タグ:食べ物 ( 107 ) タグの人気記事

水鏡

晩ご飯のあとには、甘いものを食べます。ほぼ365日。
今晩は、菊屋の和菓子です。

「水鏡」(みずかがみ)という美しい名前で、小倉羹。白く見えているのは求肥です。ちなみに、求肥とは……白玉粉をこねて蒸したものに砂糖・水あめを加え、さらに火にかけて練りかためたもの。
夏のお菓子です。涼しげですねえ〜和菓子は、芸術品!
冷茶で頂こうかな。
a0134889_23571714.jpg

[PR]
by honnara-do | 2009-07-25 23:57 | もの | Trackback

ポケット・ガーデン、早くもこんな感じです。
育つの早い〜

季節によって、発芽するものが違うと書いてありました。これは?
何の芽が出たのかわかりません。見た目は、貝割れ大根みたい。でも、貝割れ大根の種は含まれてなかったし。食べてみると、カラシのような味がしたので、カラシナというやつかな。
a0134889_011935.jpg

[PR]
by honnara-do | 2009-07-23 00:01 | もの | Trackback

まいてみました

ポケット・ガーデン、組み立てて、種をまいてみました。
二週間ほどで、発芽するらしいです♪

今年は、ベランダ・ガーデンにも挑戦しています。
バジル、コリアンダー、イタリアンパセリ、ローズマリーの苗を植えたのですが、コリアンダーとローズマリーは、枯れてしまいました。
今は、バジルとイタリアンパセリだけです。
パック入りで売っているハーブは、お高い上に、必ずあまってしまうので、欲しい時にちょっとだけ摘めるベランダ・ガーデンは重宝します。めげずに、またコリアンダーとローズマリーも植えるつもりです。セージやミントも、あるといいかも。
a0134889_23504986.jpg

[PR]
by honnara-do | 2009-07-16 23:50 | もの | Trackback

ポケット・ガーデン

Nさんに、「ポケット・ガーデン」というのを、いただきました。
窓辺で育てるミニ菜園だそうです。

ミナトベカナ・マルハコマツナ・キカラシナ・中国招菜・野沢菜・雪白体菜・千筋・晩生京菜・新山東葉の種が、ミックスされていると書いてあります。
知らない野菜ばかりですが、どれも食べられるというので、育ったらグリーン・サラダにでもと思います。

中には、組み立て式の容器と土、種が入っているみたい。
さっそく、開けてみよう〜

a0134889_20422426.jpg

[PR]
by honnara-do | 2009-07-16 20:42 | もの | Trackback

レストラン・アラスカ

月一回の、母の受診日でした。
此花区、伝法にある病院まで、わたしが付き添うようになって、もう数年になります。病院なら、近くにいくらでもあるのですが、母が、そこの先生をとても信頼しているのです。わが家から、伝法までは阪神電車で二駅。駅から、さらに10分ほど歩きます。
遠いですが、そこの病院に通いたいというのが、母の意志なので。

いつも、わたしと母だけで行くのですが、今日は、父がついてきました。初めてのことです。父は、4月に脳出血で倒れ、右半身に麻痺が残ります。長い距離を歩くのはきついので、もったいないですが、タクシーで行きました。

受診後、父が「梅田に出たい」と言います。
ちょっとお昼ごはんを食べるのなら、わざわざ梅田まで出なくても……と思いましたが、「もうなかなか外出できないし、三人で外食するのも、最後かもしれない」なんて言うので、従いました。父が行きたかったお店は、「レストラン・アラスカ」で、梅田では阪神百貨店の中にあります。アラスカは、子どもの時から、家族でよく通った洋食のお店です。ここのポタージュスープは、どこのよりも美味しい気がします。

父は、オムライス。母は、かにクリームコロッケ。わたしは、シーフードグラタンを注文しました。ポタージュスープに限らず、ここのは何を食べてもはずれがありません。
それもそのはず、調べてみると、70年も歴史のあるお店で、数々の著名人にも愛されたようです。
山本為三郎氏、村山長挙ご夫妻。阪急の創立者小林一三氏、当時武田製薬社長だった武田和敬氏、大阪府知事であった柴田善三郎氏、ナショナル・シティ・バンクの大阪支店長であったチェンバレン氏、六代目・尾上菊五郎氏、新派の喜多村緑郎氏、水谷八重子氏、花柳章太郎氏らの師匠、川口松太郎氏、市川猿之助氏、作家の谷崎潤一郎氏、菊池寛氏、吉屋信子氏、慶應義塾大学学長・小泉信三氏など。
谷崎潤一郎の『細雪』の中にも 「ちゃうど時分時なので、アラスカへ誘ふ気なのだと察した貞之助…」と、描かれているそうです。『細雪』は、ずいぶん昔に読んだけれど、気がつきませんでした。谷崎潤一郎も、ポタージュスープを頼んだのかしら。
[PR]
by honnara-do | 2009-07-09 19:08 | お店 | Trackback

玄米派

白米も食べますが、なるべく玄米を食べるようにしています。
私は、お鍋でごはんを炊くのですが、玄米は白米より火加減・水加減が難しい……でも玄米。
玄米にこだわるのは、身体にいいという理由が一番。
噛みごたえがあって、満腹感があり、さらに腹持ちもいいという理由もあり。

初めて玄米を食したのは、お友達のママに教えてもらってでした。
ぱさぱさするイメージの玄米ですが、圧力鍋で炊くと、そうでもなく、いえ、白米よりもちっとしていて美味しかった。
「美容と健康にもいい」と聞き、少し(食に関して)健康オタクなわたしは、すぐに玄米派になったのでした。

玄米を食べた日と食べない日で、大きく違うのはお腹の調子です。
やはり食べた日は、調子がいい。胃も腸も、うまく活動しているな〜って感じます。
お肌の調子や、その他健康面は、「玄米を食べているから」それでどうってことは、実はそんなにわかりません。
けれど、きっと身体のあちこちに、影響はしているだろうなと思います。もちろんいい影響♪
[PR]
by honnara-do | 2009-07-07 23:23 | もの | Trackback

きのうは、アルバイト先のみなさんと、お好み焼きを食べに行ってきました。
大阪第1ビル地下にある「とみや」という、家族で経営してはるこじんまりした古いお店。
第1ビル地下には、あまりこじゃれたお店はありません。立ち飲み居酒屋とか、カウンターだけのうどん屋とか、ラーメン屋とか。どのお店も、おじさんでいっぱいです。お客さんは、ネクタイをゆるめたサラリーマン。まさに、おじさんの聖地ですよ。
「とみや」さんも、店内はほろ酔いおじさんでいっぱいでした。

さて、この「とみや」さん。店内……壁、机、床、天井、どこもがびたーっとしていて、油がしみこんでいる。これを汚いと思う人は無理だと思うけれど、それを「いいやん、これぞお好み屋やん」と感じる人、または汚さを気にしない人には、とてもいいお店です。なんてったって、味がいい!
生地は、さくっとしてて、ふわっ。ソースもマヨネーズも美味しい。
こんなに油がしみこむまで営業できているお店は、やはりうまいのですよね!
おいしくなければ、とっくにつぶれてるはずです。

お好み焼きといえば、豚玉。
きのうは、四人とも豚玉をいただきました。
かつおと青のりも、たっぷりかけて。



a0134889_022241.jpg

[PR]
by honnara-do | 2009-07-03 00:01 | お店 | Trackback