二酸化炭素

父の昨日の針の検査は、中止になった。
状態があまり良くない。
酸素は安定しているのだが、今度は二酸化炭素の値が高いのだ。
今朝、加圧して酸素を送る機械をつけた。先生の説明では、本人は二酸化炭素の値が高いため、意識が混濁していて、うつらうつらという感じらしい。
今日は母を小規模多機能に送り出してから、姉と2人で病室にいる。
二酸化炭素の値がさがるようにと祈るしかない。

加圧の酸素を送る機械をつけるかつけないかについては、朝から先生と姉と話し合った。つけないという選択もあったが、希望にかけて、つけることにした。
でも、このまま二酸化炭素が下がらなかったら、もう一度どうするか考えることにしている。

無理な延命はしたくない。でも、無理でない範囲の延命ならば。。。
延命は家族のエゴだと思っていたが、当事者になれば、そうでない事もあると感じる。
エゴなど通り過ぎて、私たちはただ父のことしか考えていない。
それでの延命というものもある。




トラックバックURL : https://honnarado.exblog.jp/tb/238393766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by honnara-do | 2018-03-16 16:21 | 家族 | Trackback

作家・楠章子のきまぐれ*のんびりブログ*日々のささやかなことを書いていこうと思います


by honnara-do
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る