タグ:ニュース ( 426 ) タグの人気記事

イベントその3

キッズブックらいぶ、見学してきました!
とってもすてきな時間でした。子どもたち、すごく楽しんでいました◎子育て中のママ&パパにも、こんなイベントって、いい息抜きになるだろうなあと思いました。

せっかくの神戸なので、帰りにハーバーランドを少しおさんぽ。ひさしぶりに海を見ました〜

で、つぎはお芝居のイベントをお知らせします☆
小劇場時代、わたしがお世話になった役者(関西芸術座所属の杉江美生)さんが、出演されます。

野坂昭如さんの「戦争童話集」の朗読劇です。大阪女優の会 Vol.9

ドーンセンター(大阪府男女共同参画 青少年センター)の【パフォーマンススペース】 にて。

日程→ 8月4 ・5 ・6 日

4 日 (木) 開場18:30  開演19:00  

5 日 (金) 開場13:30  開演 14:00  
     開場18:30  開演19:00

6 日 (土) 開場12:30  開演13:00
    開場 16:30 開演17:00

一般 2000円  学生 1500円 (中・高・大・専)
小学生以下500円

大阪女優の会  ℡ 090(9966)7652

ドーンセンター ℡ 06-6910-8500
[PR]
by HONNARA-DO | 2011-07-31 02:34 | 演劇 | Trackback

ブログ……猫さんバージョンに、ころもがえしてみました。
階段いちばん下の猫さん、うちのララに似ているので、気にいった☆

さて、ベネッセさんのお仕事です。「読書感想文がすらすら書けちゃう本」に、わたしのお話が一つ載っています。あの赤ペン先生の進研ゼミの「チャレンジ3年生」の夏休みとくべつ付録なのです◎

「へんくつさんのお茶会」というお話ですよ。
なんと……ただ今、電子書籍(音声付き)で、公開中!
           ↓
http://sho.benesse.ne.jp/s/land/natu/index2.shtml

この先、感想文の書き方も、ネット授業として、放映されるみたいです。

子ども時代、やりたかったのに、母がやらせてくれなかったあこがれの赤ペン先生の進研ゼミ。
そのお仕事を、大人になって、やらせてもらえるとは〜 感激☆
a0134889_493046.jpg

「チャレンジ」の見本誌を、担当さんが送ってくださいました。理科のページも国語のページも算数のページも、とても良くできています。これは、ぜったいお勉強が楽しくなります。しかも、ネットで公開授業まであるとは……す、すごい。

ちなみに、もう一つのお話。尾崎美紀さんの「ぼくとくわやまくんの夏休み」も、おもしろいです◎
[PR]
by HONNARA-DO | 2011-07-30 04:18 | | Trackback

イベントその2

京都での、きのうのイベントは、無事に終了しました!

とっても楽しい会でした◎

さて、今週はもう1つイベントが……。

第11回「キッズぶっくらいぶin兵庫」
      神戸市総合児童センター「こべっこランド」
     と き : 2011年7月30日(土)  13:30~14:30
     内容 : 人形や風船や絵本やスライドをつかっての、
         童話作家による読み語りなどの上演

わたしは、出演しませんが、会場にはおじゃまします〜

作家というのは、書くのが商売だけれど、こういう活動も大切なのだなあと思う今日この頃です。

今はやはり書くのいちばん。でも、余力(あんまりないけど・笑)で、いろんなことにチャレンジなのです。


     
[PR]
by honnara-do | 2011-07-28 07:00 | | Trackback

暑かった〜

今日は、母の病院の日でした。
駅から病院まで、暑かった〜日射し強い!
日焼け止め、たっぷり塗って、それから日傘☆でも、焼ける気がしました……。
「これ、いいかも◎」って、このブログでもご紹介した、ビオレの日焼け止め( アクアリッチウォーターリーエッセンス)、今年はもう1ついるかなと思って、買いにいったら、品切れでした。メーカーが在庫切れなんですって。やっぱり「これ、いいかも◎」って、みなさんも思ったみたいですね。

毎日小学生新聞の連載作品の校正をしました。
オカダケイコさんのイラストがかわいいのです。連載は、来月から……8・9月の毎週日曜日。タイトルは「かさ、あげる」です。
[PR]
by honnara-do | 2011-07-14 21:25 | もの | Trackback

京都新聞主催の「お話を絵にするコンクール」の課題図書に、拙作『ゆうたとおつきみ』(くもん出版)が選ばれましたー!

内定のお知らせはいただいていたのですが、発表まではブログでお知らせするのをひかえておりました。
でも、もう解禁。コンクールのサイトも出来ましたよ。
→ http://kyoto-np.jp/kp/kyo_np/info/moyoosi/books/

『ゆうたとおつきみ』は、大阪こども「本の帯創作コンクール」の課題図書にもなっています◎

いろんな家庭があって、いろんな子がいて……だから10人いれば10人のおつきみがきっとある。『ゆうたとおつきみ』をきっかけに、今までおつきみなんてしなかった子たちが、今年は夜空を見上げてくれたらいいな。○○○○のおつきみが、たくさん生まれますように。
[PR]
by honnara-do | 2011-06-12 16:12 | | Trackback

歯の絵本とタマネギ

歯の絵本を書きまして、これは電子絵本になります。
6月4日、「むしば」の日に、サイトがオープンいたしました!
自転車の絵本でもごしっしょさせてもらったオカダケイコさんのイラストが、かわいいです◎

「むしばくん、ばいばーい」のサイトはこちら→ http://www.8iku.com/

それから今日は、愛知の親戚から、とれたてのタマネギがとどきましたー。
おいしそう〜
a0134889_1764612.jpg

[PR]
by honnara-do | 2011-06-04 17:07 | Trackback

土曜日のあさ、Aさんからメール。
新聞に『ゆうたとおつきみ』が載っているよって。

拙作『ゆうたとおつきみ』(くもん出版)は、今年の大阪こども「本の帯創作コンクール」の課題図書なのです◎
すでに内定のお知らせはいただいていたのですが、新聞発表は土曜日でした。見つけて、すぐに「おめでとう、よかったね」って、メールをくださったAさんに感謝。
こどもたちが本を読んで、帯のことばを考えるというおもしろいコンクール。どんな帯を作ってもらえるのか、とても楽しみです。

それから、実は『ゆうたとおつきみ』は、もう一つあるコンクールの課題図書に選ばれました◎
これは発表がまだみたいなので、まだあるコンクールとしか書けません……。
どちらも、とっても嬉しい〜
絵をつけてくださった宮尾和孝さん、編集をしてくださったTさん、版元のくもん出版のみなさんのおかげです。

あと、お知らせ。
15日発行、今月号の「本の時間」にも、「ほんなら堂のつづきの話」を書いています。今月号は、「一日だけの海」というお話ですよ。
[PR]
by honnara-do | 2011-05-31 01:49 | | Trackback

被災地に本を

震災後、すぐにたちあがった被災地に本を送ろうというプロジェクト。
集まった本は、着々と被災地の子どもたちに届いています。

杉山さん、石丸さんのプロジェクトに集まった本たちは、ジャイコフやその他、本が欲しいという避難所や幼稚園などに、お嫁入り。
まず杉山さん石丸さんの呼びかけで本が集まり→それから本が欲しい人たちが今度は、杉山さん石丸さんのところに問い合わせ→送る……という形。今後は、どこか被災地に倉庫などを借りて、そこに支援者から本を集め、そこから欲しい人に譲っていけたら、ということを杉山さんは考えてらっしゃいます。本のセンターみたいなものを作るプロジェクト。例えば、公民館に文庫を作りたい時には、そのセンターに問い合わせれば、本がもらえるのですよ。実現すればいいなあ。とてもすてきな計画◎

児童文芸家協会有志から会員Hさんにお送りした本たちも、Hさんのお力で各所にお嫁入り。

寄贈先:津波で壊滅的被害を受けた宮城県沿岸部の避難所(7か所)
亘理町  亘理高校 亘理小学校 吉田小学校 逢隈小学校
山元町  町役場避難所
丸森町  筆甫中学校(南相馬市からの避難120名)
角田市  老人福祉センター(南相馬市からの避難)

寄贈先:福島市内小学校(2か所)
飯坂町  飯坂小学校 平野小学校

そして、毎日新聞もこんなプロジェクトをたちあげられました。主催は、大阪国際児童文学館、大阪府書店商業組合、毎日新聞社、毎日新聞東京・大阪・西部社会事業団です。
「いっしょだよ」プロジェクト。
http://mainichi.jp/corporate/info/news/20110426ddn001040004000c.html
これは、寄付金を集めて、本を購入し、被災地に送ろうというもの。新しい本の購入に充てる寄付金を、被災地の図書館や学校、保育所、地域文庫などに贈るそうです。
新聞が動けば、これは大きな流れになるでしょう。小さな動きには小さな動きの、大きな動きには大きな動きのよさがある。よーし、わたしもわずかだけど、寄付金送ろう。
[PR]
by honnara-do | 2011-04-27 21:42 | もの | Trackback

「本の時間」5月号

毎日新聞社の本の雑誌、「本の時間」5月号が、とどきました。
わたしは、「ほんなら堂のつづきの話」の2話めを書いています。
今号は、石川直樹さんの「東日本大震災ルポ」が巻頭作品です。
そして、エッセーでは、みなさんが震災について書かれています。これは永久保存版だと思いました。
いしいしんじさん、菅野よう子さん、山折哲雄さん、吉村萬壱さん、恩田陸さん、島田裕巳さん、須藤靖さん、蜂飼耳さん、東直子さん、町田康さん、松本健一さん、南伸坊さん、元村有希子さん、梁石日さん、霜田あゆ美さん。
執筆者は、またまたもったいないほど豪華でございますよ。
この充実ぶりで、都心の大型書店では無料配布、年間購読で送ってもらうにしも一年でたった1000円だなんて……すばらしい◎

歯の絵本の原稿、オーケーをもらいました。万歳〜
イラストは、自転車の絵本でいっしょにお仕事させていただいたオカダケイコさんに決まりました。オカダさんのイラストなら、安心です。きっとかわいくて明るくて、元気になれる絵本になる!
[PR]
by honnara-do | 2011-04-19 23:55 | | Trackback

これから

児童文芸家協会経由の「絵本・児童書」、無事に被災地の会員Hさんに届いたようです。直接Hさんからメールをいただきました。
絵本・児童書やぬり絵などは、Hさんが避難所や小学校に配って下さいました。ご自身も被災され、大変な状況の中、すばらしい行動力です。
Hさんのメールには、熱心に本を読む子どもたちの様子といまだ悲惨な被災地の様子の2枚の写真が添えられていました。写真を拝見し、本当にこれからだなと感じました。

絵本・児童書支援に協力させて下さいと、またお一人から連絡をいただきました。
うれしいです。
[PR]
by honnara-do | 2011-04-06 06:07 | もの | Trackback