タグ:ニュース ( 402 ) タグの人気記事

見本

『ゆうたとおつきみ』(くもん出版)の見本が、届きました!
宮尾和孝さんのイラストが、とってもいいのですよ☆
書店発売も、もうすぐ。アマゾンにもまだ出ていませんが、アップされたら、またお知らせいたしますね〜
a0134889_2585274.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-09-03 02:57 | | Trackback

世界報道写真展2010

「世界報道写真展2010」を、観てきました。

毎年、この時期に大阪では開催されます。なるべく観に行くようにしています。「ある時代の、地球の記憶」というキャッチコピー。今年大賞になったのは、イタリアの写真家の一枚で、テヘランの建物の屋上からイランの現体制への抗議の言葉を叫ぶ女性を撮ったものでした。テヘラン中に響き渡る「独裁者には死を」「アラー・アクバル(神は偉大なり)」の叫び声が、写真からきこえてきました。

大賞の一枚の他にも、印象的な写真がたくさんありました。大阪は、19日まで。ハービスOSAKAの地下2階にて。
詳しくは→http://www.asahi.com/event/wpph/
[PR]
by honnara-do | 2010-08-13 19:33 | もの | Trackback

「ろくでなし啄木」

藤原竜也くんの新しいの舞台が決まったそうです。
歌人・石川啄木の素顔に迫る文芸ミステリーですって。タイトルは「ろくでなし啄木」作・演出は、三谷幸喜さん。共演は、中村勘太郎さん、吹石一恵さん。

おもしろそう。勘太郎さんも出はるし、三谷作品だし。
でも、大阪の公演はないみたい。最近、東京・埼玉あたりだけの公演が多いな〜
[PR]
by honnara-do | 2010-07-28 07:10 | 演劇 | Trackback

満月

今宵は満月ですねえ。
昨年の9月に、毎日新聞の大阪本社版に連載させてもらった「つきよ、ぎく」というお話が、一冊の本になります。来月の満月の頃には、もう発売されている予定です。
タイトルは『ゆうたとおつきみ』、くもん出版から。
イラストは、宮尾和孝さんに描いていただきました〜
発売日が決まったら、またお知らせしますね。
[PR]
by honnara-do | 2010-07-27 00:56 | | Trackback

どくろ3 パンドラの匣

小劇団時代に、とてもとてもお世話になった浅野さんの舞台が、もうすぐ大阪であります!
このブログでもお知らせした事がある「どくろ」の完結編☆パワーあふれるお芝居です。

日替わりゲストで、6日は、わかぎえふさんが出演されるそうですよ。

「どくろ3 パンドラの匣」
2010年8月6日(金)〜8日(日)
@ ABCホール

料金=【一般】前売/3500円 当日/4000円 《税込・全席指定》
   【学生】前売・当日2000円(当日要学生証) 《税込・全席指定》※学生割引チケットはあさの@しょーいち堂オフィシャルWEB予約(シバイエンジン)※未就学児童の入場はお断りしております。
8月6日(金) 19:00
8月7日(土) 13:00 / 18:00
8月8日(日) 15:00
詳しくは→http://shoichido.com/pg440.html
[PR]
by honnara-do | 2010-07-23 18:48 | 演劇 | Trackback

風野潮さんの連載

「プレアデス」同人の人気作家☆風野潮さんの新連載が、7月1日から朝日小学生新聞で始まっています〜
三ヶ月間の連載だそうです。

タイトルは、『竜巻少女〜トルネードガール〜』

野球少女のお話ですって。おもしろそう。
潮さんのスポーツものは、スポーツ好きにはもちろん超楽しく、スポーツ苦手&あまり興味なしさんも、なぜか楽しめてしまうのですよ!タイトルもすてき。
[PR]
by honnara-do | 2010-07-09 23:24 | | Trackback

「絵本のための物語創作クラス」ご案内☆再び

大阪の谷町の創作教室。9月〜12月までの後期も、受け持たせてもらう事になりました。
前期は、定員の8名ぴったりの申込みがありました。90分講義形式にしようかと思っていましたが、10代、20代、30代と若い方も多く、やる気いっぱい活気いっぱいの教室でしたので、ワークショップをしてみたり、どんどんディスカッションをしたりと、かなり生徒さん参加型でやっております〜
毎回あっという間に90分が過ぎてしまいます。後期も、楽しいクラスにしたいなあと思います。

アミーニの絵本講座は、朝日カルチャースクールなどでも行っているそうですが、こちらは谷町のアトリエでのクラスです。 

お申し込み(アミーニ)
http://www.amini.jp/ehonkouza.html#
[PR]
by honnara-do | 2010-06-24 23:44 | Trackback

「本の時間」7月号

「本の時間」(毎日新聞社の文芸PR雑誌)の7月号が、発行されました。今号は、これまた盛りだくさん。超お得な内容になっておりますよ!

ヤン・ソギルさん、東直子さんの新連載がスタート。
恩田陸さん、柴崎友香さん、町田康さん、今野敏さん、蜂飼耳さん、南伸坊さん、本村有希子さん、森詠さんの連載アリ。そして霜田あゆ美さんのまんがアリです〜

私は、「ざらめ」というお話を書かせてもらっています。

「本の時間」http://mainichi.jp/enta/book/honnojikan/
[PR]
by honnara-do | 2010-06-21 23:10 | | Trackback

嬉しいお知らせ

嬉しいお知らせがありました〜

『古道具ほんなら堂〜ちょっと不思議あり〜』(毎日新聞社)の3刷が、決定したとの事。
なかなか増し刷りしてもらえないこのご時世に、ありがたいありがたい。
しかも、この本は2刷の時にけっこうたくさん刷ってもらったので、増刷してもらえるとしても、まだまだ先だと思っていました。買って下さったみなさん、ありがとうございます!出版社さん、編集Yさん、営業さん、画家の日置由美子さんにも感謝◎
何度見ても、日置さんが描いて下さったこの表紙は、すばらしい。
a0134889_22142638.jpg

[PR]
by honnara-do | 2010-06-07 22:13 | | Trackback

母校である梅花女子大学の先生方が審査委員をされる絵本の公募。今年第2回目の募集が行われます。

という訳で、「第2回あたらしい創作絵本大賞」のお知らせ。

テーマ  こども
応募資格 プロ・アマ、国籍は問いません。
募集期間 2010年10月10日(日)~12月12日(日)当日消印有効
応募規定
1.オリジナル作品に限ります。
2. 過去、他のコンテストに提出した作品の応募はできません。
3. 複数作品の応募可。
4. 共著・共作・グループでの応募可。
 ※詳しい応募要項は下記を参照。
応募要項
サイズ:ぬりたし部分を含めて、原画見開きA3 サイズ縦297 ×横420 ミリ以内。縦長/ 横長どちらでも可。
(1)本文ページ数
A. 23 ページ(扉・タイトルページ+11 見開き)+ 表紙。
B. 31 ページ(扉・タイトルページ+15 見開き)+ 表紙。
  ※ A、B ページのいずれか。
(2)提出方法
*原画…印刷範囲がわかるようにトンボ線をつけてください。
 ア. 原画を提出。原画保護のためトレーシングペーパーをかけてください。
 イ. 原画のカラーコピーまたは、デジタルデーターをプリントアウトして提出。
   ※ア、イのいずれかで提出。余白にページ番号を記入すること。
    いずれの場合も、製本は不要
*ことば…A4 縦サイズ用紙に横書きにしてプリントアウトもしくは清書。ことばと対応する絵がわかるようにページ番号を書いてください。手書きの方は、市販の原稿用紙を使ってください。
  ※ことばがない場合は、「ことばなし」と書いた紙を同封してください。
(3)規定以外の作品は、審査対象としません。
(4)原画作品は、審査終了後、着払いにて返却します。コピー提出の場合は、作品返却はしません。
(5)詳しい応募要項は、ホームページをご確認ください。
応募方法
(1) 応募票に必要事項を記入のうえ、作品と一緒に郵送。 応募1作品につき、必ず「応募票」を1 枚つけてください。
(2)参加費用:1 作品につき2500 円。指定のゆうちょ銀行の振替口座に振り込んでください。
 ゆうちょ銀行振替口座 
 00980-4-256420 加入者名 児童文学科同窓会(ジドウブンガクカドウソウカイ)
他金融機関からの振込の場合
 ゆうちょ銀行099 店 
 当座0256420 口座名義 児童文学科同窓会(ジドウブンガクカドウソウカイ)
(3)原画提出の方は、ゆうパックの「着払い用宛名ラベル」に返却先の宛名を必ず記入のうえ、同封してください。

大賞1 作品 賞状と賞金10 万円、優秀賞1 作品 賞状と3 万円、佳作5 作品 賞状と図書カード5,000 円
大賞受賞作品は、一年間出版社などへ作品の売り込み、マッチング作業をアミーニで実施いたします。出版先がみつからない場合は、作品のオンデマンド出版をいたします。
発表:入賞者には、2011 年2 月下旬までに本人に連絡。一般発表は、3 月上旬頃ホームページで発表。
審査方法 
専門家審査員による審査
審査員
●富安 陽子(児童文学・絵本作家)
●長野 ヒデ子(絵本作家)
●みやざき ひろかず(絵本作家) 以上50 音順
●高科 正信(児童文学作家/ 梅花女子大学教授)
●香曽我部 秀幸(絵本学/ 梅花女子大学教授) 敬称略
一次審査を児童文学科同窓会が行います。(審査員は、図書館司書、児童文学作家、絵本研究者など。応募者は含みません)
作品郵送先 
〒564-0041 大阪府吹田市泉町4-36-6 アミーニ 「第2回 あたらしい絵本大賞」係

もっと詳しい応募方法(原画の描き方など)は、アミーニのサイトでご覧になれます。
http://www.amini.jp/ehonkouza.html#
[PR]
by honnara-do | 2010-05-02 20:26 | Trackback