タグ:レビュー ( 92 ) タグの人気記事

くいしんぼうのおつきさま

a0134889_12265024.jpeg
絵本教室アミー二の生徒、なかたみちよさんの絵本が刷り上がってきた。デビュー作である! めでたいめでたい、いやあ、めでたい!

『くいしんぼうのおつきさま』(文研出版)
ほしぞらレストランに現れたのは、おなかがぺこぺこのお月さま。コックさんは、その夜のお月さまにぴったりの食べ物を用意する。

月の満ち欠けのお話で、子ども文化科学館の学芸員であるなかたさんだからこそ創れた1冊☆

アミー二の生徒さんはみんな頑張っていて、ここ2、3年で児童書の挿絵のお仕事をした人や、絵本の絵担当のお仕事をした人もいる。今回のなかたみちよさんの絵本は、絵も文もなかたさんで、絵本教室としてはとても嬉しい!
アミー二は、今年8年目。主宰は、梅花女子大 児童文学科の先輩、氷室真理子さんだ。私も氷室さんも川村たかし先生が恩師。
川村先生は、よく「10年コツコツ書く覚悟で、頑張ってみなさい」とおっしゃった。10年して芽が出なかったら、あきらめていい読者になりなさいとも。
10年という区切りは、早くデビューしたい人には長く、でもぼやぼやしているとあっという間でもある。
私はゼミに入って本格的に書き始めたのが20歳だったから、そこから10年で30歳でデビューした。途中、劇団の脚本書きに熱中していた時期もあったが、あれも作家修行としては必要な時間だったかなと思う。
さて、絵本教室もすぐには成果のようなものは出なかったが、スタートから10年が近づいてきて、少しずつ星が輝き始めた。なかたさんの他にも、出版社さんとやりとりを進めていて、デビューが近い人もいる☆
私はただの絵本のテキスト担当。主宰の氷室さんが今日まで信念を貫きながら、続けてこられたことを尊敬する。
ちなみに、スタートから先生として一緒に頑張ってきた絵本研究者の鈴木穂波さんは、私の梅花女子大のゼミの同期だ。
天国の川村先生、教え子たちは、川村先生が蒔いて下さった児童文学の種を発芽させ、育て、花を咲かせ、さらに新しい種を蒔いて、育てていますよ。


[PR]
by honnara-do | 2018-05-11 12:26 | | Trackback

高丘親王航海記

「高丘親王航海記」 ITOプロジェクト
原作 澁澤龍彦 ・ 脚本、演出 天野天街

を、観てきました。糸あやつり人形芝居、初めて拝見しましたが、想像以上にすばらしかった!

人形たちは、まるで生きているように動いていました。でも、人形独特のかたさが、幻想的なこのお芝居に妖しさを生み、何とも美しい世界が創り上がっていました。
入院中に澁澤龍彦が書き、遺作となったこの作品。天竺めざす親王と病床で死を見つめただろう澁澤龍彦が重なり、熱いものがこみあげてきました。
ラストシーンで、病におかされた親王はトラに喰われる事を望みます。その身を腹の中におさめたトラに、天竺まで運んでもらおうと考えるのです。澁澤龍彦は、死への恐怖を抱えながらペンをすすめ、このラストシーンに辿り着いたのでしょうか。祈りをこめたような、悟りをひらいたような……いろいろ考えさせられるラストでした。
また親王の人形は、亡くなった維新派の松本雄吉さんをモデルに作られているそうで、松本雄吉さんと親交のあった人は、さらに感慨深かったのでは。亡くなった人が人形となり、目の前にあらわれるんですもの、そして幻想的な旅をしながら天竺をめざすんですもの、けれど病で志半ばとなり、でもあきらめず、トラに喰われることで辿りつこうとするんですもの。
トラに喰われることを、親王はグッドアイデアのように話していました。そういう辿り着き方もある、私もグッドアイデアだと思います。澁澤龍彦や松本雄吉さんや、自分の周りの亡くなった人たちのことを考えながら、すごく救われた気分でした。ああ、レクイエムのようなお芝居だったな。

親王役の飯室康一さん主宰の京都にある劇団みのむしさん、何度かお誘い頂いたのに行けないままで、本日拝見出来て本当に良かった。
人形には細そうな糸が何本もつながっていて、絡まないのが不思議でした。人形を操るのと、声の人は別だと思っていたら、同じ人でびっくりしました。
それから、人形を作るのも操っていたみなさんだと聞いて、ふたたびびっくり。糸あやつりのみなさん、すごすぎます!

[PR]
by honnara-do | 2018-04-23 00:29 | 演劇 | Trackback

忙しい

8月半ばまでは、講座、イベント、出張……その準備に追われる。
今日も、資料作りと作品読み込みと講座準備、がんばった。
ああ、暑い。ああ忙しい。

そんな中、うれしい事は……

『ばあばは、だいじょうぶ』がAmazonの絵本部門で、売り上げ1位になったこと(涙)
こ、こんな日が来るとは〜
順位はどんどん変わるので、2位になったり4位になったりしているが、さっきのぞいた時も1位だった。

あと、すばらしい映画[ ダンサー 世界一優雅な野獣 ]を観に行けたこと。
最年少記録でロイヤルのプリンシパルになった セルゲイ・ポルーニン のドキュメンタリーだ。
たった2年でプリンシパルを捨てて、ロイヤルを退団してしまった彼は、全身にタトウーをいれた異色のダンサーである。
映画を観るまでは、もっと尖った問題児かと思っていたが、映画の中の彼は、繊細で真面目で純粋な青年だった。
家族思いで、努力家で……だから、苦悩していた。
苦悩しつつも、前を向こうともがいていた。そして、踊るのがやはり好きだと語った。
彼の踊りは、本当に美しい。
簡単に言えるような事ではないが、まだ踊り続けて欲しいと思う。
[PR]
by honnara-do | 2017-07-21 23:38 | | Trackback

舞台・おもてなし

昨日は、わかぎえふさん作・演出の舞台「おもてなし」を観てきた。
船場言葉がきれいで、所作がきれいで、衣装の着物がきれいで、舞台美術がきれいだった。とにかくきれいでええお芝居だったな。
時間が許せば、もう一度観たいと思った。
a0134889_21183082.jpeg



[PR]
by honnara-do | 2017-05-26 21:19 | 演劇 | Trackback

朝日小学生新聞書評

朝日小学生新聞に書評を書かせて頂き、掲載紙が届き、アップするつもりだったのに、介護認定騒ぎでとんでいた。今回私がとりあげたのは、松谷みよ子さんの『屋根裏部屋の秘密』……6月はお休みで、7月は24日掲載。次回は岡田淳さんの作品をとりあげる予定!
[PR]
by honnara-do | 2016-05-22 12:53 | | Trackback

「文藝春秋」

「文藝春秋」を読み終え、出稼ぎアルバイト先の社長にお貸しした。「火花」は気持ちよく読んだ。でも、問題のラストシーンはやはり問題だと思った。と「スクラップ・アンド・ビルド」は物語に入っていけなかった。介護については、思うところがありすぎる。
[PR]
by honnara-do | 2015-09-09 23:40 | | Trackback

サンドウイッチ

昨日はサンドウイッチを作ろうと思って、出稼ぎアルバイトの帰りに、スーパーに寄り、ハム、レタス、チーズ、トマト、ピクルスをたくさん買ってきた。電車に乗っている時、本田孝好さんの「MOMENT」を読んだ。死ぬ前に一つ願いを叶える大学生の僕の物語。
[PR]
by honnara-do | 2015-08-20 11:51 | もの | Trackback

映画

3日、4日は、ゆっくりしました。
姉が観ていたので、ご飯を食べながらとか、お茶飲みながら、私も観ました。ここ2日で、映画3本。
「少年H」「コクリコ坂から」「バイオハザード」
どれも、けっこう面白かった〜
特に「コクリコ坂から」良かったな。ジブリの中では、やっぱり「ナウシカ」や「トトロ」がすごいと思うけど、好きかどうか面白かったどうかならば、好きやし面白かった「コクリコ坂から」……原作があるみたいだけど、映画に登場させたカルチェラタン(クラブハウス)や当時の学生たちの雰囲気が良かった〜
映画版を実写でもやって欲しいな。
[PR]
by honnara-do | 2015-01-05 01:27 | もの | Trackback

焼肉

日曜日。力をつけようと、焼肉を食べに行きました(^_^)
やっぱり私は、ハラミ好き。
月曜日。T社の編集さんに、自著を送らせて頂きました。
夜、母の食事介助のため病院に行きました。
入院したばかりの時は、お箸もスプーンも使えず、100%介助でしたが、
今は調子がよければ、20%は自分で食べてくれます。
スプーンよりお箸の方がうまく使えるのには、感心します。
[PR]
by honnara-do | 2014-09-23 12:27 | 家族 | Trackback

小規模多機能

母が家に帰ってこれるように、あれこれ準備しているわけですが、
日曜日は大量の新聞紙を束にしました。木曜日に資源ゴミとして出します。
月曜日は、出稼ぎアルバイトだったので、ちょこっとだけ掃除。
火曜日は、小規模多機能施設のスタッフさんに、家を見てもらいました。
母の介護、小規模多機能施設の方に助けて頂こうと思っています。
デイサービス、家への訪問ヘルプ、ショートステイ。
この3つを同じスタッフさんにしてもらえるのは、心強いし、
24時間体制なので、デイサービスの帰宅時間やお迎え時間を、
こちらの希望で調整してもらえるし。
利用料金もリーズナブルです。
小規模多機能は、自宅介護の家族には、ものすごくありがたい理想形。
でも、その便利さゆえ、スタッフさんの負担も大きく、
経営的には大変だと聞きます。
国の発案で生まれた施設なのだから、しかも案はすごくいいのだから、
考えました、はいどうぞ……と丸投げしないで、国はしっかりフォローしていって欲しいです。

と家族のことをしつつ、原稿も書いています。
出稼ぎアルバイトが減ると、やっぱり楽。
[PR]
by honnara-do | 2014-09-10 11:01 | 家族 | Trackback

作家・楠章子のきまぐれ*のんびりブログ*日々のささやかなことを書いていこうと思います


by honnara-do
プロフィールを見る
画像一覧