タグ:ニュース ( 397 ) タグの人気記事

大妖怪展

季節風大会の原稿読みに、追われている。
いつのまにか一週間たってるー!
月曜日は、京都の小学校へ取材。今回、ある企画を進行中なのだが、みなさん親切で日々感謝感激。
金曜日は、阿倍野ハルカスへ。宮下恵茉さんが「チケットあるけど、行きます?」と誘ってくれたので、お師匠の越水利江子さんと3人で、大妖怪展を見に行ってきた。ランチをしていたら、大きく揺れた。地震は嫌だよー。
日曜日は、児童文学者協会関西センターのミーティングだった。同人進行で3つのイベントの計画が進んでいる。児童文芸者協会の方も、来月は童話塾があるし。関西が熱くて、すばらしい。
さて、この一週間は、あえてあまり予定を入れていない。
東京行きの準備を、ゆっくりしよう。
[PR]
by honnara-do | 2016-10-26 17:52 | もの | Trackback

絵本!絵本!絵本!

土曜日は、アミーニの絵本教室7期めがスタート!
もう7年なんだなー。また1年しっかり講座を進めていこう。
終わってから、京都へ移動。正岡慧子先生の特別講座があったのだ。私はアミーニで間に合わなかったが、懇親会には参加させてもらった。夏のアミーニ生徒さん東京売り込みツアーの時、持って行ったダミーやポートフォリオを正岡先生が見て下さって、アドバイスを頂いた。そのお礼を一言申し上げたくて。お会い出来て、本当に良かった。
日曜日は、またアミーニ。保育絵本勉強会だった。この会は、編集者である丹治さんが講師なので、私は生徒。一作、出した。久しぶりに自分の作品を合評してもらった。どきどきしたー。
今日、月曜日は取材。小学校におじゃまする。
出歩く事が多いこの3日間は、常に季節風の原稿を持ち歩いている。季節風大会は今月末。大量の原稿……1日少しずつ読まなくては。
[PR]
by honnara-do | 2016-10-17 15:43 | 講座 | Trackback

お原稿

今日は季節風大会の作品〆切だった。みなさんの熱いお原稿が届く。今回作品出さないので、読むだけだけど、それでも大変勉強になる。世話人のわたしも、毎度学ばせて頂いています。うちのお部屋は、「一緒に学ぼう」ですからね☆

わたしも、雨の長編、編集さんに送った。
明日からは、別の長編にとりかかるぞ。

で、今日は保育絵本の〆切だと勘違いしていたのだ。保育絵本は7日だった。というわけで、保育絵本テキストは本日提出せずに、もう少し寝かそうと思う。

母が選んで家の前に植えたのは、千両と南天。冬になると、赤い実がかわいい。今はこんな感じ。まだ青い。今年はナリ年かも。去年は千両しょぼしょぼだったからなー。
a0134889_2275620.jpg

[PR]
by honnara-do | 2016-10-02 22:06 | | Trackback

ジャスミン

父と母の家の方のドアの取手が、はずれた。ガチャガチャやってみたが、やはり私には直せそうもないので、業者さんを呼んだ。ネットで調べたところ。対応が早くて良かったが17,000円もとられた。一カ所8000円で、二カ所直したので16000円+消費税だって。ううう。これが安いのか高いのかわからない。高いと思ったが、ドアの開け閉めが不自由なままは困るわけで、他の業者さんに見積もりをとったりしている余裕はないわけで……ああ、もう過ぎたことだし、考えるのはやめよう。

今日のメニュー
・朝日小学生新聞の書評 → 送る
・幼年童話 K のリライト → 送る
・長編 S のリライト

こつこつこなしております。

ドアを見ると、とんでいった17,000円を思い出しブルーになるが、その前においているジャスミンの鉢植えは順調に育っていて、見ていて楽しい。夢のジャスミンに覆われた塀、近々実現か。
a0134889_18581968.jpg

[PR]
by honnara-do | 2016-09-12 19:00 | もの | Trackback

10分で読めるこわい話

風が気持ち良くて、少しだけお昼寝をした。幸せ〜

今日のメニュー、ちゃんとこなしています。
・絵本のためのあとがきを書く
・幼年童話を仕上げてしまう

夜、Tさんから電話あり。
アンソロのお仕事の依頼を頂いた。

アンソロといえば、『10分で読めるこわい話一年生』と『10分で読めるこわい話二年生』発売中!
私は、「まんぷく草」「赤い手ぶくろ」「ざしきわらし」「イワナぼうず」を書いています。
a0134889_0544331.jpg

[PR]
by honnara-do | 2016-09-10 00:54 | | Trackback

土曜日は、京都で「越水利江子さん100冊出版お祝い会」……みんなで準備をすすめてきたお祝い会だったので、盛会でほっとした。翌日は、仙台から来て下さった佐々木ひとみさんたちと、大阪でランチ。佐々木さん原作の映画「ゆずの葉ゆれて」が、アメ村の映画館で上映されるというので、みんなで観にいこうと。残念ながら私は、午前中は母の介護のために映画は観られず、ランチから参加させて頂いた。楽しかったな〜。
そしてお祭りが終わった気分である。実は、8月末で出稼ぎバイトのお店が閉店した。今のところ、仕事はアミーニの講座と大学の授業と書くだけになった。理想だ。でも、やはりそれでは経済的に不安なので、また次の出稼ぎアルバイトを探すことになると思う。が、今のところはのんびりやりながら、書いている。仕上げたい作品が、いくつもあるし。

越水さんの御本コーナー。風野潮さんがきれいに並べてくれました!
a0134889_22392313.jpg

会場の様子。撮影は、田中風馬さん。右すみっこに、仲居さんのような私(笑)
a0134889_22435864.jpg

[PR]
by honnara-do | 2016-09-08 22:39 | | Trackback

三度目の痙攣

月曜日の朝、母がまた痙攣を起こした。二年前のお正月に初めて起きて以来、軽いのが一度あり、これで三度目。一年以上あいていたので、油断していた。
一度目ほど強くなかったが、痙攣が収まった後に顔が土色になり、目は開いているのに意識がなくなった。黒目が上にいったきり動かず、お人形のようになったので、怖くて救急車を呼んだ。痙攣の場合、収まったらそれでいいと言われていたが、やっぱり呼んでしまった。
意識のないお人形のような母に、「お母さん!」と呼び続けた。このまま、あっちに行ってしまうんじゃないかと思った。幸い、母はこっちに戻ってきてくれた。入院を勧められたが家に連れて帰ってきた。入院すると生活レベルがおちるし、父もさみしがるし。
昨日はまだ元気がなかったが、今朝は調子が良さそうだった。母はつくづく「持っているもの」が強い人だと思う。
[PR]
by honnara-do | 2016-08-31 18:45 | 家族 | Trackback

行水

うちのマム(ミニチュアシュナウザーのおばあちゃん)は、人間でいうならアトピー性皮膚炎である。いつもかゆそうで、カサカサで、かくので時に膿んだりもするし、血が出たりもする。そして、皮膚病独特の臭いがする。最近、毎日行水をさせ、キレイにふいてベビーオイルを塗ってやるようになり、カサカサも臭いも少しましになってきた。手をかけてあげると、結果って出るもんだなと思う。
[PR]
by honnara-do | 2016-08-27 18:53 | 家族 | Trackback

助け合い

朝、家の前の公園(入り口)で、おばあさんがが倒れていた。すでに数名の通りがかりの人が集まっていたが、私もお水を持ってかけつけた。たぶん熱中症か、ぐったりしているおばあさんを横にして、みんなで見守った。救急車が来るまでに、某配送会社のおじさんがトラックをとめ、積んでいた冷却バッグを持ってきてくれた。すると、また違う運送会社のトラックが止まり、お兄さんが「何か出来ることあるか?」と尋ねてくれた。トラックの運ちゃん、男前やないかー。ご近所のみなさんも、ええ人ばっかやないかー。おばあさんは、無事に病院に搬送されたのだった。
[PR]
by honnara-do | 2016-08-23 01:04 | もの | Trackback

花束

小さな花束を二つ持って、アミーニの教室へ。お一人は手作り絵本コンクールに入賞、お一人は入賞のご褒美に出版され、デビュー。めでてえ、めでてえ。今日は創作メモを見せてもらうの二回目。でも、ダメだしして、もう一回見せて、となった。「しつこい、細かい」と思われているかもしれない。そう、私はしつこくて細かいのだ。
[PR]
by honnara-do | 2016-08-20 22:14 | 講座 | Trackback