タグ:ニュース ( 397 ) タグの人気記事

本年も

新しい年が明けました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お年賀状をお送りすること、私は数年前からやめていますが、たくさん届きました。
ありがとうございます。頂くのは、嬉しいです。

昨年は伯父と甥が亡くなったので、派手なことはしないお正月でした。
お節も少し用意しましたが、お重には詰めませんでした。
静かなお正月も、のんびり出来て良かったです。

毎年、元旦にその年の干支の置物を玄関に飾ります。
たぶん祖母か祖父が集めていたものと母が買い足したもので、十二支ちゃんと揃っているので、毎年買うこともなく、ありがたく飾らせてもらっています。
今年は酉。酉のイメージ、なぜかニワトリが多いように思いますが、うちの置物はオシドリです。
昔はオシドリも多かったのかな。干支にも流行がある? オシドリ、私は好きです。
a0134889_11282921.jpg

[PR]
by honnara-do | 2017-01-04 11:34 | もの | Trackback

よいお年を

金曜日に、伯父さんと伯母さんが父に会いに来てくれた。父は長男で、伯父さんは末の弟だ。
わざわざ会いに来てくれたのに、父はぶすっとしていた。話しかけてもらっても、何も答えない。
その日は朝から機嫌が悪かったのだが……全くもうー。
伯父さんと父は、兄弟の真ん中を二人亡くしている。
父とこの伯父さん二人だって、明日どうなるか、わからない。
これで会えるのは最後かもしれないのに、あの態度はないと思う。
と、ぷりぷり怒っていても、何もいいことはないので、今日は父に宅配ピザをとった。
ジャンクフードが大好きな父は、上機嫌で食べていた。
これなら、伯父さんが来る日にとれば良かったなあ。

写真は、伯母さんが庭に咲いたからと、持ってきてくれた水仙の花。
キッチンのグリーンコーナーに飾ってみた。父が一番目にする場所である。

さて、今年もあと少し。みなさま、良いお年を。
a0134889_14321633.jpg

[PR]
by honnara-do | 2016-12-31 14:32 | 家族 | Trackback

ミロコマチコ展

月曜日は、京都へ。
ミロコマチコ展を観に行った。
展覧会は当たり外れがあるが、これは当たりだった。
ミロコさんの絵もいいし、展示の仕方やチケットや図録や、
お土産売り場のグッズにいたるまで、センスが良かった。
ミロコさんの絵は、大きくて気持ちが良かった。

アンソロジーの原稿を一つ、入稿した。

今年はあと少しだが、仕事は年末も年始も関係ない。
むしろ書く仕事は、雑用が入りにくい年末年始の方がはかどるかも。

わたしが注文したぶんの『ばあばは、だいじょうぶ』が、どーんと届いた。
一日、その発想作業をしていた。
お手紙を添えているので、時間がかかる。
今日は、わんこ(マム)のシャンプーの日だった。
ずっとお世話になっているペット美容室さんに、一冊を渡した。
母のことを、いつも気にかけてくれているので、絶対に読んで欲しいと思っていた。
「こんなん、泣いてまうわ」と言いながら、もらってくれた。
[PR]
by honnara-do | 2016-12-22 00:36 | | Trackback

千両 南天

十二月も半ばを過ぎ、千両と南天の実がすっかり色づいた。
a0134889_23154545.jpg

[PR]
by honnara-do | 2016-12-16 23:16 | 家族 | Trackback

「お忙しいですか?」と、会った人に聞かれる。
このきまぐれブログをのぞいて下さっているようで、更新がないためだ。
ありがたい〜 
そして、きまぐれですみません……。

忙しいといえば忙しいが、出稼ぎアルバイトのお店が夏の終わりに閉店し、そのままアルバイトを探していないので、前よりはおだやかに時間は流れている。庭をながめたり、湯船に湯をはりゆっくりつかったり、シチューを煮込んだりしているので。
更新していないのは、きまぐれだからの一言である。すみません……。

出稼ぎアルバイトは探していないが、だらだらしている訳ではない。
出稼ぎアルバイトを探していない分、書くお仕事や教えるお仕事をがんばらなくてはいけない。
で、実際がんばっている。

昨日は梅花女子大学の講義日だったし、今日は朝日小学生新聞「名作案内」のための書評を書いた。ちなみに、今回とりあげる名作はあまんきみこさんの「車のいろは空のいろ」である。書評のために読み返していたら、余韻が心地よすぎて半日すぎてしまった。何度読んでもすばらしい。まさに名作。

そして今月15日に、やっと念願の絵本が出版されます!
何年もかかったけれど、いい編集さんにめぐりあい、いい画家さんにめぐりあい、いい形で本になり、幸せです。
『ばあばは、だいじょうぶ』(童心社) ←クリックして下さい☆
母のことを書きました。魂を込めて書きました。
絵は、石井勉さんです。石井さんとのお仕事は三冊目。今回も、やさしくてしっとりとした、本当にすてきな絵を描いて下さいました。
どうぞよろしくお願いします!
[PR]
by honnara-do | 2016-12-09 20:57 | | Trackback

第6回童話塾

土曜日。第6回童話塾 in 関西 だった。
詳細は、こちらをご覧下さい☆
アシスタントをさせて頂いた光丘真理さんの分科会。大成功だったと思う。
厳しいだけでなく、すごく温かい合評会だった。
良いところをきちんと褒めて、のばしてくれる……
そんな真理さんのアドバイスが、参加者に魔法をかけたのかも。
みなさんの目がキラキラ輝いていた☆

日曜日。アミーニの絵本講座(みてみてクラス)だった。
前日の土曜日、私は携帯電話を京都に忘れてきてしまい……
心優しきIさんが、大阪のアミーニのお教室まで持ってきてくれた〜
Iさん、ありがとうございます!!!

月曜日。ごろごろしていた。
土曜日も日曜日も、約五時間の合評会だったので、さすがに疲れが〜

火曜日。平常運転に戻りつつ……ある。
[PR]
by honnara-do | 2016-11-16 02:25 | 講座 | Trackback

少しあたたかくて

一昨日は、一気に冬がやってきた。
体がついていかないよ。風邪をひきそうなので、早寝を心がけている。
じっと座ってパソコンに向かっていると、手が冷えて冷えて(涙)過酷な季節到来。
落ち葉がすごくて、はいてもはいても追いつかない。家の前が公園だから、いくらでも飛んでくる。
おまけに、庭の桜の木にはまだたくさん葉がついている。
あれが全部落ちてくるのかと思うと、ひええ〜。
思えば、よく母がはいていたな。母は、公園の方まではいていたな。うちの家を通り越して、あっちの方まではいていたな。
自分が家のことをする立場になって、母はよくやっていなたあと感心するばかりである。
私はややお節介さんだと自覚しているが、母は完全なるお節介さんだった。

さて今日は、少しあたたかくて、ほっとする。
明日は、京都で童話塾。
一年かけて準備してきたから、準備万端なはず。でも、ぬかりはないかとドキドキする。
今日は、最終チェックをしていた。原稿を読み直したり、配布物を確認したり。
私は実行委員として、東京から来て下さる光丘真理さんのアシスタントをさせていただく。

童話塾参加のみなさま、どうぞお気をつけていらして下さいね!
[PR]
by honnara-do | 2016-11-11 19:34 | 講座 | Trackback

日曜日は、大阪府立中央図書館で、POPコンクールの表彰式。
ひそかに何年も審査員をさせて頂いてるのでしたが、表彰式に参加させて頂くのは初めて。
とても楽しみにしていた。一言コメントも考えていた。が、いろいろあって、参加出来ず(涙)
館内ツアーには参加させてもらい、地下書庫をのぞいてきた。
400年前の本が眠る地下書庫の書棚は、錆対策のため木製で、釘を一本も使っていないそうです。すごい。吹田にあった国際児童文学館がここに移っているので、児童書の蔵書はかなりかっこいいレベルだったな。
あと、担当のUさんと館長さんにご挨拶が出来た。
写真は、私がお伺いするというので、Uさんががんばって作って下さった本の展示。
学研プラスさんの「こわい話」は、まだ出たばかりなのに並んでいてびっくり。
Uさんのお気遣いに感謝☆
a0134889_21594091.jpg

[PR]
by honnara-do | 2016-11-08 21:59 | | Trackback

お買い物

昨日は、保育絵本のテキストを3つ仕上げた。
テーマにそって書くのに、頭を使った。「七夕」とか「おいもほり」とか「ひなまつり」とか、もうさんざん書きつくされているテーマを、自分らしく書くのはむずかしい。5場面でしあげるのも、むずかしい。でも、ひらがなで小さな子向きに書いていると、本当に気持ちがいい。高学年ものや一般小説は、身を削りながら書く感じだが、幼年ものは自分が癒されていく感じ。

今日のメニュー
・晴れているので、今日は父を近くのスーパーまでお買い物に連れていく。
・童話塾の原稿を読む。
[PR]
by honnara-do | 2016-11-03 12:12 | 家族 | Trackback

季節風大会

東京に行ってきた。
季節風大会、熱い2日間は無事に終了。ほっ。今年で38回目だそう。すごいなあ、38回。
大量のお原稿を読んでいる時は、来年も再来年も私は続けて参加出来るだろうか、
その精神力と体力があるだろうかと、弱気になっていたのだけれど、
いざ合評会が始まると、一気にそんな気持ちは吹き飛び、
2日目には、(楽しかったなあ、また来年もがんばろう)と思った。ああ、季節風マジック!

3日目は、せっかくなので仕事(編集さんと打ち合わせ)して、帰ってきた。
さあ、原稿も書きますよ! 次は童話塾のお原稿を読み込みますよ!

写真は、お芋好きの父のために炊いた「さつま芋ごろごろご飯」
しっかり眠り、しっかり作って、しっかり食べて……お仕事お仕事!
a0134889_23321888.jpg

[PR]
by honnara-do | 2016-11-01 23:33 | もの | Trackback