<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

講演のお知らせ

講演のお知らせです!
講演は苦手ですが、今、悩んでいる人に言葉を届けたいし、安心して老いる事が出来る社会実現のために、話さなくてはと思うので。
が、がんばります。
講演の詳細は、こちら→ https://tosho.nishi.or.jp/2018/09/post-333.html

by honnara-do | 2018-08-19 23:17 | | Trackback

初盆

東京、山形に行っていた。
東京では打ち合わせ、山形では東北芸術工科大学の集中講座。
どちらも無事にいい感じに終えて、帰ってきたら、すぐに父の初盆の法要をした。
親戚のおじさん(90歳)が、家まで来て下さった。
苗字が同じ楠さん、でも、お会いするのは20年ぶりぐらいだった。
おじさんは昔、うちのお風呂屋さんに住み込みで働いてくれていたらしいが、私は赤ちゃんだったので、覚えていない。
写真をとったら、みんな似ていて、血縁ってすごいなあと思った。
うちは私にも兄にも姉にも子どもがいないが、おじさんたちのところには孫まで生まれていて、なんかほっとした。

ところで、『ばあばは、だいじょうぶ』は、この夏もさまざまな所で読んでもらえているようだ。
認知症サポーター講座に、よく使ってもらっているようで嬉しい。
サポーター講座の様子 → https://www.doshinsha.co.jp/news/detail.php?id=1372

by honnara-do | 2018-08-18 14:17 | 家族 | Trackback

文藝春秋

明日発売の「文藝春秋」9月号に、「百日紅は忘れずに」というエッセイを書かせて頂きました! 憧れの「文藝春秋」に掲載して頂けるなんて、感激です!!!

ちょうど芥川賞・直木賞の受賞作品とその選評が載る号です。私は芥川賞・直木賞の受賞作は必ず「文藝春秋」で読むようにしています。選評を読むのが、おもしろいからです。

今回、さらに嬉しいことがありました。
担当して下さった編集さんが、「週刊文春」の編集の方に異動になったのです。
「週間文春」! 父が毎週楽しみにしていた週刊誌です。私が子どもの頃、すでに読んでいましたので、少なくとも40年は、愛読していたと思います。
病床で、口からの栄養摂取を禁止され、病院のベッドで寝たきりになり、楽しみがない中、「週刊文春」を買ってきてくれと言い、調子が良い日はページを開いていました。そのことを、編集さんにお伝えしたら、その方は、もとは「週刊文春」の編集をしていて、少し「文藝春秋」にいて、また「週刊文春」に戻ったのだということがわかり、父のことを話すと、とても喜んで下さいました。
「週刊文春」の編集の人に、発売日を心から楽しみにしていた読者がいた事をお伝え出来て、本当に良かった。
お父さーん、伝えたよ! 喜んで下さったよ!

「文藝春秋」ホームページ

by honnara-do | 2018-08-09 19:17 | | Trackback

作家・楠章子のきまぐれ*のんびりブログ*日々のささやかなことを書いていこうと思います


by honnara-do
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る