WEB予約】明日7月20日(月)(AM10:00~スタート)

ホームページ → http://ameblo.jp/shoichido
[PR]
# by honnara-do | 2009-07-19 21:32 | 演劇 | Trackback

蜥蜴

うちの家(たぶん玄関横の植木のあたり)には、もう何年も前から蜥蜴が棲んでいます。
たまに、姿を見せてくれます。
蜥蜴大好きな私としては、会えた日は、ラッキーday!

さっき、会いました♪
いいこと、あるかな。
[PR]
# by honnara-do | 2009-07-19 21:01 | もの | Trackback

変えてみました

ブログ・デザイン、変えてみました。
横ブログは、やっぱり見にくいかなあと思いまして。

自分でデザインしてみたいけれど、そこまでいろいろ追いつきません〜
[PR]
# by honnara-do | 2009-07-18 22:53 | もの | Trackback

家の前の植木を、手入れしました。
暑いので、のびのびにしていたのですが、ついに家の壁にアイビーがはいだし、あせって。アイビーの生命力は、すごいです。油断していたら、あっというまに、おおいつくされてしまう。蔦のからまるおうちって、かっこいいですが、実際、自分の家をそんなのにする勇気はありません。ま、私一人の家なら、ちょっとおもしろいかも……なんて思いますが、姉は絶対に許してくれないでしょう。しげりたい放題だった雑草も掃除して、とてもすっきりしました!ずいぶん涼しげになりました〜

刈ったアイビーは、全部捨てるのもかわいそうだから、少しだけグラスにいけて飾りました。

夕方は、久しぶりに、泳ぎに行ってきました。
今、バタフライの練習をしています。やっと手をまわしだしたのですが、難しいです。
めざすは、バタフライをゆうゆうと泳ぐおばあちゃんなので、そのうち上手くなればいい。水に入るだけで、リフレッシュできます。連日忙しくて、ずっと体が重かったのに、こちらもすっきり!

a0134889_2228294.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-07-18 22:27 | Trackback

古銭

たぶん、亡くなった祖父のものだと思うのですが、古銭が出てきました。あまり興味もないので、売れたら売ってしまいたいと思うのですが、価値あるのかなあ。
百円札とか、古いものだと明治十五年の半銭とか、大正八年の一銭とか、混じっていますが……。

で、どこに売りに行けばいいのだろう。
昔はよく、「古銭売ります、買います」と書いたお店を見かけたけれど、今は思い当たりません。
昭和60年の記念硬貨(五百円)も何枚かあるので、これは銀行でそのまま五百円にしてもらおう。

それにしても昭和二十年の十銭は、かなりチープな感じです。戦争の影響でしょうか。
a0134889_2135649.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-07-17 21:35 | もの | Trackback

まいてみました

ポケット・ガーデン、組み立てて、種をまいてみました。
二週間ほどで、発芽するらしいです♪

今年は、ベランダ・ガーデンにも挑戦しています。
バジル、コリアンダー、イタリアンパセリ、ローズマリーの苗を植えたのですが、コリアンダーとローズマリーは、枯れてしまいました。
今は、バジルとイタリアンパセリだけです。
パック入りで売っているハーブは、お高い上に、必ずあまってしまうので、欲しい時にちょっとだけ摘めるベランダ・ガーデンは重宝します。めげずに、またコリアンダーとローズマリーも植えるつもりです。セージやミントも、あるといいかも。
a0134889_23504986.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-07-16 23:50 | もの | Trackback

ポケット・ガーデン

Nさんに、「ポケット・ガーデン」というのを、いただきました。
窓辺で育てるミニ菜園だそうです。

ミナトベカナ・マルハコマツナ・キカラシナ・中国招菜・野沢菜・雪白体菜・千筋・晩生京菜・新山東葉の種が、ミックスされていると書いてあります。
知らない野菜ばかりですが、どれも食べられるというので、育ったらグリーン・サラダにでもと思います。

中には、組み立て式の容器と土、種が入っているみたい。
さっそく、開けてみよう〜

a0134889_20422426.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-07-16 20:42 | もの | Trackback

「日本児童文学」7/8号と同人誌「季節風」夏号が届きました。
どちらも、児童文学者協会賞や新人賞、長編児童文学賞のことなどで、盛り上がった内容。
拙作『古道具ほんなら堂』は、新人賞の一次選考作品27点の中に選ばれていました。
「プレアデス」同人仲間の宮下恵茉さんの『うわさの雨少年』も、27点のうちの一作でした。
あと、同じく「プレアデス」の手嶋ひろ美さんの創作が、同人誌推薦作品として、「日本児童文学」に掲載されていました。ぱちぱちぱち〜(拍手!)

今年の児童文学者協会賞受賞作品は、「季節風」でお世話になっている高橋秀雄さんの『やぶ坂に吹く風』(小峰書店)でした。
高橋さんの作品は、どれもすばらしいので……いつかどの作品かが☆☆☆きっと大きな賞に輝く☆☆☆と思っていました〜
ぱちぱちぱちぱち〜(拍手!!!)
[PR]
# by honnara-do | 2009-07-13 23:31 | | Trackback

大正四谷怪談

『大正四谷怪談』の脚本を、また読みました。たまに読みたくなって、雑誌「せりふの時代」を開きます。「せりふの時代」にこの脚本を見つけた時は、胸躍りました。
何度読んでも、このホン、ほんとに好きです。

『大正四谷怪談』は、岸田理生さんのホンです。
四人芝居で、舞台では、伊右衛門を藤原竜也くんが、お岩を、松井誠さんが、そして直助を田山涼成さんが、お袖を寺島しのぶさんが演じました。(最高のキャストでした!)

残念ながら、舞台は生では観ていません。DVDで観ました。
藤原竜也くんの舞台は、なるべく観に行くようにしているのに。
これ、なんで観に行かなかったんだろう〜と、すごく後悔しています。ぜひぜひ再演して欲しいです。
舞台の演出は、栗田芳宏さん。音楽は、あの宮川彬良さん。(←NHK教育テレビ・クインテットのアキラさん)美術は、朝倉 摂さん。
役者さんも、すばらしかったけれど、演出、音楽、美術、どれもブラボー!でした。

DVDで何回も観た今、舞台を頭に思い描きながら、脚本を読む……これが、なかなか楽しいです。
[PR]
# by honnara-do | 2009-07-11 20:44 | 演劇 | Trackback

かわいい帯留め

母の着物たんすを整理していて、かわいい帯留めを見つけました。
白くて、ぶどうのようなデザイン。
も、もしかして象牙? たぶんプラスチック?

まあ、象牙だとしても、プラスチックだとしても、なかなかかわいい。
どの帯に、合わそうかなあ。
着物のコーディネイトは、わからないことも多いです。でも、そこをあれこれ考えるのが、楽しいです。

自分で着られるようになってからは、慣れるために、月二回は、必ず着物! を実行してきたのに、父が倒れてから、ぐだぐだに。
そろそろ着なくては、と思う今日この頃。
暑さに負けず、夏も着物にチャレンジしてみよう〜
a0134889_23593988.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-07-10 23:52 | もの | Trackback

レストラン・アラスカ

月一回の、母の受診日でした。
此花区、伝法にある病院まで、わたしが付き添うようになって、もう数年になります。病院なら、近くにいくらでもあるのですが、母が、そこの先生をとても信頼しているのです。わが家から、伝法までは阪神電車で二駅。駅から、さらに10分ほど歩きます。
遠いですが、そこの病院に通いたいというのが、母の意志なので。

いつも、わたしと母だけで行くのですが、今日は、父がついてきました。初めてのことです。父は、4月に脳出血で倒れ、右半身に麻痺が残ります。長い距離を歩くのはきついので、もったいないですが、タクシーで行きました。

受診後、父が「梅田に出たい」と言います。
ちょっとお昼ごはんを食べるのなら、わざわざ梅田まで出なくても……と思いましたが、「もうなかなか外出できないし、三人で外食するのも、最後かもしれない」なんて言うので、従いました。父が行きたかったお店は、「レストラン・アラスカ」で、梅田では阪神百貨店の中にあります。アラスカは、子どもの時から、家族でよく通った洋食のお店です。ここのポタージュスープは、どこのよりも美味しい気がします。

父は、オムライス。母は、かにクリームコロッケ。わたしは、シーフードグラタンを注文しました。ポタージュスープに限らず、ここのは何を食べてもはずれがありません。
それもそのはず、調べてみると、70年も歴史のあるお店で、数々の著名人にも愛されたようです。
山本為三郎氏、村山長挙ご夫妻。阪急の創立者小林一三氏、当時武田製薬社長だった武田和敬氏、大阪府知事であった柴田善三郎氏、ナショナル・シティ・バンクの大阪支店長であったチェンバレン氏、六代目・尾上菊五郎氏、新派の喜多村緑郎氏、水谷八重子氏、花柳章太郎氏らの師匠、川口松太郎氏、市川猿之助氏、作家の谷崎潤一郎氏、菊池寛氏、吉屋信子氏、慶應義塾大学学長・小泉信三氏など。
谷崎潤一郎の『細雪』の中にも 「ちゃうど時分時なので、アラスカへ誘ふ気なのだと察した貞之助…」と、描かれているそうです。『細雪』は、ずいぶん昔に読んだけれど、気がつきませんでした。谷崎潤一郎も、ポタージュスープを頼んだのかしら。
[PR]
# by honnara-do | 2009-07-09 19:08 | お店 | Trackback

シッカロール

子ども時代、夏のおふろあがりには、かならず母にシッカロールをはたいてもらいました。
腕や首に、白い粉をパフでぽんぽんしてもらうと、やさしい香りがしました。

今でも、夏になると、わたしはシッカロールを愛用しています。
シッカロールという言葉のひびきは、レトロな感じもしますね。ベビーパウダーというほうが、今は一般的なのでしょうか。
愛用品は、ハウス・オブ・ローゼので、白地に水色花模様の箱。

あと、夏の愛用品、もう一つ。それは、シーブリーズです。
シーブリーズは、ハッカの作用で、すーすーするのが爽快!

どちらも、汗でべたっとするのを、防いでくれます。
a0134889_19142743.jpg

[PR]
# by honnara-do | 2009-07-08 19:13 | もの | Trackback

玄米派

白米も食べますが、なるべく玄米を食べるようにしています。
私は、お鍋でごはんを炊くのですが、玄米は白米より火加減・水加減が難しい……でも玄米。
玄米にこだわるのは、身体にいいという理由が一番。
噛みごたえがあって、満腹感があり、さらに腹持ちもいいという理由もあり。

初めて玄米を食したのは、お友達のママに教えてもらってでした。
ぱさぱさするイメージの玄米ですが、圧力鍋で炊くと、そうでもなく、いえ、白米よりもちっとしていて美味しかった。
「美容と健康にもいい」と聞き、少し(食に関して)健康オタクなわたしは、すぐに玄米派になったのでした。

玄米を食べた日と食べない日で、大きく違うのはお腹の調子です。
やはり食べた日は、調子がいい。胃も腸も、うまく活動しているな〜って感じます。
お肌の調子や、その他健康面は、「玄米を食べているから」それでどうってことは、実はそんなにわかりません。
けれど、きっと身体のあちこちに、影響はしているだろうなと思います。もちろんいい影響♪
[PR]
# by honnara-do | 2009-07-07 23:23 | もの | Trackback