タグ:ニュース ( 411 ) タグの人気記事

募金ビン

アルバイト先のお店のレジの横においてもらおうと思って、募金ビンを作りました。
インスタントコーヒーの空きビンに、色画用紙で作った赤いハートのメッセージカードを、はりつけてみました。
お釣り銭をちゃりんっと入れてもらえるようにです。小銭もたくさん集まれば、何万円にも何十万円にもなります。たまにお札を入れて下さる方もいます。従業員のみなさんも「多額は無理だし、少しだけならわざわざ振り込みに行くのもなあーと思っていたんやけど、ちょっとでもいいなら」と、募金ビンにお金を入れてくれました。ちょっとでもいいんです。わたしもちょっとしか出来ません。

レジ横の募金ビンは、今までにもニューヨークのテロの時や、台風の災害の時に作りました。たくさんの人が少しずつ募金して下さって、まとまった額になりました。今回もある程度の額になったら、日本赤十字社に送らせてもらうつもりです。

絵本を被災地に送るのは、「待ち」です。こういう時には、待つのも大事なことです。あの被災地に絵本を届けるには、情熱とそれから冷静な判断が必要。

英国からの支援物資(セイフティ・ボックス)の中には、ぬりえと色鉛筆が入っているそうです。そういう感覚って、やっぱり大切だと思うので、いつでも動けるように、ひきつづき意志のある方たちと情報を共有し、提案しあいたいです。
[PR]
by honnara-do | 2011-03-17 20:50 | もの | Trackback

子どもたちに本を

何人かの児童文学の作家さんたちが、被災地の子どもたちに本を送りたいと思ってらっしゃいます。わたしもその一人で、今日、作家の沢田俊子さんと電話で相談しました。

個人で被災地に物資を送るのは無理ですし、それにばらばら送っても、現地での手間をふやすだけになるかもしれません。やはりまとめてどこかに送り、避難所などに届けてもらうのがいいかと思います。

もちろん食料や医薬品、燃料などを届けるのは大事。けれど、心のケアも大事です。
特に子どもたちには、現実からはなれる時間も必要だと思います。

とにかく今は、手段を探しているところで、沢田さんも各所に働きかけてくださっていますが、しばし「待ち」の状態です。同じように子どもたちに本をと考えてらっしゃる方、情報が入りしだい、このブログでもお知らせいたしますね。また、いい方法が見つかった場合は、反対にお知らせいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。
[PR]
by honnara-do | 2011-03-16 22:07 | もの | Trackback

「本の時間」に

大型書店などで配布の「本の時間」(毎日新聞の本のPR雑誌)に、また短編を連載させてもらいます。
今日3月15日配布の4月号からスタートです!
「不思議な古道具屋さん〜ほんなら堂のつづきの話〜」というのを書いています。今号掲載の一話めは、「においガラス」という短編。

タイトルどおり、拙作『古道具ほんなら堂』(毎日新聞社)のつづきのお話になっております。
ぜひご覧になって下さいね◎

震災の影響、原発のこと、いろいろ気になり……原発のことについては、前々から反対派であるわたしは、ここにきて、だ、だ、だから!!!という憤りでいっぱいですが、今は語りますまい。

仕事を予定通りこなしております。
[PR]
by honnara-do | 2011-03-15 09:01 | | Trackback

『じてんしゃがくるよ』

自転車産業振興協会さんの絵本『じてんしゃがくるよ』ぶん・楠章子 / え・オカダケイコ が刷り上がってきました! 大学の先輩Hさん主催アミーニのお仕事です。コンペに提出→仕事になったのは初めての経験です。企業の仕事というのは、こういうスタイルなんでしょうか。コンペって初めて。いい経験になりました。

それにしても、この絵本かわいいです。
オカダさんの絵がすてきな一冊になりましたよ◎
これは、一般の書店に並ぶものではなく、大きな図書館や自転車屋さんに配られるそうです。子どもたちが、にこにこ笑顔でページをめくってくれるといいなあ。
自転車がやってくる前のわくわくがつまったお話です。自転車って、歩くよりも早く遠くまで楽ちんに行ける便利なツール。魔法のツールなんですよね。
a0134889_16103097.jpg

[PR]
by honnara-do | 2011-02-07 16:10 | | Trackback

後藤竜二さん

後藤竜二さんのお別れ会のため、東京に行っていました。

会場となった早稲田のリーガロイヤルホテルには、全国から400名近い方々が集まりました。あさのあつこさんがおっしゃいましたが、後藤さんは仲間の事となると「すぐに、お祝いしよう!」と、受賞パーティーや出版記念会の開催にのり気になるのに、自分の事となると「いい、いい、いらない、いらない」と、いつも断ったそうです。
りっぱな会場にあんなにもたくさんの人が集まって、きっと会場に来られていた後藤さんは、照れ笑いしてはったかな。でも、たぶんすごく喜んでおられたと思います。

那須正幹さんが、「戦争で必死にどんぱちやっていて、ふと気がつくと、隣りで同じように闘っていた戦友が、玉に当たって倒れていた。そんな感じ」だと後藤さんの死を語られました。
後藤さんは、子どもたちのために、正面きって社会やその他のさまざまなものと闘ってらした。
あの日、会場に集まったみなさんが、後藤さんの意志を受け継いでやっていこうと心に誓われたのではないでしょうか。作家、画家、編集者、研究者など、児童文学に携わる多くの方々、そして読者……が、胸に熱いものを抱いて帰られたのではないでしょうか。
それを見届けた後藤さんは安心して、やさしく微笑まれた気がします。
[PR]
by honnara-do | 2010-11-26 15:04 | もの | Trackback

オープン!

姉のエステ・サロン、ついにオープンいたしました!
昨日は、お披露目会でした〜

店内はこんな感じになりましたよ。
◎メークアップ・ミラーです。わくわくするようなお化粧品がずらり。
a0134889_20163092.jpg

◎入ってすぐのソファーです。かわいいと好評の北欧風。
a0134889_20184583.jpg

◎私が頑張って作ったベランダ・ガーデンです。ラティスと玉砂利で、イメージ通りになりました☆
a0134889_20211620.jpg

a0134889_20214320.jpg

◎エステのベッドです。ここでスチームをあてたり、マッサージしたり、お手入れをします。
a0134889_20261420.jpg


くつろいで頂けるいいお店になりました。姉は十三年のキャリアがありますから、腕も確かだし、あとはここを気に入って、お手入れに通って下さる方が一人でも多くなりますように……。
[PR]
by honnara-do | 2010-11-14 20:29 | お店 | Trackback

「ゆずゆずきいろ」

私の新刊、『ゆずゆずきいろ』(ポプラ社)が出ました。

クリスマスパーティーの代わりに入ったゆず湯。
初めはつまらないと思ったけど、ゆずのやさしい香りに心も体もポカポカ! 
楽しくなって、不思議なことが・・・。

親子で楽しめる冬至のゆず湯のおはなしですよ!

絵は、石井勉さんです。かわいくて、とっても楽しい一冊になりました。

「とれたての ゆずを おふろに たくさん うかべたら、あったかい まほうの はじまりです。」という帯のコピーが、お気に入り◎
ちなみに、このブログ左横のライフログから、アマゾンのネット書店につながります〜
a0134889_2084286.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-11-07 20:04 | | Trackback

お月見

今日は、拙作『ゆうたとおつきみ』のゆうたの家のお月見の日です。
夜空を見上げれば、宮尾さんが描いてくださった表紙の絵と同じ月が見られますよ〜

昨晩は、とてもきれいな月が輝いていましたが、今日はどうかな。
今、ちょっと雨が降りましたが、夜は大丈夫そう。
楽しみ楽しみ。
a0134889_11121174.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-09-21 11:10 | | Trackback

『ゆうたとおつきみ』

拙作『ゆうたとおつきみ』(くもん出版)の販売予約が、アマゾンで始まりました〜

このブログ右のライフログを、ぽちっとクリックして下さいな!

くもん出版のサイトでも、紹介されています。http://www.kumonshuppan.com/jsp/jsp/category/kobetu.jsp

書店配布は、まだみたいです。
[PR]
by honnara-do | 2010-09-05 23:43 | | Trackback

見本

『ゆうたとおつきみ』(くもん出版)の見本が、届きました!
宮尾和孝さんのイラストが、とってもいいのですよ☆
書店発売も、もうすぐ。アマゾンにもまだ出ていませんが、アップされたら、またお知らせいたしますね〜
a0134889_2585274.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-09-03 02:57 | | Trackback